2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

引き続き

昨日一台PCの修理が済んだが、その後も別のPCの再インストール。これがまた大変。古いPCにWindows2000をインストールしようとするのだが、うまくいかない。ウィルスが入っていたので、思い切ってFDISKしてからはじめたのだが、途中でインストールが中断し、エラーメッセージがでてしまう。
銀行にも行きたいし、髪も切りたいのだが、とにかくこのPCにOSのインストールができず、行動に移れない。実はそれ以外に新しいPCだが、こちらで買ったもので、OSがスペイン語になっているものを日本語のOSに切り替える作業もしていて、これもまた大変。とにかくこちらにきからというものPC数台に囲まれながら作業の日々。
幸い、ネットはオモアの環境とは段違いに良く、OSインストール後のアップデートにかかる時間は少ないのは助かる。そろそろ帰国用のチケットの問い合わせもしないといけないのだが、今月いっぱい、といっても明日まで様子をみようと思っている。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

間に合った

アンティグアに来てからずっとパソコンの修理。といっても自分のものではない。スペイン語学校アタバルで勉強していた生徒のもので、中古のパソコンなのだが、調子が悪く、OSの再インストールをすることになった。そしてこれが大変。なかなか思うようにいかない。仕方なくハードディスクを取り出し、自分のPCで入れなおすが、もとに戻すと認識しない。
そんなことを何度かくりかえしつつ、気になるのは時間。なぜなら持ち主は明日早朝にホンジュラスのコパン遺跡に行くシャトルバスを予約していて、今日中に作業が終わらないと困ったことになる。ところが昼間はグアテマラシティ在住の知り合いも来て、作業もしばし中断。
夕方になりかなりあせったが、午後7時前にはようやくOSのインストールができた。そのあとはネットにつなぎOSのアップデートを行い、とりあえず必要なソフトをインストールして作業を完了した。しかしよく間に合ったものだ。ほっとした。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

何事もなく移動

朝7時過ぎのグアテマラシティ行きの直行バスで移動。何一つ問題なし。国境はかなり整備されてきていたが、オフィスの完成まではあとひと月はかかるらしい。それにしてもオモアから国境まで40分ほど、ここで40分ほど待ち、グアテマラシティに着いたのは午後1時半。今回しっかり寝かせてもらった。グアテマラシティからアンティグア行きのバス乗り場は以前の場所から移動したため、ターミナルではなくアンティグアに向かう途中まで市内バスで移動する。
アンティグアではこのあとオモアに来る予定のあるマユミちゃんとも会い、醤油を持っていってくれるよう頼む。チャヤ君とも連絡をとっているので、これでこの件については当分心配はない。アンティグアでしなければならないことはまだまだあるのだが、オモアのことに関してはこれでひと安心だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

しばしの間

朝から会う人ごとに挨拶。なんとなく忙しかった。Laurdesからは彼女の生徒だったエミコちゃんあての葉書などを預かり、電話をかけにきた常連の客にはチャヤ君へ引き継いだのでサービスは続ける旨をつたえた。ラスのところにも挨拶にいったが、部屋の片付けがまだきちんと終わっていなかったので、午前中に訪ね、長居はしなかった。以前ラスのところで働いていたマリアにも買い物帰りに会ったので挨拶。
たった4ヶ月ちょっと離れるだけなので、そう大げさなことではないのだが、このオモアに居を構えてから初めての長期不在となるためかなんだか複雑な思いがある。
そして昨日ずぶぬれになった服や靴は乾かず、明日まとめてビニールにいれて移動することになりそうだ。グアテマラもアンティグアのあたりは乾季で服はすぐに乾くとは思うが、どうも塗れた服を持ち歩くというのは臭いもあって気が進まない。ここからグアテマラシティまでは直行便のバスを利用するので、さほど気にならないとは思うが、グアテマラシティからアンティグアに移動する間はどうだろうか。
ではではオモアの皆さんしばしの間お別れです。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

山でした

カカオ農園と思って案内されたところ、先日より楽に見て回れるかと思っていたら、とんでもない。山でした。一山を所有していて、そこにカカオをはじめ果物などいろいろな木が植わっていてその中を川が流れ、滝もあるという具合。しかも訪ねた今日という日は朝方まで雨が降っていてちょうど雨が止んでいたので、出かけたという格好になり、案の定帰路は雨の中。ずぶぬれで帰ってくる羽目に。といってもその前に途中の川は昨晩からの雨で増水していてその時点で濡れずに渡ることはできなかった。
でも景色は最高で、晴れていたら、カカオを一時置いておくためにある山小屋からはオモアやプエルトコルテスはもちろん、ベリースも見えるようだ。フルーツを食べる鳥や動物たちもいるようで、キャンプしに来たいとおもった。日本からもどったら天気のよい日にまた訪ねたいとおもった。
しかし、明後日出発というのに靴も服もずぶぬれ、明日も天気が悪かったら乾かないだろうから、そのときはサンダル履きでアンティグアに行くことになるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの勉強?

