2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒッピーの息子

日曜日ということで大工は来ない。こちらも特に作業する必要はないのだが、屋根や床に散らばっている瓦礫やらの片付けとセメントの流しこみのときにこぼれて張り付いてしまったセメントなど剥がしていた。そうすると昼前屋根での作業中玄関のドアを激しく打ち付ける音がしたので、屋根から下りてみるとギターを背負ったヒッピーの息子ジュン君が立っていた。音は一緒だが、字が違う。とにかくまたまた今週も訪問客を迎えることになった。
彼はガリフナの音楽を聴きたくて探しにきたという。
オモアにもガリフナは住んでいるが数はそう多くない。オモアから10Kmほどグアテマラ国境側にいったMASCAという村はガリフナの村なので、そこに行ってみることを勧める。宿はあるかどうかわからないが、オモアから通ってもいいだろう。しばらくホンジュラスをうろうろするようだ。
今日のところは作業がないこともあって、ゆっくり話ができた。広い居間も気に入ってくれたようで、ギターを引くと反響があって楽しんでくれているようだ。話してみると、彼の父親は若い頃ヒッピーで世界中あちこち旅してきたそうで、彼自身もアジアには足しげく通っていて、中南米は今回がはじめての旅なのだそうだ。
明日からはまた工事が再開、4週目に入るので、そうゆっくり話しができるかどうかわからないが、週半ばにはもう一人客がくることになっているので、またにぎやかになりそうだ。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

今さら

今日で工事も3週目が終了。土曜日の作業は半日で、手数料を支払う。今までオモアにある銀行での両替は1回100米ドルまで、1日に午前と午後の2回、計200米ドルの両替だったはずだが、昨日銀行に行くと、まとめて200米ドル両替するように言われた。確かに窓口の銀行員にしたら、一日2回も訪ねて両替してなんだということなのだろうが、以前そういうふうにするように言われたから、こんなふうに日に2回もせっせと通ってきたわけで、何を今更と思ってしまった。工事費の支払いのための費用もおおかた両替が済んでしまっているから、もうこんなに足しげく通う必要はないだろうから。
一方日本から戻ってみると窓口の銀行員は2名から3名に変わっていた。これは助かっている。以前のように2名だと昼休憩のときは窓口が1つになってしまい。それでなくても行列ができるとなかなか進まなかったものが、それ以上に滞っていた。それが3名体制になってからは、ちょっと行列になっているくらいなら、そう長い時間待たずに進むようになった。おかげで以前なら行列をみると、よっぽどすぐにお金が必要でない限りすぐ引き返していたのが、しばらく待つようになった。
それに暑い日エアコンがキンキンに効いている銀行に入ると正直いってほっとするから、そこでしばらく待たされるのは悪くない。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

蟹ってすごい

夜ときどきゴソゴソという物音で目が覚める。泥棒ではなくて、蟹が部屋に入ってきてるから。実際には毎日のことだが、時に気になる。
そして現在修築作業しているキッチンにももちろんいて、今日は資材を動かしていたら足を広げてタバコのパッケージ大の蟹をみつけた。しばらく観察して、修築資材の鉄筋の切り落としたものを使って突いたら当然のごとく逃げた。壁の隅まで追い込んでどうするのかと思ったら、なんと壁をのぼり始める。どこまで上るか見ていたら、なんと2メートル以上ある壁の上まで上がってしまった。
頻繁に家の中を蟹がうろうろするものだから、ドアの隙間などは塞ぐようにしていたのだが、ひょっとして壁をつたって上から入ってきていたのなら、防げなかったわけだ。
工事の合間になんだか妙なことに感心してしまった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっと、そしてやっぱり疲れます。

