2005年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

気になる雨

このところ夕方から激しく雨が降る。一時弱くなったかと思うとまた激しくなるというのを数度繰り返す。
気になるのは雨の降る時間だ。雨の降る午後7時前後は国際電話をかけに来る客の多い時間なのだ。これで売り上げに影響があるようだと、寝苦しい夜を迎えないで済むという意味においてはありがたい雨なのだが、収入に影響を与えるとなるとやっかいな雨になる。
もちろんここで暮らす人たちはよくわかっているので、その合間を縫って利用しにきてくれているようだ。そうなると、そんなことでやきもき心配する時間があるなら、客の数を増やす方法でも考え、行動するほうが建設的だろう。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

人生模様



サンタバルバラの加藤君のところでも電話のサービスをやっている。海外だけでなく、国内向けの通話も取り扱っている。先日コヨーテにアメリカへの不法入国の手配を頼むお金の送金を依頼していた客の話をしたら、彼らのところでも同じような目的で電話をしにくる客がけっこういるという話になった。
初めて利用しにきたときは、申し訳なさそうにアメリカへの電話を頼みにきた女性がいたそうだ。ガリガリに痩せていて着ている服も粗末なものだったようだが、しばらくして店の前通った女性をみたら随分肥えて、服もアクセサリーも派手なものだったそうだ。
オモアではあまり痩せた人はみないのだが、今後こんなふうに生活が一変してしまう人もあるのかもしれないとおもいつつ加藤君の話を聞いた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

サンタバルバラ

テグシガルパとサンペドロスーラの中ほどにサンタバルバラという町がある。ホンジュラスでは美人が多いことで知られているようだが、旅行者はまず訪ねることがない。この町に日本人の友人、加藤君が住んでいて、ホンジュラス人の奥さんとの間に一月半ほど前に第一子が生まれた。早くにお祝いに行きたかったのだが、なんだかんだで忙しく行きそびれてしまっていた。ここのところ毎週木曜日は停電になり商売もできないので、おそらく今日も同様だと考え、急に思い立って彼らを訪ねることにした。プエルトコルテスとサンペドロスーラでバスを乗り継ぎ、3時間半ほどでサンタバルバラに着いた。しばらくぶりの訪問だ。
今回移動しがてら物価の値上がりを実感した。バスの料金が以前よりはるかに高くなっていた。ホンジュラスは石油は100%輸入に頼っているので、以前からガソリンなどは中米で一番高い国だったのだが、ここのところの原油高がそのまま反映しているようだ。輸送コストがあがっているためか、野菜なども値上がりしている。これは毎週の買い物で感じていたことだが、改めて感じた。
彼らとは今の商売に対するアドバイスなどももらい、営業権申請の手続き方法など尋ねた。手続不足で国や市から罰金を請求されても馬鹿らしいので、明日戻って準備に入ろうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

世界遺産?????

オモアのビーチまでの舗装工事や桟橋の工事は着々と進んでいるが、ここまで金や時間をかける目的はなんだろうか?という疑問が沸いてきた。単に道が痛んでいたからという理由ならもっと簡単な工事でもよいのではないかとも思う。それがここまで時間をかけるのは、、、ひょっとすると、、、。
オモアにあるサンフェルナンド砦は歴史的な価値は大きいと思う。ホンジュラスの場合ここと対をなすようにトゥルヒーヨにも砦があるのだが、この二つはスペイン植民時代の資料として認められている。あくまで推測なのだが、この二つをセットにして世界遺産に登録をしようと考えているのではないか?
最近そんなことをかんがている。そうでなければここまでの工事の意味が理解できない。グアテマラ国境までの幹線道路の工事にはその後の物流の改善を考えれば用意に検討がつくのだが、オモア内の工事に関してはまったく別の理由がありあそうだ。まぁとにかくはやいところ道路工事を済ませてもらわないとわが宿の前がメイン道路となっているため、いつもより埃がたまるのが早く掃除の回数を増やさなければならない。ローカルのバスにも目の前で乗ることはできるのだが、ほとんど利用機会もないのでそれによる恩恵もない。それに明日木曜日はおそらく計画停電があるだろう。まだ電柱工事も途中だからだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:17 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