グアテマラのアンティグアにあるスペイン語学校アタバルではオンラインでの授業を準備中だ。Skypeを使ってマンツーマンでスペイン語会話を学べるようにしようという企画なのだが、もうかれこれ1年以上も話しがすすまない。
問い合わせをしてくれた人も何人かいるので、もういいかげんはじめないということで、今日はリハーサルというか実際に授業として会話の学習が可能かどうか生徒役で試すことになった。もう久しぶりに文法を意識しながらしゃべることに。いままで通じればいいんだからと時制も人称も結果として無視して生活してきたために、神経を集中させての会話はきつかった。最初の30分はテーマに沿っての会話だったが、正直なところ相手の言っていることはだいたいわかり、こちらの言いたいことも話せる。ただし文法的には正しくないので、その都度修正される。修正されて気づくポイントもあれば、修正されてもわからないこともあって、文法をなおざりにしてきたことがすっかりバレてしまった。
一時間の授業のうち後半30分はテキストブックに沿った形で文章を言い換えるというものだったが、こちらはまだテキストを見ながらなので、答えること自体は簡単だったが、正解はすくなかった。
一方では反省したが、また一方では文法など間違っていてもここで一人で暮らせるくらいには通じているものなんだなぁと不思議にも思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

再企画、ココナッツ農園

昨日ココナッツ農園にいけなくなったことを書いたが、昼過ぎ、その友人が訪ねてきて昨日は来れなくてすまなかった。明後日木曜日なら時間があるけどどうかと言ってきた。こちらにしたら、雨でこれないのは仕方ないと思っていたし、電話もないので、連絡できないのもこれまた仕方がないから気にしていなかったのだが、律儀にもまた訪ねてくれて、かえって恐縮してしまった。
とにかく明後日ココナッツ農園訪問が再企画された。農園をみせてもらって昼をご馳走になる程度のことだと思うが、帰国を前にオモアでの生活を満喫しようと思う。
そして別の客からも来月子供の誕生日があるんだけど来れるかと招待を受けた。しばらくオモアにいないと言うと残念だと言われたが、それこそこちらのほうが残念だと思った。
ところでマサシさん、ジュンコさんカップルとミナちゃんとは、今日めでたくオープンウォータのライセンスを取得した。マサシさんたち二人は明日ここを出るが、ミナちゃんは引き続きアドバンスのライセンスを取得することに。来月はじめにはダイブマスターを取得しに一人きて、2ヶ月は滞在することになっているので、どうやら年末から泊り客が切れない状況はこのまま続きそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

残念、雨のためココナッツ農園は、、、

今日はオモアにココナッツ農園をもっているホンジュラス人の友人のところに見学がてら遊びに行く予定だった。しかし、残念なことに朝から雨。朝8時に訪ねてくることになっていたのだが現れず。仕方がないことだ。もうオモアを出るまで時間がないためそれまでに見に行くチャンスがあるかどうか。日本から帰ってきてからでもいいだろう。
とにかくオモアとその近辺にはけっこうおもしろい観光素材がある。海はもちろんだが、反対側には1000m程度の山はある。けっこう川も流れがあるし、その川には滝も。
もうまもなくしばらくここを離れることになると思うと家を購入してからのここでの生活を振り返ることがあるのだが、これまでは家とその周りくらいのことにしか目がいっていなかったのが、ここにきてオモア全体に目が向くようになってきた気がする。電話サービスをやっているおかげで客とも知り合いになり、その中にはココナッツや果物農園をもっている人、漁師、大工、家具職人、エンジンの修理屋などもいて、この先いろいろ助けてもらえそうな人もおおい。より親交を深めたいと思った頃に日本に帰るのはちょっと残念にも思うが、別にオモアが無くなってしまうわけでもなく、また4ヶ月ほどでこちらにもどってくるわけだから、しばらく待つことにしよう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