日本から戻ってからずっとつながりの悪かったVoipStunt。クレジットが残っているがもうすぐ有効期間が終わってします。ここで新たにクレジットを追加すれば3ヶ月延びる。つながりがよく、国際電話の商売を続けていればそれくらいはすぐ使うので心配ないのだが、商売そのものが通話状態の悪さでできなければ、無駄に追加することになるだけだ。
ずいぶん前から原因をチェックしてほしいとプロバイダには注文しているのだが、これがなかなかしてもらえない。現在修築工事中のため、電話をかけに来た客には数週間待ってほしいと言って、電話の商売は閉めているので、表向きは問題がないのだが、修築が済めば問題になる。
今のうちにプロバイダを変えようかと思い、オモアにあるインターネットカフェが使っているプロバイダについて聞きにいって戻ってきたら、ネットの調子がなにやらおかしい。しばらく接続できずにいたが、それが復活してみるとあら不思議。VoipStuntが使えるようになっている。
すぐ問い合わせてみると、なにやらシステムをいじったらしい。だから数ヶ月前までは使えたんだからその状態に戻してくれと何度も頼んだが、やっと、変更してくれたということだ。しかしここでは万事が万事こんな調子。こちらもそのことは理解しているから、無駄な行動と思われてもアクションは起こすようにしている。昨日は大工のことを書いたが、プロバイダも然り。ほんと疲れます。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ほんと疲れる、そして、疲れた!

ふたたびやってくれた。キム君は今朝朝食を食べてから出発。部屋の掃除などは後回しで修築現場の掃除をしていた。すでにセメントを流し込んだ梁の型をはずしたときに抜いた釘やらかけらやらを集め、詰まった洗濯場の端水口を探してゴミを取り除いたりして、かなりの重労働。
そしてふと気がつくと、玄関口の前の梁、ちょうど新しくできるひさしの部分になるところが、一目見てけっこうな傾斜でセメント流し込みの型が作られている。
「これって明らかに水平じゃないよね」と聞くと「問題ない」と応える。だからそうじゃないんだと説明して、機能的な問題ではなく、見た目も大事だということがわかってどうもわかってもらえない。そんなときラスが草刈り機の様子をみにきたので、愚痴をきいてもらった。やっぱりこういう時は日本人とドイツ人は同じ認識だから話が合う。そしてそれを大工たちにわからせるのは骨が折れ、精神的に疲れる。
まぁとにかく型の付け直しをしてもらい、彼らとしては時間延長ということになり、予定のところまで終わらなくなってしまったようではあるが、ここは施主のほうが強いから、言いべきことは言わしてもらった。
しかしその後も炎天下で作業して、今は体疲れて、体のあちこちが痛い。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

見るに見かねて

今朝早くにラスが訪ねてきた。手持ちの金がなくて借りにきたのだが、そのとき庭をみて「ひどいなぁ」と思ったのか、昼近くになって草刈り機を持ってやってきた。「貸してやるから、きれいにしろ!」というわけだ。予備のガソリンまでくれた。
昼間は日差しが強く、こんなところで草刈りしていたらまたおかしくなりそうだったので、大工たちの工事がおわった5時過ぎからはじめることにした。この時間もサマータイムなので、まだまだ明るく、そして暑い。最初は操作に戸惑ったが、どうにか作動して作業しているとラスが様子を見にやってきて、使い方を指導してくれた。やっぱり早い。そしてよく刈ることができる。ただ振動で手がしびれるのと、モーター部分がかなり熱くなるので、長時間の作業はできない。暑さや日差しのことを考えると10分くらいの作業を休み休みやるのがいいようだ。
とにかくまずは入口近くをきれいにした。
それからココの葉の枯れ落ちたものや庭の木の邪魔な枝を切り落として久々の焚き火。こちらはまだ生木に近いものもあり、あまりよく燃えなかったが、まとめて積んだので、数日したら燃やせるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

さあ三週目!

早朝ユミコちゃんはグアテマラへ戻り、工事は三週目に突入。いよいよ梁です。まずは一番奥の梁から。ほおっておくとなんの準備もせず作業がはじまってしまうので、シンクの上にはシートを敷き、片付けが楽にできるようにした。こういうことがどうもこちらの人たちは考えなくやってしまうのが怖い。ブロック積みでも柱造りでも脇からこぼれたセメントが固まってしまう前に処理してきたが、彼らに任せたままだと、あとでまたけずったり、上塗りして余計な時間、お金を使ってしまうのだ。
もちろん支払いは材料費、作業量込みの契約だからこちらが気にかける必要はないのだが、修築が早く終わるのはこちらとしてもありがたいのと、余計な作業がなくなり、棟梁たちのもうけが増えれば彼らにとってもいいだろうと、裏方作業を続けている。
今日はちょっと日差しが強く、そのせいか軽く熱中症のようになってしまったので、無理せず休憩。昼間キム君はプエルトコルテスにでかけたので、昼食の準備は不要だったのも助かった。ただし、夕食は用意しないといけない。ちょっと体調がおかしいので、ゆっくりやるからと断って準備した。もらった太刀魚があったのだが、ユミコちゃんはアレルギーがあるらしく、裁いたままとってあったものをメインにした。塩焼きも考えたのだが、昨晩けっこう食べたので、煮付けることにした。刺身用にする魚を用意していなかったが、ビーチに行く元気がなかったので、庭のココをとってきて、ココの刺身にした。これは好評。しかし今日は酒も飲まず、食後も断って早めに休ませてもらった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