悪魔たち来訪&スカイプでトールフリー無料通話

いつ来るかと思っていたのだが、先日わが宿に入り込んできた子供らが今日やってきた。昼食を食べ終わろうかという頃に入ってきた。いろいろ使わせてくれだ、さわらせてくれだと言っていたが、とにかくうまく丸め込んで、居間のハンモックで遊んでもらうことにした。すっかり彼らのペースにはめられてしまったようなところがあるが、よっぽどひどいことにはなっていないからあきらめている。ただ店のカウンターとの境の扉を逆に開けようとしてかみ合せが悪くなってしまった。これは調整の必要があるが、とりあえず今日のところは応急処置だけして、どうするか明日考えたいと思う。
ところで最新ニュースではスカイプでもトールフリーサービスが無料で使用できるようになったようだ。今まではアメリカのトールフリーサービスを使うときは「StanaPhone」を使っていたが、今後はスカイプだけで対応できるようになった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

イタリア語

昨日に続いて今日も利用客が来る気配がない。平日だから出稼ぎの人たちも仕事中だろうと思い、夕方まではこの調子かと思っていた。
このまま昼の準備でもしようかと思っていたらイタリア人の旅行者が訪ねてきた。イタリアに電話をしたいようだが、イタリア語で話すので聞き取るのに苦労した。国番号やエリアコードもわからないので本人のいう番号に発信したがハンガリーの国番号だった。国番号とエリアコードを逆に思っていたらしい。
どうもこちらとうまく意思が通じなかったためなのだが、こちらも商売なので、利用した分の料金はもらうことにした。といっても途中で気づいて目的のイタリアにも電話がかけられたからクレームにはならなかったが、イタリアと異なりハンガリーへの通話料はちょっと高いのできちんと払ってもらえてよかった。
それにしてもこのあたりを旅しているイタリア人にたまに会うが、一人としてスペイン語を話している人に会ったことがない。同じラテン系ということでネイティブ同士なら通じるからいいのだろうが、こちらは外国人。もう少し考えて話してもらいたい。
以前は「母を訪ねて三千里」でイタリア人の少年マルコがスペイン語圏のアルゼンチンに上陸してどうして一人で旅ができたのだろうと不思議に思ったこともあったが、こうしてイタリア人が普通にイタリア語で旅しているのを目の当たりにすると納得できる。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

AU-100

AU-100といってもなんのことだかわからない人がほとんどだろう。これは現在国際電話サービスに使っているUSB接続のVoIP電話機のことだ。テンキーとマイクとスピーカが電話機の形に収まっているといったほうが適切なんだろうが、お客さんには電話機にしかみえない。おもに「Skype」で利用しているのだが、「StanaPhone」や「Net2Phone」などでもつかえる。それにはいくつかのドライバをインストールしなければならないのだが、発売元のATCOMをチェックしていたら専用の「USB Dialer」のドライバが新しくなっていた。「Skype」に関していうと古いバージョンに対応したものだったので、一部の機能がうまく動作していないかった。早速インストールしてみると、ようやく今のバージョンで快適に機能するようになった。
今日はほとんど客がなく先行きに少々不安を覚えるが、こんな日もあるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

疑問

現在いくつかのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に登録している。個人情報うんぬん言っていたら利用などできないのだが、宿の宣伝にもなるかと思い登録している。なかでもミクシィでのネットワークが一番すすんでいるだろう。そこでは「エル・パライソ・デ・オモア」のコミュニティも作っているのだが、ここしばらくずっと疑問の思っていたことがある。このコミュニティ特に参加に制限は設けていないのだが、開設した立場からすると、タイトルからしてこの宿そのものなので、参加する人はここに来たことがる人、あるいは管理者である自分を知っている人、どんなに割り引いてもオモアを知っている人くらいだろうと思っていた。
しかし参加者のなかにはプロフィールをみてもどう自分やオモアとつながりがあるのかわからない人がいる。もちろん検索などで偶然立ち寄ることはあっても、このコミュニティに参加しようなどと思うのだろうか?
別にだから抜けてくれということではなく、どういうきっかけで登録したか非常に興味があるのだ。ただまだあったこともない参加者に突然メールをだすまでの気持ちににはなっていないのだが、この疑問が続くようであれば、そのうち連絡をとってみることがあるかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