携帯の割引

日曜日は比較的電話をかけにくる客が多いので、チャヤ君へ引継ぎ練習してもらうんはいい機会だ。ただ先日新聞に携帯電話の割引の宣伝があり、数社ある携帯電話会社のうち一つは土曜、日曜の週末に限り、アメリカなど数カ国への電話代を安くするというサービスが始まった。となると昨日、今日と客足はにぶるかなぁと思っていたのだが、いつもの週末とかわらない。ここに来る客の半分は携帯電話をもっているから、割引サービスのほうがいいのではと問いかけると、皆がその携帯電話会社とは違う会社の電話機だった。
なるほどと思うと同時、今そのサービスをやっている会社の携帯電話をもっている常連客がほとんどいないこともわかった。ただ彼らの使っている携帯電話会社ではプリペイドの2倍サービスというのはやっているらしく、そちらについては皆知っていて利用しているようだ。
とにかくいろいろある割引にもかかわらず、ここを利用してくれる人がいるというのはありがたいことだ。もう来週にはオモアを離れる予定だが、その後は泊り客がいないときは、この電話の収入がチャヤ君の生活費になるので、さまざまな割引サービスによって客が遠ざからないことを願いたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

温泉

電話をかけにきた客が以前、不思議なところがあるんだと話してくれた。川の脇の石から熱い湯が沸いているという。それって温泉?ってきいたが本人はまだ行ったことがないらしく、温泉というもの自体知らないのでこれ以上は聞いても仕方ない。そこで一度連れて行ってほしいとお願いしておいて、行ったのが今日。
場所はプエルトコルテス市のはずれ、幹線道路から温泉のある村までは5、6kmあるだろうか。定期バスは日に2本ほどしかなく、午前中には通らないようで、途中まで行く車をヒッチハイクしながら行った。残り2、3kmのところからは歩かなければならなくなり、二人して山道をすすむ。小川のせせらぎを聞きながらの散策といった感じで牧場や農園になっている丘と丘の間の道をすすむと、鳥の鳴き声がしたり、子豚たちがうろうろしていたりしてなんとも風情があった。
ようやくついた温泉は日曜日だけ開いているらしく、今日は入れないということだったが、川側から上がれるというので、そちらから中に入ってみた。熱い。硫黄泉だろうか。ゆで卵のにおい。大きな岩の間から数箇所湯が湧き出している。落ちてきた枯葉や石など、どれも白く石化している。しばらくそこで湯をさわったりしてみてから、もと来た道を引き返した。
途中喉が渇きよった雑貨屋でジュースを飲みながら話をきくと、その温泉一帯を中国人が買ったということだった。この先どんなふうにしていくのかわからないが、ホンジュラス人の金持ちに買われるよりはよかったと思った。ホンジュラス人の金持ちだときっとプライベートのものとして利用するだけで他に有料ではあっても開放するということはまず無いだろう。一方中国人の場合はこんなバスが日に2本しか通らないようなところを買うからには、なにか商売に結び付けようと考えているはずで、今後宿やレストランなど作っていくにちがいない。
だれも興味を持っていないようであれば決して高い土地ではないだろうし、自分が投資しようかと思っていたが、現在の地主がある程度整備してくれるのであればそれにこしたことはない。この宿の客にも紹介したいが、まだアプローチが大変なので、日本からの出稼ぎから帰ってきたら、なにかアプローチ方法を考えたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(4) | TOP↑

≫ EDIT

明日は山へ

電気代の支払いのため銀行に行った際に知り合いに会った。そこで挨拶をしてちょっと立ち話。明日午前中にプエルトコルテスにいく途中の小さな村にでかけることになった。
そこへ何をしにいくかは明日紹介するとして、もうそろそろオモアを離れることになって、さすがに忙しくなってきた。カギの取り付けも済み、管理人用のベッドもできた。あとはシーツなどを置いておく棚作りだが、明日は出かけるため、明後日以降つくることにする。
電話の引継ぎは一部はじめ、管理用のシートも見直しはじめた。とくに電話のレートをしっかり案内しておかないと留守番のチャヤ君もこまるだろうから、これについては慎重に確認しなければならない。明日不在の午前中は電話サービスについても店番をお願いしなければならないが、あまりややこしい通話先の人がこないことを祈りたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

停電と引き続きお願い

久しぶりの停電。午前7時から午後5時まで。実は今日ある実験をしようとしていた。グアテマラのアンティグアにあるスペイン語学校アタバルとSkypeを使ったオンライン授業をする予定だったのだ。朝食のパンを買いいつものケーキ屋にいったら停電だといわれ、もどってみるとまだ停電。久しぶりに長くなるかなと思ったら案の定。今回は工事に伴う計画された停電だったようだ。
当然ネットはつかえず、電話サービスは休業。ダイビングにいったマサシさんとジュンコさんもまだ波があり、今日は休み。休みずくしの一日になった。電話は夜何人か訪ねてきたが、どれも相手先につながらず、今日はまったく売り上げなし。まぁこんな日もあります。それにしても醤油がピンチなのでこちらに立ち寄る予定の人は醤油持参でお願いします。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろ醤油が、、、