くつろいだ日曜日

昨晩イセエビ宴会のあと、深夜近くにはビーチに行ってみた。昼同様、週末は桟橋もディスコも人がいて、ユミコちゃんはおおはしゃぎ。今日はちょっと風があって、これまた心地よく、それも気に入ったようだ。1時間ほどで戻り、飲みなおすこともなく休んだ。
そして今日、ゆっくり朝食をとったあとは、とにかくのんびりしていて、気づいたら午後になっていた。日差しの強い中、三人でビーチへでかけビールの飲み、しばしくつろいだあとはもう夕食の準備。今日のメニューは鯵の塩焼き、にフライ、鳥のから揚げにした。
こちらに来る前日飲みすぎてキツかったユミコちゃんは明日グアテマラに戻るからと、ビール2本だか3本に抑えていた。次回はもっと長く、そしてもっと飲むぞと気合をいれつつ、早めに休むといって部屋にいった。明日からまた建築が再開だが、くつろげた一日だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

工事二週目終了、そして宴会へ

昨日本調子でなかったユミコちゃんも今日は飲むぞとばかり気合がはいり一日がはじまった。工事は午前中で終わり。壁のブロック積みも済み、週明けから梁をいよいよ造る。昼食後ラスのところへ出かけ夕食用のイセエビを仕入れる。さすがに週末というだけあって、ビーチにはけっこう人がいる。天気もいいからか。
しかし、今週も工事のため目一杯働き、それが一段落したせいかちょっと疲れもたまっていたので、ここでしばし休息させてもらった。夜に備えてということもある。夕方まで休み、イセエビの調理を始めた。もうすっかり慣れたものだ。
夕食時は飲みました。飲みました。飲みました。久しぶりですね。これだけ飲んだのは、といってもビールとロン(ラム酒)ボトル1本近くを二人で飲んだ程度だからそうたいしたことはないのかもしれないが、しばらくこれだけ飲むことがなかったのでちょっといい気分。キム君がビールしか飲まないというのはちょっと計算外だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

二日酔いのまま

アンティグアからユミコちゃんが訪ねてきた。昨日はグアテシティの友人宅に泊まり、早朝の直行便に乗ったのだが、ここに着いたときはもうふらふらだという。どうやら昨晩の飲みすぎて二日酔いのようだ。それでグアテマラシティからの山道を下ってきたものだから、酔いに拍車がかかったようで、ビニール袋をかかえつつなんとかオモアにたどり着いた。
今回、同じバスに途中キリグアからキム君も乗ってきて、やはりこのオモアを訪ねてくれた。彼は先週きてくれたタスク君やその前にきたケンヤ君などともアンティグアで一緒で、タスク君からはそのうち訪ねてくるだろうときいていた。昨日はキリグアのマサキさんの宿に泊まったようだ。
とにかくこうして二人の宿泊客を迎え、夜は大宴会となるはずだったが、ユミコちゃんの調子がまだ本調子でないので、ちょっと控え目。事前にもらったメールではかなり飲むのにつき合わされそうだったので、心していたが、幸いにも二日酔いで来て、しかもキム君が合流してくれたので、正直なところちょっとほっとした。明日は早朝に市があり、大工も午前中一杯ははたらくのであまり無理したくなかったからだ。
とにかく今日を乗り切り、明日は体調復帰したユミコちゃんとしばらくのんびりしますというキム君にイセエビを味わってもらう予定だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