隣の子供ら

ここに住み始めてから決めていたこと。隣近所とはある程度距離をおいて付き合おうと。今までの経験でこちらの人たちはある程度親しくなると、他人の家でも我が家のように出入りする。それも一人暮らしでなければ大目にみることもできるだろうが、なにせ一人で家全体をみているので、どこまで目が届くかわからない。だったら、挨拶する程度であまり親しくならないようにしようとおもっていたのだが、今日はたまたま電話の利用者を待ちつつ、本を読んで時間をすごしていたら隣の子供とその親戚の子供(といっても皆オモアに住んでいるの)が家の前をうろうろし、しまいには鬼ごっこをしていた。家の中も逃げ場所に使っていたが、最初は無視、そのあとついつい話掛けてしまった。
これがいけなかった。格好の遊び相手を見つけたとばかりに子供らはこちらの迷惑顧みず出たり入ったりしてこちらの注意を引こうとする。昼間のあまり電話をかけにくる人もいない時間帯だったのもわるかったのだが、こちらもいつの間にか彼らに付き合っていた。
特になにかを壊したり、散らかしたりはしなかったが、この後も気をよくして遊びにきそうなのが怖い。こちらも退屈しているときならいいのだが、彼らの行動はこちらの都合に関係ないからだ。今後は少なくとも暇なときは彼らの相手をする機会が増えそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

暇つぶし

今朝チャットの途中切れてから夕方まで停電が続いた。桟橋のほうを見にいったら街灯の取り付け工事をしていたからそのためなのだろう。道子ちゃんを見送ったあとで掃除や洗濯をして時間をすごしたが、手際がよくなってきたせいかすぐに作業は終わってしまった。雨なので草刈りはできないから時間を持て余してしまった。
夕方になり電気が戻ったものの、今度はネットに障害があるのか利用できずやっぱり何をするでもなくすごした。ネットを利用している国際電話サービスもできず商売あがったりだが、幸い古い雑誌や文庫本がまだあるので、その中から読みにくそうな本を選んで時間つぶしに使った。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

再訪

道子ちゃんが戻ってきた。先週留守番まで頼んでしまったのだが、そのあとウティラにダイビングのライセンスをとりにいっていたのだ。陸路下っていくこともかんがえて来たのだが、南米まで飛行機を使うことにしたようだ。そうなると、競争の少ないホンジュラスよりグアテマラから飛んだほうが安いということになり、明日グアテマラに戻るのを前に再度寄ってくれたのだ。ただ到着したのがもうすでに夕食を済ませたあとで、冷凍庫に魚ももっていなかったので、近所のコメドールに案内した。ウティラでは自炊といってもたいしたものも食べずすごしていたようで、魚をまるまる一匹揚げたコメドールでの定食に満足してもらえた。
明日はグアテマラといってもまだティカルを訪れていなかったので、せっかくだから寄り道をして、ティカルをみてからアンティグアで南米行きのチケットを探すことにしたようだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ずっと家の中、そして税金

久しぶりに一日中家の中にいた。WEB掲示板などの作成などがあったからで、昼食は外食にしよう思ったのだが、そばが食べたくなり家で作ることにしたため外にでる機会を失った。昨日は先月分の電気代を払いに銀行に行き、そのあと今年分の不動産と個人にかかる税金を納めるため役所にでかけたが、今日は部屋と部屋の移動以外はしていない。
ところでこの税金だが、不動産にかかる分が約US$40.00、個人にかかる分が約US$8.00だ。不動産は広さによって金額が変わるが、一年間に役所に収める税金はこれだけで済む。水道代も役所に支払うのだが、こちらは今年始めに1年分約US$20.00をまとめて支払っているのでもう役所で支払うものはなにもない。
宿は日本人だけにし、友人が遊びに来ていることにしているし、国際電話サービスも家の電話を貸しているだけということになっているので、商売上の税金も今のところ発生しない。大々的に看板を掲げてしまうと営業許可などとる必要が生じ、税金も払わなければならないので、今しばらくはこの形で様子をみることにするつもりだ。電話の商売がさらに伸びるようであれば、営業許可のことも考える必要があるかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