深夜から強い雨。朝になっても小降りではあったが、降り続き寒い一日。ダイビングも今日は見合わせに。料理長のチャヤ君は連日を腕を振るって、毎日メニューが重なることもなく毎回数品がテーブルに。
当然おいしい。毎晩マサシさんと二人桟橋で魚を釣っているため仕入れコストはそれほどかかってはいないようだが、少々心配がある。それは醤油だ。刺身にかぎらず日本食にはかかせない醤油だが、それがそろそろ無くなりつつある。今回チャヤ君がグアテマラから来るにあたって持ってくるつもりもあったのだが、引き上げた荷物も多く、醤油をもってくる余裕はなかったのだ。マサシさんたちの滞在中はなんとかもつかどうかだと思うがその先を考えると怪しい。現在使っている醤油は韓国醤油で、これは昨年アンティグアに行った際に少し分けてもらってきたものだ。
以前にも書いたがサンペドロスーラまで行けば醤油を売っているところはあるのだが、醤油だけのためにサンペドロスーラに行くのもコストがかかり、食費を安く抑えているので、他になにか用事がなければ現在のところ購入予定がない。そんなわけで醤油持参で訪ねてくれる人がいないかと期待している、というより醤油が手に入るところから来てくれる人には注文したいと思っている。もしその気のある人はこちらに来る前にぜひぜひ知らせてください。当然宿泊費、食費からその分は差し引かせてもらいます。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

8年ぶりに

数年ぶりに潜った。マサシさんとジュンコさんのクラスで通訳することになったからだ。海中では言葉は話せないし、器具装着や海中でやることを一通り説明するだけで充分だと思っていたのだが、オープンウォータの段階ではずっと潜りっぱなしということもなく、課題ひとつごとに説明が必要で、そのため器具もラスを含めて4人分が用意されていた。
今回はごくごく浅いところでしか潜っていないのでオモアの海中を堪能したとはいえないが、8年ぶりのダイビングで今日からもぐる二人よりもこちらのほうが緊張した。よくよく聞くと二人とも以前モルディブで体験ダイビングをしているというし。
今日一日、午前と午後と1本ずつ潜ったが明日以降どうするかが問題だ。食事についてはチャヤ君がすべてやってくれているので心配ないのだが、電話サービスの引継ぎがまだなので、これが済むまでは体が自由にならない。ラスには明日は手伝えるかどうかわからないと応えると、二人にテキストとDVDを熟読しておくようにいわれた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

コルテスにて

朝食後、コルテスにでかけた。マサシさんとジュンコさんがカードでお金を下ろさなければならないので、その案内ついでに買い物もしようということでチャヤ君も一緒。チャヤ君もギターを買いたいのだ。午後からはマサシさんとジュンコさんはダイビングのクラスがあるので、午前中にすべて用事を済ませる必要がある。
しかしすべてがラテン。8時半の出発のつもりがとっくに9時をまわっていた。それでもコルテスで数件の店をまわり、郵便局によって午後1時前には帰ってこれた。郵便局は今回はじめて行った。正直なところ仕事があるのかといったような活気の無さ。照明も暗く、職員も年配の女性一人が応対。ジュンコさんはここでいままで溜まったハガキを日本に送りたかったようだが、応対した女性がいうには自分の手元にはもう切手がなく、同僚は今外出中、1時を過ぎないとかえってこないから、切手が必要なら1時に来てほしい、と。
時間もないので諦めて帰ってきた。それにしても戻ってからも、中途半端な時間だったため、行きつけのコメドールで昼食をしたが、こちらも30分以上待たされることになった。いつもなら注文してすぐにでてくるものが、今日は用意した定食のおかずがすべてはけてしまった後で、1から調理はじめたため驚くほど時間がかかった。ダイビングのこともあってあせったが仕方がない。
さらにダイビングスクールも月曜日だというのに家族連れ一行があり、昼食の準備で忙しく、なんだかんだで今日は筆記の問題だけやっておわることに。
一日中すべてが遅れ遅れの一日になった。これもラテンだからしょうがないのか。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