産卵

昨日のことだが、大工助手(見習い)が昼休みのとき玉子を手にしてきた。「どうしたんだ」と聞くと、玄関先の植物を植えてあるところに鶏が産んだものだという。
日本帰国中からまったく手入れせずにいたところなんだが、そこがいつの間にやら産卵の場所になったのか。実は今日は別の大工が同じ場所で玉子を見つけている。こうなると、ここが産卵場所として定着したということなんだろうか?もしそうならこのまま毎日餌もなにもやらずに卵だけ産んでくれたら買出しの必要がなくなるのでこれほどラッキーなことはない。まぁしかしもうしばらくは様子を見ようとおもう。とその前に大工たちにどこに産んでいるのかの確認をしておかないといけないか。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

油断は禁物

いやぁ~危ないところだった。もう少しで設計変更でセメントを流されてしまうところだった。昨日は図面のことを取り上げたが、今日も修築中の工事のこと。ビックリしたのは現在壁になっている部分にブロックを積み、その上にコンクリートの梁を造り、屋根を敷く予定がブロックと梁の順序をいつの間にか逆にしようとしていた。
もちろん今回の工事だけ考えたらそれでもいいのだが、将来壁をなくして広くしようとするとき、これではどうにもならない。直前で気がついてよかった。
大工たちにしてみれば「どっちが先でもいいじゃないか」といいたいのだろうが、ここはしっかり棟梁と話をしてもとの予定どおりにしてもらうことにした。それにしてももうちょっと目を離していたら後戻りできないことになっていただろう。ここに住みながらの作業だったからよかったとつくづく思った。
幸い、こういう時は気づいたらすぐに話をしなければならないということは2年前からの作業で十分承知していたから、遠慮せずに話しができたが、これがはじめての工事だったら、セメントを流し終えるまでなにも言えなかったかもしれない。
とにかくこの先も油断は禁物。図面はないので、毎回次の工程をしっかり棟梁から聞いてから作業を進めさせるようにしなければ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

図面

図面といっても現在の修築作業の図面ではなく、毎週土曜日に市のでる空き地に作る建物の図面のこと。
棟梁たちがなにやらA3サイズの紙を広げて話をしていた。なにしているんだろうと思っていたのだが、それが図面でそのあと見せてくれた。いままで単なる空き地でしばらく週末の市が役所前に移っている間に雑草がかなり伸びきっていた教会横の土地に整地ようの土の山がいくつか積まれてきているのは知っていたが、そこになんと「メガストア」を建てる計画がすすんでいるのだ。
ここから徒歩1分か2分。非常に近くて便利な場所、しかもオモアの観光施設である砦と博物館からは徒歩30秒くらいのところだ。
相変わらず、子供落書きより少しましかなと思われるような図面だが、いくつもの店が入れるようになっていて、これができたらさぞや繁盛する、というより他の店はたいへんだろうなぁという気がした。
それにしてもここの棟梁がそれを取り仕切るようなので、これまたビックリ。確かに人集めは上手なようだが、あの図面で施主に説明ができるのだろうか。
メガストアというよりはメルカードという感じだ。こちらとしてはむしろメルカードのほうがありがたいが、はたしていつ完成するのやら、この先楽しみだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

明るいが、、、

2週目に入った改修工事。キッチン側の瓦屋根の半分がはがされた。明るい。この工事では屋根にガラスブロックをいくつかいれる予定なので、工事後もある程度この明るさが保たれるはずだ。
日中すこし日差しがあったのだが、午後になってから小雨、途中から本降りになり工事も一時中断した。そして本降りになると今まだ瓦屋根のある部分にも雨が差し込んだり、雨漏りがする。来週か再来週には全部の瓦がはがさるが、そんな時にひどい雨にならなきゃいいが、それは無理だろう。
電話を掛けに来た客もいたが、どうやらしばらくは休業するしかなさそうだ。もうしばらく工事をしながらでも稼げると思っていたのだが仕方がない。しばらくは無収入で頑張るしかなさそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(3) | TOP↑

≫ EDIT

それにしても

朝食のあとタスク君はラスのところへ。一方、こちらではたまった洗濯物やら片付けやらを昼近くまでした。昨日はビーチで久しぶりにアラン(ずいぶん以前にラスのところで働いていたホンジュラス人)に声をかけられ、「いつ帰ってきた?」だの一通りの挨拶のあと、「海苔もってたら売ってくれ、明日午前中に行くから」ということがあったので、一応待っていた。
やはり来ない。ちょうどこちらも用事が済んだので、タスク君の様子を見に行く。こちらは今日はめずらしく波があって潜るのにはよくないということで、待機したまま。しかもレストランは閉まっている。「どうしたのか?」とラスに聞くと「コシネーラ(料理人)がまだ来ないんだ」という。まったくもって、ネットもそうだが、ほんと時間に関する約束は守られないんだと感じた。
タスク君と昼を食べることにして、一旦ラスのところを引き上げようとした矢先にようやくコシネーラはやってきた。
しかしこう考えると、今宿の改修にきている大工たちはきちんと時間を守ってる。もっとも総額での契約だから、棟梁にしてみたら、無駄だ時間をかけず、きちんと仕事をすればそれだけ実入りがよいことになるから管理できているのかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