メイン通りとLa Oreja de Van Gogh

幹線からオモアのビーチまでの道路の舗装がすすんでいる。幹線からオモア砦のところまではほぼ終わり、今は歩道の舗装中だが、砦からビーチまでの工事もいよいよ本格化した。道幅を広げるために電柱を移動する作業は先週で終えたようで、今日は今まで幹線から砦の間を封鎖していた大きなブロックをビーチと砦の間に移動した。おかげで本来この宿はわき道になるのだが、一時的にメイン通りに代わった。バスやらダンプやらが家の前を行き来している。これから1週間か2週間はこの状態が続くだろう。といっても都会の話ではないので、そうそう騒音でイライラするというほどではない。普段通らない人が通って国際電話サービスの宣伝にでもなればいいかと考えている。
そういえば今日は昨日アメリカに住む娘にお金の送金を頼めなかった爺さんも無事連絡がついた。本人同様こちらもほっとした。
ところでスペインの5人組みポップグループ「La Oreja de Van Gogh」が愛知万博のスペインウィークに参加するため今月21日から29日来日するようだ。万博でのライブはフリーイベントのようだが詳細がつかめないらしい。どうもラテン的いい加減さが漂っていてなかなかいい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

闇の三大産業の一端

プロバイダ

このところインターネットの接続状態はよかったのだが、昨晩からちょっと様子がおかしい。昨日のブログを書き上げアップしようとしたらつながらない。しばらく待ってみたがうまくいかないので、あきらめて寝てしまった。朝になってどうかと思ったがやはりつながりが悪く、メールチェックも途中でできない。あきらめてほおっておくことにしたが、こんな日にかぎって朝から国際電話をかけにきた爺さんがいた。アメリカで働く娘に送金を頼んでいるようだが届かないらしい。昨日も一度訪ねてきたのだが、そのときは留守電だった。また明日早朝に来るといって帰っていった。
どうにか安定してつながるようになったのは昼前で朝一番できた爺さん以外はうまく利用してもらうことができた。
ここでの商売はアメリカなどへの出稼ぎ者との連絡にこのIP電話を利用してもらうことによって収入を得ているわけなのだが、こうして実際にお金を無心するために電話をしにきたのをみて、中米闇の三大産業の一部実態を実感できた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

USB Phone

USB Phoneを通販で買った。ただ送料やら確実に届くのか、あるいは関税が追加されるのではないかと考え、アメリカにすむ知人宅に届けてもらった。今月グアテマラに来ることを聞いていたからだ。それを今回グアテマラで受け取り、今日はじめて商売で使った。若い人にはヘッドセットでもあまり抵抗がないようだが、年配の人には携帯電話の形をしたこちらのUSB Phoneのほうが受け入れやすいようだ。音質もいい。留守中も何組か利用しにきたようだ。昨日バスをおりて家にむかう途中でも何人かに「どこに行っていた?」「電話しにいったのに!」と声をかけられた。
それにしても暑い。昨晩は雨も降らず、寝苦しかったが、今日は先ほどから雨が降り出したので、なんとか安眠できそうだ。ただし、もうしばらくは電話を利用しにくる人がいるかもしれないので、起きていることにする。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

楽チン

朝4時半にアンティグア発のローカルバスにのり、首都グアテマラシティでホンジュラス行きの直行バスに乗り継いだ。グアテマラシティを6時発ということであったが、実際にはそれより10分遅れて発車した。しかし、これもまた近くの元鉄道駅があったあたりでさらに人待ち&呼び込みに10分ほど費やした。
そんなスロースタートだったが、乗り換えなしのバス移動はとても楽だった。第一荷物の移動など全く気にしなくてすむ。今回は来るときと同様グアテマラシティを出発してしばらくのところで、道路工事に伴う片側通行規制があったため、多少時間待ちがあったのだが、オモアには午後1時半頃に着いた。
とにかく順調にオモアに着いたのだが、暑い。やはり高地と0mの違いだろうか。幹線から家まで日陰のないところ歩くのはつらかったが、こんなに楽チンに戻れたのはありがたかった。ただし料金は少々高めではあるけれど。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