まるで居酒屋

現在の宿泊者はマサシさんとジュンコさんのカップル。そのふたりが酒が好き。昼から、いや朝からビールを飲んでいる。そしてわが宿の料理長がまた彼らに合わせた魚料理を毎回つくるものだから、ここはどこの国、どこの居酒屋といった状態になっている。刺身はもちろん、焼き魚に煮魚、ユッケに南蛮漬け、セビーチェなど、毎食品数も多い。しかも焼き魚はメインの食事が始まる前にすでに用意され、だされている。
マサシさんは以前訪ねてくれたシンジ君とも知り合いで、やっぱり釣り道具一式を持って旅をしている。つまみの魚のほとんどがマサシさんが釣ってきたものだ。まだ沖にでて釣っていないので、型は小ぶりだが、チャヤ君がそれぞれ特製にあった調理をするのでどれもおいしい。
特に今晩食べた煮魚は絶品だった。明日も楽しみといいたいが、明日は皆でプエルトコルテスに出かける用事があるので、今日すでにココナッツカレーを準備してしまった。というわけで明日は魚なしの夕食ということになるが、明後日のチャヤ君の「居酒屋チャッピー」の開店が待ち遠しい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

悪天候

早朝から雨、今朝トオル君、マイちゃんはグアテマラのアンティグアへ戻り、マサキ君は南下。彼らが出発する頃はほんとにわずかながらの小雨程度だった。オモアのセントロで見送るとチャヤ君と一緒に土曜の市に行き、野菜などを買い込むが、もう戻ろうかという時になって、雨が強くなってきた。急いで帰るが、途中朝食用にパンなどを買っていたため結構ぬれてしまった。
そのあとは半日は雨。午後になって雨が上がったのでマサシさんは釣りに、チャヤ君はふらふらと散歩へと出かけた。ジュンコちゃんは引きこもりなので、ネットしたり、本を読んだりで宿から出ず、夕食後やっとマサシさんと釣りにでかけた。
今日は雨のため海も濁り、桟橋では普段と比べ釣果は少ないようだ。漁師たちもほとんど舟を出していない。この天気だとダイビングをしても何も見れなかったであろうから、今朝出発した三人は昨日までに無事ライセンスが取得できたのは幸いだった。
そんなわけで今日はプエルトコルテスに出かける予定だったのだが、週明けに延ばすことになった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

客の立場

今日からチャヤ君が料理担当。作らずに食べる。これ最高。どうも自分で作って自分で食べるというのは楽しみが半減してしまう。料理も慣れるまでは楽しいけど、慣れてしまうと自分の味付けはわかっているし、作るものも決まってしまう。これって楽しくない。
昼食は焼き蕎麦とチャーハン、夕食は鰹とシイラの刺身のほかにエビチリが。これが本当においしかった。他にも魚の南蛮漬け風のものもあり、人が作った料理をおいしくいただいた。オモアでも時に外食はするが、それさえいつも同じ味のものばかりで少々飽きてきていたので、今日の夕食は客になりきって日本食を堪能でき、久しぶりに最高だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっと、やっと、やっと

やっと、やっと、やっとチャヤ君が帰ってきた。他に客を二人連れて。
長かった。クリスマス前には戻ると言ってグアテマラに行き、その後年末、年明けと日がズレ、ようやく今日、ほぼ一ヶ月ぶりに戻ってきた。歌本やら、ここで販売する漢字入りのTシャツやらいろいろ持ってきた。
これから2週間ほどの間にいろいろ引き継ぎをしなければならない。宿、電話はもちろん、スペイン語を学びたいという宿泊者も来るであろうから先生にも引き合わせなければならない。毎月の電気代の支払い方法とプロパンガスの注文については案内しなければならないが、水道代は年間分払ったし、固定資産税も払った。さほど多くの引継ぎがあるわけではないが、電話サービスについては国によってソフトを使い分けていたり、クレジットの追加注文をするための方法などを打ち合わせなければならない。
それらの作業は2週間あれば充分とは思うが、宿泊客が途切れずに続くなかでの引継ぎのうえ、営業権をとった食堂をどうするかも検討しないといけないので、それにどれだけ時間がとられるか少々不安だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

ダイブマスターが安い!