これで一安心そして泊り客

朝一番でプロバイダと連絡。今日こそはきてほしいと頼む。12時半までには行くという。
ところが、1時をすぎても来ない。もうだめかと思ったらやってきた。いろいろみてもらったが、どうやらケーブルの問題ではないらしい。受信アンテナ側のボックスに入っているカードやらPCとの間にある中継用の小さな箱に問題があったようだ。
それらを直してもらい一軒落着。ようやくネット環境が整った。メールをチェックし、ブログの更新をアップロードして、工事の様子もアップロードと思っていたら、日本人一人が到着。ネットが不通の間に連絡してくれていたのかと思い、メールを見直したがそれらしきものはない。本人に確認すると連絡はしていないということだったので、こちらも今資材を置いていて居心地いいとはいえないけどと断った上で部屋に案内した。
土曜日の今日は工事も半日で終了しているので、ビーチまで夕食の魚を仕入れるついでに案内した。魚は結局ラスのところで購入した。そして宿泊客のタスク君は明日、ラスと一緒に潜る段取りをつけた。メキシコのカンクンでライセンスを取得し、ベリースのブルーホールでも潜ったという。ホンジュラスでもウティラ島で潜ろうかと考えていたようなので、ここでも潜れるという話はしていたのでそれで話がまとまったようだ。
というわけで明日の昼間は実質一人になるので、洗濯やら掃除やらHPの更新やらですごすことになりそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

結局今日も来ない

う~ん、どうしたものか。今日も来ない。ネットに接続できなくなって3日目。プロバイダのオフィスには2回も電話し、今日こそは行くからといわれてまったものの夜8時をすぎても音沙汰なし。3回目の電話をしたときはだれも応答なし。
明日、朝一番で連絡がつけばいいのだが、もしつかないとしたら日曜日はまず仕事しないだろうから月曜日まではこのままの状態が続くということか。
以前ラスのところで接続具合が悪かった時は5日待たされたから、それよりは現在はましという状態だが、日曜日をはさんで月曜日まで不通となれば記録を塗り替えることができる。できたらそうなってほしくはないけれど。忍耐強く待てたらいいんだけど、そうもいかないね。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

待ったけど

なんだか冴えない一日だった。誕生日なんだが、、、
結局プロバイダから何の連絡もないまま、修理には来ず。一体どうなっているのか。また明日連絡するしかない。
一方工事のほうが順調に進む。今日のところは比較的簡単な場所5本分の柱を建てた。現在のところ大工二人と助手二人で作業している。助手は工事の度に代わるが、今回もまあ上等のほうだろう。明日は屋根の一部に穴を空けて工事になる。電気の配線もとらなければならないし、ちょっと大仕事だ。
夜、ラスのところに行き、ささやかながらビールで「Feriz Cumpreañs」。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

アンテナ移動そして失敗

工事がすすむと今使っているインターネットのアンテナが邪魔になるので、移動した。といっても屋根が完成すれば、完成した屋根の上にアンテナをつけるかも知れないので、一時的な移動になるだろう。朝からはじめ、昼前には終わり、確認。ちゃんとつながる。
とここでやめておけばよかったのだが、その後室内のケーブルやらアンテナ用の電源コードやらをうまく配置しようとコードをつなぎなおしてたりしているうちにネットが普通になってしまった。このところの接続の悪さはどうやらケーブルにあるのではないかという疑いがあったので、そのコードを切ってあらたに付け直したのがいけなかったようだ。とにかくまったく接続せず、ラスのところに行き、PCを借りてSkypeでプロバイダの技術者に連絡。明日の午後ケーブルをもってきてくれることになった。
30代最後の日と40歳になる節目の日はネットなしで過ごさなければならない。まあ、なにかあわててしなければならないこともないので、こういうのも悪くはないかな。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