あれやこれや

アンティグアで過ごすのも今日で最後。明日早朝のバスでオモアに戻ることになるのだが、銀行での手続きやその他もろもろの用事におわれながらの一日だった。予定していたことはいちおう全て終わらせることができたのはよかった。
昨日は別口で誕生日会だったので、今日はぺトラが夕食に特製ラザーニァで祝ってくれた。3人前はあろうかという特大のもので、なんとか食べたのだが、ほかの野菜などはほとんど手をつけることできないほどの量だった。
そのあとは例によって飲み会となり、とにかく楽しくすごすことができた里帰り(?)だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

誕生日

誕生日を迎えた。30代最後の年となった。昨年はオモアで土地の契約の最中に迎えた誕生日だったが、今年はアンティグアで友人たちに祝ってもらった。何が食べたいかと聞かれたので、オモアでは魚中心の生活だから肉がいいと答えたため、今日は昼からすき焼きパーティーとなった。自家農園で栽培した大根などもおろしてだしてもらったり、忙しいアンティグアへの里帰りだったが、今日はたのしくたらふく食べさせてもらった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

大忙し。贅沢な悩み

アンティグアには長いこといたので、里帰りという感があるのだが、ここ最近は来るたびになぜかスケジュールが詰まっていて、のんびりと過ごすといったことができなくなってきた。会いたい人たちもいるし、必要な買い物や銀行などでの手続きもある。人に会えば、ただ挨拶するだけともいかず、飲んだり、食べたりということにもなる。PCの調子をみてほしいという依頼もあり、スペイン語学校に置いてあるPCのメンテナンスもしなければならない。自分の用事と頼まれごと。皆歓迎してくれるのでありがたいのだが、休息はない。うれしいのだが、少し気が重い。この頃はこうした人に言えば「なんと贅沢な」としかられるような悩みがある。明日は誕生日でまた忙しい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

直行便

ホンジュラスのサンペドロスーラからグアテマラの首都グアテマラシティまでのバスの直行便はオモアを経由する。これは以前もここで紹介していたが、今日はじめてオモアからこのバスを利用した。オモアからグアテマラシティまではグアテマラの通過ケツアルでQ.150.00-。米ドルに換算してUS$20.00-。バスを乗り継いだ場合はこの半額で利用できるのだが、なにせ、オモアで荷物を載せたらグアテマラシティまでは乗り換えなしというのはありがたい。国境での手続き時には運転手は朝食を兼ね、1時間ほどの休憩をとり、またグアテマラに入ってからも運行会社の途中駅で20、30分の休憩をとったり、途中乗車の客も乗せるが、とにかく直行便は楽だ。今回はグアテマラシティに入る40km手前で幹線の道路工事に伴う片側通行の車両規制のため1時間弱足止めされたが、それでも乗り継いで来るより早く終点グアテマラシティに着いた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

接続状況

今日はネットの接続状況は悪かった。このところずっと調子よかったので安心していたのだが、客が電話を利用しにきたときに、接続していないときが何度かあり、出直してもらわなければならなかった。またマイクの音量調整が自動調整になっていたために、相手の話が聞けるのに、こちらの声が通じていないこともあった。これは先日自動調整を解除したはずだったのだが、なぜかまたその機能がオンになっていたようだ。なぜだか自動調整にすると音量を小さく設定してしまうようだ。
明日からグアテマラへ再度いくことにしているのだが、ミチコちゃんがいる。体調はもどりつつあるようだが、もうしばらく様子をみたいという。そうなると明日の出発を遅らせるか、留守番して待っていてもらうかなのだが、あまり長くは出発を遅らせられないので、結局留守番してもらうことにした。
電話サービスを利用する客は断ってもらうことにし、また「Skype」での連絡方法を案内した。さらに鍵の管理など引き継いで明日の出発準備にとりかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

電柱移動

オモアビーチへの道路工事も半分ほど終わったようだ。現在は途中にあり現在は博物館となっているスペイン植民地時代に建てられたオモア砦から海岸までの舗装準備を行っている。道路脇に穴を掘り、水道管を埋めなおし、また電柱の移動がはじまった。現在木造の電柱からコンクリートのものに代え、位置も少し外に建てている。道を広げるということなのだろう。そんなわけで、今朝から停電になったのだが、これが夜7時過ぎまでつづく。土曜日だというのにまる一日働いているということになる。以前も書いたと思うが、ホンジュラス人は仕事さえあればよく働く、今日も一方ではまる一日働く者がいて、他方、朝からビリヤードに興じている大人もいる。また土曜日ということもあって、ホンジュラス各地から海水浴に来ている人々もいて三者三様の光景を見た一日だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