ボリビアにいる日本人からの問い合わせ。ダイブマスターの取得にかかる日数と費用は?
ラスに相談して返事をする。以前ラスにもらったタリフにはダイブマスターについては書かれていなかったからだ。ダイブマスター取得には60本潜る必要がある。これにかかる日数は1日2本以上潜れれば1ヶ月だが、天候や体調、そして今回は英会話やスペイン語会話がほとんどできないという話だったので、2ヶ月はかかるだろうということだ。そして取得費用は大まかにということだがUS$800.00。ちょっと耳を疑ってしまった。安すぎる。ちょっとこれだけ安くダイブマスターのライセンスが取得できるところは世界中探してもそうはないのではと思った。もちろんこの他に宿泊費や食費はかかるが、幸いこのオモアは物価も高くない。この宿で3食付きで毎日ビールを小瓶1本とたばこを1箱吸ってもUS$10.00程度。単純に2ヶ月分を掛け合わせて見た上での合計がUS$1,400.00ということになる。ひょっとするとスペイン語会話も習うかもしれないのだが、その場合は1日4時間のクラスが1週間US$60.00となるので、さらにUS$480.00対かしなければならないが、それでもまだ安いだろう。
わざわざライセンス取得のためにここを訪れるとなると交通費のことも考えなくてはならないから必ずしも安いとは限らないが、旅の途中で立ち寄って取得ということであれば申し分なく安い。旅の途中で持ち金に余裕があれば、取って損のないライセンスだろう。
となんだか宣伝ばかりになってしまったが、これだけ安いものを黙っていては悪いので公表します。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

営業許可

朝食の準備を済ませると、オモアの役所にでかけた。宿と食堂の営業許可をとるためだ。ここでの営業許可は毎年更新する。今回はじめての申請だったが、ビリヤード場のオーナー、アントニオにもついてきてもらい手続きした。アントニオは会計士でもあり、今後のことも頼んでいるからだ。宿の登録にL.175.00(US$9.20)、食堂の登録にL.250.00(US$13.20)。
ついでに土地の分の税金と年間分の水道代も一緒に収めた。土地の税金は一月中に支払うと10%割引きになる。知らなかった。昨年は7月に支払ったが、知っていれば去年も今頃支払っていたはずなのにと思った。水道代は去年より値上がりしていたが、それでも年間US$23.00程度だ。メーターがないので、いくら使っても、たとえパイプに穴が空いていて常に水漏れしていても料金は一緒。無駄遣いはしていまでんが。
朝一番で申請したが、許可証は午後仕上がるというのでいったん出直す。そして受け取りにいくと、食堂の許可番号が「92」、宿が「93」となっていた。継続の人たちはまだあまり申請に来ていないのだろう。大きな都市ではないが、一営業に一許可証だから100番以内の番号だったことになんとなく感動した。
そしてこれで堂々と看板が出せる。電話サービスの許可は取らなかったが、食堂の看板をかかげられれば、それで場所の案内ができる。そして申請の際に食堂の名前を聞かれ、なにも考えていなかったのだが、単純なほうが分かりやすくていいと思い「Comedor Oriental」とすることにした。ここにはアジア系の人が住んでいないので、これでどこの店なのか分かるだろう。そう宿は当然「El Paraiso」で登録した。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

あと少し

料理は今日で最後。明日からはチャヤ君がもどり、調理も含めて引継ぎと思いきや、到着がさらに2日遅れることが判明。というのもここに来る前に立ち寄るグアテマラのキリグアの宿「Posada de Quirigua」のオーナーであるマサキさんが不在で水曜日に戻ってくるので、その日にキリグアに移動することになったからだ。
「ここまできたらとことん待ちましょう」ということで到着する木曜日までは食事の準備が続く。ただ、幸い自分の体調も少しよくなり、他の二人もやはり少しよくなって、ダイビングのコースに復帰したので、昼はこちらに戻ってこない。そのため昼食の準備が不要になり、いくらか楽ができる。そして今夜は海老と茄子のてんぷらにかき揚げ、それに貝のバター炒め。魚がだめなマサキ君も今夜のメニューならOKということで用意した。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

体調不良

マサキ君はどうやらアメーバ。マイちゃんもお腹のあたりがいたいらしく、どうやら風邪のよう。そして自分自身もどうも調子が悪い。
11月の半ば過ぎから春先まで、カリブ海といってもけっこう寒いのだ。とくにこの数日は夜から朝にかけてかなり冷え込む。寝具はシーツと薄手の掛け物だけで、しかも部屋の窓は隙間風邪がとおるため体調を崩したようだ。鼻風邪か。
そんなわけで今日は一日、手抜き料理。夕食は、マサキ君には昨日食べなかったココナッツカレーを、他の二人とは外食で済ませた。
ただ今日は海老と貝とを買っておいた。体調もいくらかよくなると思うので、明日は海老天ぷらと貝のバター焼きの予定だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