不惑に

30代も残すところ明日一日。数えでいえばすでに不惑なのだが、、、
考えてみれば30歳になって旅行会社を辞め、一年間旅に出た。そのとき訪れたオモアに今住んでいるのだからこの10年間の出来事を考えるとわれながら驚いてしまう。30歳で而立、40歳で不惑といった境地か。このままずっとこのオモアに住みつづけるかはともかく、こんなストレスのたまらない生活を続けていくんだろうなぁという想像はできる。先日までの日本での出稼ぎもそれはそれで楽しく、その稼ぎを持って日本を出れば、こちらでより有効に使うことができることも分かっている。働くこと嫌いではない。むしろ好きなんだろう。今日も大工たちを手伝って一緒に汗を流しているのが心地良かった。久しぶりなんで身体のあちこちが少々痛くはあるが、これは時期慣れるだろう。前回同様よいダイエットになるはずだ。
強いて今現在の問題をあげれば、ネットの調子が今ひとつあがらず、電話サービスがままならないことだが、これはこちらでなできないこともあるので、プロバイダの技術者に根気強くかけあってなんとかしてもらうしかなさそうだ。
しかし今回は2年前ここではじめて工事をはじめたときとは異なり、最初から建築を楽しめそうだ。今日などは少々曇りがちだったこともあり、外での作業も辛くなかった。身体の痛みも心地よい睡眠を提供してもらうのにちょうどいいくらいだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

第3期工事はじまる

いよいよ第3期工事がはじまった。玄関先にある2本の木のうち1本の木のある場所には柱を建てるために切り倒さなければならない。洗濯紐やハンモックを吊るし、電話サービスの看板を掛けていた木がまず最初に倒された。感慨深いものがあるがいたしかたない。今回の工事では1本は倒さずに済ますことができるだけでもよしと思うことにした。
前回同様、進捗状況は写真に収めHPでも紹介していこうとおもっている。午後には材料の一部も届いた。今回は前もって資材すべてを購入してしまって建築費を安くする方法をとっている。それだけに毎日せっせと銀行通いをして現地通貨のレンピーラを用意してきたのだが、それも今日までに必要な分は払ってしまった。手元から金が飛んでいくようでさびしさもあるが、手元に現金を置いておく不安がなくなるので悪いことではない。
棟梁以外のメンバーは前回と違うがはたしてこの工事順調に進むのか期待してほしい。予定では6週間で仕上がるはずだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

すごい雨&創作トルティーヤ

ハリケーンではないが、昨日は午後から雨が降り出し、夜は豪雨になった。ネット回線が安定しないのはいつものことだがさらに停電になった。久しぶりだ。復旧は深夜1時近く。完全に寝入ってなかったのかスイッチを入れっぱなしだった部屋の電気が突然点いて起きて時計をみたら1時だった。
しかしこの雨、風もなく、ほとんどまっすぐパワーのあるシャワーのように降る。明日からはじまる建築用に運び込まれたセメントと混ぜる砂が流れ出してしまうんじゃないかとヒヤヒヤした。
ところでとうもろこし粉だが、スープを作ろうとしたら、コンソメがないことに気づいた。まだキッチンの状態を把握しきれていなくて、コンソメがあるものだと思って途中まで準備したのだが、それから買いにいってまで試さなくても思い、急遽メニュー変更。なんとなく思いついて、とうもろこし粉に七味代わりのチレコバンと醤油を練りこんでトルティーヤを焼いてみた。せんべいのようにならないかなと思ったからだ。焼きたてはまだまだやわらかくてとてもせんべいにはならなかったが、醤油が香ばしく香って和風トルティーヤとしてはいけるんじゃないかと思った。でも定番メニューにはさらなる工夫が必要だろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

トルティーヤ?