病人&メッセージ

今日朝食後マサはウティラに向け出発。伊勢海老が手に入ればもう一泊延ばすことになっていたが、今日も仕入れられず。解禁になったものの、今の所漁師たちはプエルトコルテスで水揚げしてしまっているようで、オモアでは手に入らないようだ。一方、ミチコちゃんのほうはもう一泊して明日ラセイバから飛行機でウティラに行くことにしたようだが、体調もよくないらしい。オモアに来る前から調子が今ひとつだったようだが、今日は吐いてしまい、明日の移動もむずかしいかもしれないという。とにかく今日明日と様子をみてそのあとの予定を考えることにしたようだ。
こちらの来週のグアテマラ行きも彼女の体調しだいでは予定変更になるかもしれない。
それから今日は友人から誕生日のメッセージをもらった。実際の誕生日は週明けの13日なのだが、彼女も旅先のため、一足早くメッセージを送ってくれたようだ。いよいよ30代最後の年を迎えることになるのだが、日々の生活は何一つかわらず、実感もわかない。40歳になるときはなにか感慨深いものでもあるかもしれないが、それには1年待たなければならない。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ガス

オモアに移り住んでから2本目のプロパンガスが昨日なくなった。ちょうど昼食に焼きそばを作っているときで、麺はまだ茹でていなかったので、幸いだった。いつなくなるかと気にはなっていたのだが、訪問客がいるときに無くなるとは。
昼食時間が少し遅れることを断って、ガス屋へ直行した。わが宿には電話がないため、直接販売店に行く必要があったからだ。支払いを済ませると10分以内に来てくれるというので安心した。帰りがけに夕食用の野菜を買い、宿にもどるとすぐにガスが持ち込まれた。すぐ焼きそばをいためてすこし遅くなったがランチタイムとなった。
夕食には昨日に続いて焼き魚をだしたが、ガスを交換したせいか、こここなしか火力が強くなった気がする。今晩もふたりとも「おいしい」といって魚を食べてくれたのでよかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

そしてまた一人&リクエスト

今日か明日かに到着予定と事前に連絡をもらっていた道子ちゃんが本日加わった。先週から宿泊客が途切れない。うれしいのだが、一日三度の食事の準備に気を使う。昨日でストックのマグロは終わり、新たに手に入れようとおもったのだが、水揚げがなかった。仕方なく鯵を数匹買ってたたきにし、韓国風にユッケにした。ほかにストックのかまを塩焼きして食べてもらった。どちらも満足してもらったが、こちらとしてはちょっと納得がいかない。
しかし、幸運なことに夕食中に国際電話を掛けにきたのが、いつも伊勢海老を仕入れる先の主人だったので、明日必ず用意してほしいとお願いした。これで解禁後、初伊勢海老が食せるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

また一人

今日もまた一人泊り客があった。エルサルバドルのエルソンテというところでサーフィン宿をやっているサブロー君の紹介だ。彼は日本人とエルサルバドル人とのハーフで、奥さんはパナマのひと。さくらちゃんという女の子が生まれたのを機会に宿のほうは人にまかせて1年以上も奥さんの実家のほうにいっていたのだが、今年になって戻って今は宿をみている。中央アメリカは地峡で狭いとはいっても太平洋とカリブ海ではかなりの距離があり、お互い訪ねてみたいと思ってもなかなかできないでいるのだが、こうして向こうで泊まったお客さんを紹介してくれたなんともありがたいことだ。
ここオモアはイセエビが有名だが、エルソンテは牡蠣漁師の村で、皿いっぱいの牡蠣が格安でたらふく食べられる。波がほとんどないオモアとサーファーに喜ばれるほどの波がくるエルソンテと違いもあるが、どちらも海の幸には恵まれている。なんとか時間をつくって訪ねてみたくなった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

