FC2ブログ

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

≫ EDIT

ふたたびサンタバルバラ

オモアを朝6時半のバスででて、プエルト・コルテス、サン・ペドロ・スーラでバスを乗り換え、10時半過ぎにサンタバルバラに到着。予想していたとおり4時間ちょっとだった。幸いサン・ペドロ・スーラの乗り継ぎでは30分弱の待ち時間ですんだ。乗ったバスも中古ではあるものの、今までの市内バス型のものではなく、大型のリクライニングつきのバスで乗り心地がよかった。
ついてすぐしたことは魚を渡すこと。オモアで留守番してもらっている間はいつでも新鮮な魚を仕入れることが可能だが、今のところはこうした魚がお土産になる。そして喜んでもらえた。夕食のメニューもこの時点で決定し、カツオのたたきと鯵の塩焼きということになった。
そして今回息子のタイチロー君のネットカフェではオモアで使っているUSB電話機を試しに使ってもらうと持っていった。「Skype」や「VoipStunt」はインストールしたものの電話回線との通話用クレジットをまだ購入していなかったため商売ではつかっていなかったので、今回購入方法を案内するとともに自分の使っているUSB電話機の使い心地も知ってもらった。
しかし準備が大変。カフェで使っているPCのほとんどになんらかのウィルスが入っていたり、音声デバイスに問題があったりして下準備が必要だった。思っていた以上に時間をとったものの、その間に使えるPCには電話機を取り付け、ちょうどきたお客にも使ってもらった。お客にも好評のようで、スタッフとして一緒に働いているタイチロー君のホンジュラス人の奥さんやその弟にも試してもらった。
夕食は魚づくしのテーブルで、留守番の件を話しながら楽しく過ごした。ネットカフェを9時過ぎまで営業しているためタイチロー君たちが一緒の食卓で食べられないのは残念ではあったがずいぶん酒も飲んでしまった。
スポンサーサイト



banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月