茶屋君が残していった食材の中にとうもろこし粉がある。これってトルティーヤやタマルを作るためのもので、いろいろ人に聞いてみたが、それ以外に使うということがない。メキシコではスープに入れるという話だが実際みたことも食べたこともないので、同じようには作れないだろう。日本にはないものなので、日本料理のメニューにはならない。
けっこう残っているので、どうしようかと思っているのだが、こつこつトルティーヤを焼くしかないかもしれない。
ちなみにホットケーキのようにもできると聞いて小麦粉や玉子を加え作ってみたが、やっぱりトルティーヤっぽくなってしまう。まずくはないがおいしいとも思えない。スープはコンソメ味でたまねぎやにんじんを入れて試してみたいが、これは明日の献立にするつもり。はたしてどんな出来栄えになるか。うまくできたら宿の定番メニューに加えたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

ずっと気づかず、、、申し訳ない

実はホンジュラスもサマータイムを採用しているんです。今年から。グアテマラが今年4月29日からサマータイムを突然採用したということを聞いたとき、「ではホンジュラスは?」と確か調べたつもりなんだけど、それらしい情報が見つからず、すっかりもとのままだと思い込むこと昨日まで。
このところ毎日、午前と午後と一日2回銀行通いをしているのだが、昨日は午後ちょっと遅めにいったらもう閉まっていた。なにかの都合で早めに閉めたのだろうとしか思っていなかたのだが、ふと気にかかり夜になってネットで調べていたら、なんのことはないサマータイムだったのだ。グアテマラに遅れること一週間、5月7日からサマータイムになっていた。そして9月3日までらしい。グアテマラが9月30日までだから、ちょっと紛らわしいが、、、
それにしてもこの間、この1時間のずれがまったく問題にならずに暮らしてこれたことがすごいと思う。「明日○時○分に待ち合わせ」なんてことがなかったからだろうが、これが日本だったら大変だったろう。というよりそのずっと前に知っているだろうけど。
ただ考えてみたら先日泊まってくれたヒロ君たちには迷惑をかけたかもしれない。彼らがコパンに行くためオモアを出発した時間は予定より1時間遅かった訳で、サンペドロスーラ発コパン行きのバスは1本逃したことになるはずだ。いまさらではあるが申し訳ない。
ヒロ君は一月後に戻ってくる予定だから、帰ってきたら謝らないといけない。しかしほんとに3週間特に問題もなく過ごしてきたというのは何度も書くが驚きだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

ブログのデザインも

このブログのデザインもちょっと変えてみた。このほうがシンプルかなと、、、
今日も午前、午後と2回銀行に行った。両替のためだ。一応建築資材の費用はすでに用意できたのだが、その後の大工たちの手当ての分がまだ用意できていないからだ。今週いっぱい一日2回の両替をしておけば、来週からは一日1回で済むようになる。建築がはじまればなにかと時間をとられ、行けない日もあるだろうし、月初めや月末、週の初めの月曜日は結構客が並ぶからそのことを考慮すると、可能な日は2回通ったほうがいいのだ。
庭の雑草もかなり好き勝手に伸び放題になっているが、これも今週まで。来週は少しすっきりするだろう。といっても一方で、砂利や砂、資材も積まれることになるから別の意味ですっきりしなくはなってしまう。
そういえばほんの2年前のちょうど今頃はこの家を購入し、居間を作ろうとしていたとは。なんだか感慨深いものがある。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ来週から

いよいよ来週から第3期工事の開始。今日は材料費の一部を棟梁に渡した。今回は材料を一括して買う方法をとるため、先週からせっせと銀行で両替をすすめている。一日に可能な両替金額が限られているが、プエルト・コルテスで両替した分もあるので、とりあえず当座必要な分はすでに確保した。
ホームページも修正。これまで同様、工事の進捗状況を残していく予定なので、そのための変更をした。現在は写真などデータは表示されていないが、来週から毎日写真を掲載していく。
庭の伸び放題の雑草は工事がはじまるまでほおっておく。どちらにせよ資材が置かれた場所は刈る必要がなくなるし、増築場所の草刈は大工たちがしてくれるだろう。そんなこんなで、今週までは比較的のんびりと準備ができるが、来週からは大工たちと混じって働くつもりだ。また痩せるかな。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