さながらペンション田代別館

今朝ハル君を見送った。朝一番のバスで国境に向かい、接続さえよければ、グアテマラのプエルトバリオスからベリースのプンタゴルダ、そしてベリースシティにいけるだろう。11月末にこのルートを使ったエミコちゃんの情報が今回も役立った。これで3組目か。以外な需要の多さにビックリ。
そして宿泊客は3名となった。と思ったら、昼前にアンティグアからコパン遺跡経由でユリちゃんが訪ねてきた。これでまた4人。皆アンティグアのペンション田代に泊まっていた。現在向こうにいるチャヤ君の宣伝のためかさながらペンション田代別館の様相を呈している。
また食事の準備に追われることに。さらに、宿泊中のマサキ君は魚が苦手だと訴えてきた。そう言われてもここは魚目的でくる人がほとんどなのと、今回のようにほかにも宿泊客がいる場合は個人の好みを聞いてばかりもいられないので、安い定食屋を案内するつもりだったのだが、その本人の体の調子が悪いらしい。どうやらアメーバのようだ。食欲もないようなので、薬を飲み、水分をとって安静にしてもらうことにした。
夕食はマサキ君のことも考えて特製ココナッツカレー。それに他の人たちには鯵フライと刺身を用意した。結局マサキ君は何も食べられずバナナのみとなったが、マイちゃんに手伝ってもらって作った鯵フライはなかなか上手くできた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

水道工事

久しぶりに水周りの工事。キッチンは蛇口が二つついていながら片方は塞がった状態。管が一本しかないからなのだが、これを2本にした。そしてそのうち1本には簡易浄化器をつけ濁り水対策することにした。この浄化器は現在屋根においてあるタンクを購入したときについてきたものなのだが、シャワー用にしかつかわないのと、取り付けると水圧が弱くなるようなので、使わずにおいたものだ。
宿泊客が途切れないのはうれしいことであるのだが、一方でちょっと激しく雨が降ると、すぐ水道水が濁ってしまうのが困る。飲み水は別なのだが、料理用、洗顔用、歯磨き用など日常で必要になのでこの浄化器でろ過することにした。
午前中に必要器具を買い揃え、午後から作業にかかった。時間はそれほどかからずに済んだが、接着剤が甘いところがあって、水が漏れる部分があることが判明したが、夕食の準備もあったので、その修繕は明日することにした。
しかし今まで蛇口一本だけで使っていたのでどうも慣れない。極力今まで使わなかった側の蛇口を捻り、使い慣れるようにしている。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

すごい「VoipStunt」

電話サービスで使っているのは「Skype(http://www.skype.com/)」と「VoipBuster(http://www.voipbuster.com/)」。オモアの人たちはアメリカにかける人が多いのでアメリカの固定電話、携帯電話に無料で通話でいる「VoipBuster」は重宝している。その「VoipBuster」を運営する同じ会社が「VoipStunt(http://www.voipstunt.com/)」という新しいソフトフォンを発表した。デザインはほとんど「VoipBuster」と一緒。色がちがうだけ。その「VoipStunt」のなにがすごいかというと、日本の固定電話への通話が無料だということ。日本だけでなく、中国、台湾、韓国、シンガポール、マレーシアとアジアの主要国の固定電話に無料でかけられる。さらに驚くことに、本来なら無料といっても最初に5ユーロか10ユーロ分のクレジットを購入しなければ1分以上話せないはずなのに、なぜか今は話せてしまう。
いつまでこの無料サービスが続くかわからないが、「VoipBuster」で以前無料だったものが、現在有料になっている、イタリアやカナダもふたたび無料となっている。携帯電話向けはまだ高いが、これはヨーロッパも同様だ。こちらまでアメリカのように無料になる可能性が将来ないとはいえないが、現時点における固定電話への無料通話だけで充分すごいと思う。
それから今日また宿泊者が1名増えた。アンティグアに足止め中のチャヤ君が送ってきた。こちらとしてはもう送客はいいから料理人&管理人をよこしてくれと本人に言いたいくらい忙しい。パスポートができ、こちらに来るまでにはまだ一週間以上かかるようだ。一月下旬の日本帰国はちょっとあやしくなってきたようだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