エリアコード

まあまあ順調にすべりだした国際電話サービスなのだが、ちょっと困ったこともある。利用者にはノートに掛けたい電話番号を記入してもらうのだが、市内局番しか知らない場合がけっこうある。その場合たとえばメキシコシティなら国番号、市外局番ともにわかるのだが、地方になると市外局番がわからない。ネットで調べればある程度は市外局番を推測できることもあるのだが、それらがいくつかある場合や携帯電話の場合は絞り込むのが困難になる。もってきた番号の桁が明らかに足りなかったり、多かったりすることもあり、また書かれたメモの数字が紛らわしくて判断に迷う場合もある。
そんなときここの人たちはとにかく何でもいいからかけてくれということがある。掛けたふりをして応答がないと言ったりもするのだが、うまく言わないと後でもう一度来るといって帰っていくので、もう一度番号を確認してくるように仕向けるのに苦労する。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

出発予定?

今朝、山田君は荷物も詰め込み、朝食後出発となる予定だったが、食事中に会話がはずみ、結局もう一日出発を延ばすことになった。予定はあくまで予定。次の目的地でのイベントまではまだ時間もあるということで、一度詰め込んだ荷物をまた紐解いた。
こちらももう少しいろいろ話を聞かせてもらいたいと思っていたので、滞在延長の申し出を喜んだのは言うまでもない。
昼には先日グアテマラへ行ったときに食べずにもらって帰ったそうめんを茹で、氷水でひやして「かき揚げ+冷やしそうめん」を食べた。朝から天気がよく暑かったので、よく冷えたそうめんはおいしかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

留守番

リビングストンで朝食をとり、リオデュルセに戻った。午前中はほとんど波もなく、所要時間は1時間ちょっと。船を陸揚げした。川を遡るうちに潮水はすべて抜け、陸揚げ後の水洗いは不要なので船の片付けは簡単に済む。昼前にはリオデュルセを車で出発し、プエルトバリオス方面に行ってもらって、ホンジュラス国境との分かれのところで降ろしてもらった。ここからバスを乗り継ぎ、午後4時前にはオモアに戻った。
オモアでは山田君がしっかりと留守番していてくれた。アジア、アフリカ、南太平洋の島々、南米と何度かに分けて旅をしていて、そんな旅先の話を楽しく聞かせてもらった。明日出発予定なのがちょっと残念だ。もう少し話をしてみたいと思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

釣り

朝起きると、バンガローの管理のおじさんが海老を持ってきてくれた。でかい。おじさんの息子が獲りに行ってくれたようだ。この海老の一部をもって釣りに出かけた。舟で沖にある無人の小さな灯台まで行き、そこに紐をくくりつけて波のながされないようにして釣りをはじめた。
管理人のおじさんのはなしでは今時はあまり魚がいないということだったが、実際は入れ食いにちかいくらいよく釣れた。ただどれも小魚ばかりで、大物を狙いたかったのだが、針を投げいれるとすぐに小魚が集まってきて餌に食いついてしまうようだ。午前中いっぱい漁をして、バンガローに戻った。
餌にした以外の海老から大きなものを選び、てんぷらをつくり、もってきたそばをゆでて、天ざるそばにして食べた。暑いところで食べたざるそばはおいしかった。また海老天も新鮮な海老を使っているせいか甘みもあり満足な味だった。
それでもまだまだ海老があったので、夕食はふたたび海老天を作り、さらにエビフライも作ったが、結局食べきれず、昨日一緒に食事をした学生たちに食べてもらうことにしてもっていった。大学生といっても年齢はまちまちで24歳から29歳までと幅があった。そのうち一人は結婚していて、彼女の夫がオーナーの兄弟だということで、このバンガローに来ていたのだが、今日からそのだんなも加わり、別の学生の誕生日がこの日だったので、パーティーには彼女らの社会実習を指導していた大学の講師も招いてパーティーをしていた。
もって行ったエビフライは喜んでもらえたが、こちらもパーティーに加わるように誘われ、そのうち今日も踊らされることになってしまった。夜スコールが断続的に降ったので、講師の先生は夜遅くまで一緒にいて、ほぼ雨も止んだ深夜になってリビングストンの町にあるホテルへと帰った。
二晩続けて、飲んで、踊って、その酔いと疲れで、ぐっすり眠れるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

2005年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。