競合

このところ週一回の割合でプエルト・コルテスに出かけている。今日も建築資材の購入代金の一部を小切手から両替しに行った。TCからの両替はオモアでできるのだが、パーソナルチェックはここでは無理。とはいうものの、以前は小切手の発行元である銀行のBACはプエルト・コルテスに支店がなく、サン・ペドロ・スーラまで行かなくてはならなかったことを考えると便利になったものだ。この銀行は中米各国にあるため便利ではある。実際チェックの発行国はグアテマラになっている。
そしてこのプエルト・コルテスへの行き来は当然ローカルのバスを利用する。オモアのビーチを発着するバスか、そうでなければグアテマラ国境との間を往復するバスを幹線道路まで出て拾う。ところが最近オモアビーチとプエルト・コルテスの間は第2のバス会社がサービスを始めたようだ。今日は行きはいつものバスを利用し、帰りはたまたま先に来た新規参入会社のバスを利用した。といってもバス自体は決して新車というわけではない。バス料金は2レンピーラほど高い。まあこの程度なら許容範囲内だろう。プエルト・コルテスで炎天下バスを待っているよりは先に出発してもらったほうがよい。
というわけで、新規参入、本数も実質増えたわけで大いに結構。できたら料金競争もしてほしいが、、、

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

蟹も

ネズミだけでなく蟹もこのところ部屋中を闊歩している。夜ゴソゴソと音がするので、何かと思えばほとんど蟹だ。コインサイズのものから野球のボールくらいの大きさのものまで様々だ。ただはたしてなんでわざわざ水辺もない部屋まで入ってくるのか不思議でならない。
なぜなんだろうか。去年もたしかこの時期に多かったような気がする。オモアではいつでも蟹がいるが、こんなに家まで入ってくる季節は限られているように思う。
野球ボールサイズのものはスープの出汁にはなるが、このところイセエビ続きで出汁のもとには事欠かないので不要だし、正直なところ少々持て余している。まあ、野菜やら油やらに集まるネズミと比べたらかわいいものではあるが、なんとか追い出す方法はないものだろうか。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ふたたび現る

またネズミが現れるようになった。実際この目で何度か目撃している。キッチンにある野菜などは蓋付きの籠などに入れ近づけないようにしているのだが、何を目的にきているのだろうか?料理用の油を狙ってはいるようだが、これは戻ってからすぐに気が付き、油壷をしまってあるガスレンジスペースだけでなく、一度レンジごとうごかしてすっかり掃除した。ガスレンジのしたはネズミが運びこんだものが腐って匂いも強烈だったが、これも掃除したので、今は匂いもなく、ネズミの餌となるものは置いていないはずなのだが、今日も揚げ物をしたあとの鍋を熱が冷めるまで置いていたところ、それを狙っていた形跡がある。覆っていた別の鍋の蓋が落ちる音がして何事かと見に行くとネズミが逃げ出していた。
先日は食べ残っていたパンに蟻があつまっていて慌てて捨てたこともあった。とにかく今キッチンの敵が多い。
まもなく屋根の工事が始まれば、そのスペースも一旦移動することになるので、彼らも狙いにくくなるだろうが、気持ちとしてはキッチンを水に浮かせて彼らが近づけないようにしたいくらいだ。
とはいってもそんなことしたところでいずれは彼らはやってくるのだろう。蟻はともかくネズミ対策としてラスのところで生まれた子猫をもらったほうがいいのだろうか?

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

またもとの場所そして泊り客

毎週土曜日に開かれる市。たいしたものがないとといえばないのだが、野菜やパスタ、日用品などオモアの雑貨屋や八百屋で買うよりは安いので1週間分をまとめ買いするにはよい。その市はこの1年以上役所の敷地内で開かれていたのだが、日本から戻ってみると宿から100mほどの空き地に場所が移っていた。
ここは役所の敷地に移る前に開かれていたところなのだが、なぜか突然移ってしまい、正直ここからの距離を考えると不便に感じていたのだ。元の場所だと買い忘れや買い物が多いときは2度、3度と足を運び易いのがよい。
ところで今日は夕方になって、近所で外食でもと思っていたら、突然の訪問客。そしてイセエビを所望され、あわてて買いに、桟橋近くの仲買人のところには無く、またまたラスのところへ。また増えていた。ほかの漁師たちが知らない漁場をもっていてくれるから助かる。それに彼がイセエビをもっていることを知っている人もそうはいないから、こんな急な時でも手に入る。
とはいえ、もう日が沈みかける頃の到着だったので、夕食の準備はバタバタと大急ぎでやった。イセエビだけでも十分ではあると思ったが、鯵も一緒に仕入れ、そちらも刺身にしてだした。1泊の予定だったようだが、相談の上2泊ということにしたようで、明日も喜んでもらえるメニューを用意しなきゃいけない。七輪で塩焼きがいいかな。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(1) | TOP↑

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。