査証

今朝グアテマラに戻るマツモト夫婦の車にキサキちゃんと便乗。国境に向かう。キサキちゃんはその後プエルトバリオスに行き、船でベリースのプンタゴルダへ。ちょうどひと月ほど前にエミコちゃんが通った同じルートでベリースシティをめざす。
一方こっちはこっちで国境で出国して、再入国、オモアに戻る。これでグアテマラの入出国手続きをすることなくホンジュラスに改めて3ヶ月の滞在が可能になる。ただし別途費用はかかる。一応罰金という形でUS$20.00を払い、さらに通常入国する際の入国税L.60.00も払う。ラスも前回は同様の手続きで再入国しているので、これは正規の手続きのようだ。このUS$20.00は高いような気がしないでもないが、冷静に考えれば、グアテマラに3日滞在し、さらに食事やら交通費やらを考えたら安いことがわかる。とにかくここで手続きを済ませ、帰りはローカルバスでオモアにもどった。
このローカルバスも以前はオモアまで片道2時間はかかっていたものが今日は70分だった。往路国境に向かったときは車だったから、人も拾わず40~50分で行けたが、それにしてもずいぶん早くなったものだ。
朝ハル君たち宿泊者の朝食を用意して、8時過ぎに出発したが、戻ってきたのは10時半。半日で移動と査証の手続きを終えることができた。国境が近く、道がよくなり、交通の便がいいということはこういうことかと実感した。
まだ国境のオフィスは建築中のため、現在仮小屋での手続きだったが、こちらはあと2ヶ月で完成するそうだ。この時期はまだ暑すぎるということはないが、この先3月にはいるとかなり暑い。そうなると今の仮小屋ではとうてい耐えられないだろう。今建築中のオフィスは骨組み程度だが、ひと月後、日本に一時帰国する際にここを通過する頃にはさらにどこまで進んでいるか楽しみだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの夕食

結局今回はランゴスタが手に入らなかった。今日が最終日のマツモト夫妻とキサキちゃんには申し訳ないが仕方がない。そしてこの夜は彼らは外食することになった。それに対し、ハル君と今日午後到着したトオル君とマイちゃんは宿での夕食。アジフライと刺身、それに中骨の畳焼きと吸い物という献立にした。
アジフライは毎回好評だ。イタリア人経営のケーキ屋で作ったパンをパン粉につかっているのだが、それがおいしい理由の一つだと思う。以前は大手パンメーカーが売っている粒のこまかなパン粉をつかっていたのだが、それだとカリカリ感があまりない。今使っているパン粉はパンをミキサーで粗めに砕いたような程度のせいかサクッとした感触がある。
とにかく今夜は二手に分かれて、それぞれの夕食を堪能した。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

ランゴスタが、、、

今日現在宿泊者は4名。名物ランゴスタ(伊勢海老)を食べてもらいたいのだが、今どこにもない。クリスマス前まではけっこうあったはずなんだが、年末に買い占められてしまったのかいつも手に入れている仲買人のところにも在庫がない。そして4人のうち3人は明日が最後になる。このところ毎日、ランゴスタが入っていないか聞いて回わっていて、明日どうにかならないかと期待している。明日用意できればさらに2人が合流するので、にぎやかな晩餐になると思うのだが、、、。
明後日出発する3人についてはもし明日手に入らない場合は地元レストランでの食事も希望しているので、おそらくランゴスタをもっているであろう高級レストランを紹介するつもりだ。
それにしても、これほど宿泊客がつづき、かつ年末年始にランゴスタが不足するとわかっていたら、早めに手をうっておいたのだが、まだまだ経験不足でそのあたりの様子がわかっていない。今年の年末は、この日のブログを読み返し、早めに手配するようにしようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

代理人

あけましておめでとうございます。
年明けも快晴。ダイビングライセンス取得中のマツモト夫婦だが、さすがに日曜日の今日はホンジュラス各地から人がビーチにあつまり、ダイビングもその観光客を避けつつしなければならず、結局午前中1本しか潜れなかった。そして昼食後しばらくして、またあらたに日本人が訪ねてきた。グアテマラのキリグアまでチャヤ君と一緒にきたハル君だ。今日チャヤ君はパスポートの手続きなどするためいったんアンティグアに引き返し、ハル君はチャヤ君の荷物の一部を預かってここオモアに来てくれたというわけだ。
明日にはさらにマイちゃんがグアテマラから来る予定で、本当にどうなってしまったのかというほど宿が繁盛している。ついにオープン以来はじめて全客室が埋まることになる。といっても定員一杯で使ってはいないので、まだ余裕はあるのだが、この調子では寝具をさらにそろえる必要がある。現在のところベッド数分は寝具がないからだ。あと二組分、できれば洗濯で不足する分を含め、さらに二組分、計四組用意できるといいのだが、年明け早々の市で探してみようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

2005年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。