2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

筋肉痛

日本ではデスクワーク、そのあとも飛行機、バスと移動はしたものの身体を動かすことがほとんどないままオモアに来てすぐに掃除やら、草刈りやらしたせいだろうか。脚が筋肉痛で痛い。日本に行く前はなんともなかった作業が4ヶ月以上のブランクで相当キツイ。それでも今日は週に一度の市のある日なので、朝から出かけ、さらに雨対策として壁に雨水が染み込むのを防ぐためセメントを塗り込む作業もしてしまった。
電話の利用客を増やすというか取り戻すため、できたら自転車であちこち走り回って帰ってきたことをしらせてまわるとよいのだが、7月半ばに一度査証手続きのため一時グアテマラに行かなければならなかったり、電話をかけてもらうスペースを網戸で囲う工事をする予定もあり、本格的な宣伝をなんとなく控えている。
しかし今日の買い物でようやくキッチンも落ち着いてきた。まだ一部足りないものもあるが、これは来週はじめにプエルトコルテスに買出しに行ってそろえるつもりだ。それまでになんとか筋肉痛を解消しておきたいが、さてどうなるか。明日も壁塗りと草刈りはやる予定なので、難しいかもしれない。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

敷地拡張

数日前に隣の家との間の堀がブロックにかわったことを書いたが、そのために堀の流域といったらいいのだろうか、これまで土手のようになっていた部分が大幅に減り、その幅は狭いところで50cm、拾いところでは3m近い細長いスペースができた。この土地を購入したときからある杭を目安にするとかなり広いことがわかる。堀は台形の敷地のおよそ半分を流れているから広がった面積はおそらく30㎡以上はありそうだ。
さて、この広がった土地は誰のものかとなると、よくわからない。堀は役場が作ったものではなく、近くのコンドミニアムが下水用に掘ったもので、ブロックにかえたのもそこの管理業者だという。となるとこの増えた部分がその管理業者の持ち物かといえば、単に細長いだけの土地だし、他に使い道もない。となると広がった土地は堀に接する土地の持ち主に属するということになりそうだ。つまりこの宿の敷地が30㎡以上も拡張したと考えられる。
今でも狭い土地を有効利用して建物を建てた訳でもなく、隣家の敷地もギリギリのところに建物があるどころかかなり遠めに建物があり、隣りの庭もこちらの庭も一続きと考えられないこともない見晴らしなので見た目にはたいした違いもないのだが、土地が増えたということはなんとはなしに気分はいいものだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

甘いライム

以前このブログでライチのことを書いたところ、ホンジュラスで育てているのかと日本から質問を受けた。そして今日はそれがいわゆるライトといわれるものに間違いがないかを確認すべくデジカメをもっていつもフルーツの差し入れをしてくれる電話の客の住む農園を訪ねてみた。確かライチの記事を書いたのは11月だか12月のことだったので、この時期ははたして実が手に入るかどうか。
訪ねてみると家族で作業中だったが、ライチのことを尋ねたのだが、スペイン語では何と言うのかわからず、いろいろ身振り手振りで説明したら農園の中を案内してくれた。ただ、あいにくこちらの説明が悪かったのか連れてこられたのはライチとは別の果実のなる木だった。スペイン語でなんというのか確認してから出直したほうがよさそうだ。
それにしても突然訪ねたにもかかわらず、こころよくライチ探しに付き合ってくれたうえ、帰りにはお土産にいろんなフルーツを持たせてくれた。今のところ泊り客もなく、ひとりきりなので、そんなにたくさんはいらないとことわったが、農園で味見させてもらったライムは絶品だった。非常に甘みがある。
これなら砂糖を入れなくても自然な甘さのレモネードがつくれそうだ。
もらったものの中んはマンゴーもあった。例年ならそろそろマンゴーは終わりの時期なのだが、今年はどうやら時期が大幅にずれて、今がちょうど食べごろのものが多い。マンゴーに関しては隣近所の木にいくらでも実っていて嫌というほどもらえるので、断ろうとおもったが、せっかくなので、もらって帰った。食べきれずに無駄に捨てることのないようにしたいが、こればかりはどうにも難しそうだ。こちらに戻ってすでにいくつも食べていてそろそろ飽きつつある。泊り客でもいたらきっと喜んで食べてくれるのだろうが、無題にしないためにも極力もらわないようにしなければならない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

自炊

オモアについてから数日は食材がそろっていなかったこともあって外食続きだったが、昨日からようやく自炊生活に戻った。
日本滞在中は自分で料理することはほとんどなく、日本をでてからここまでは外食はそれほどしてないが、居候の身でキッチンに立つことがなかったので、久しぶりに包丁をにぎることになった。
昨晩は鯵を仕入れて刺身、今日は漬け丼をメインにしてほかにてんぷらなども用意した。日本のおいしい米のご飯に舌が慣れてしまったせいか、ご飯に関しては少々不満があるが、これもしばらくすれば慣れるだろう。
一方ネットは昨晩から今朝まで普通だった。またプロバイダとの不毛な交渉がはじまるのかと少しばかり鬱な気持ちになりながらも、それでも大事な収入源を提供してくれるサービスなのでどうか安定した接続をと願うばかりだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

計画変更

今日も朝から銀行に行くが、電力会社とのシステムはダウンしたままで支払いができなかった。プエルトコルテスへ買い物に行くことも考えているので、オモア以外の銀行なら支払えるのかと尋ねると電力会社側に問題があり、どこへいっても支払えないという。それでも気になって午後もう一度銀行に行くとようやくシステムが復活したようで、無事支払いを済ませることができた。4ヶ月、防犯用にとラジオだけ点けておいておいたのと、ホンジュラスに住む日本人の知り合いが月に数日様子を見にきてくれたときに利用した分だけだったので、合わせて39レンピーラ=約2米ドルほどの支払いで済んだ。
一方国際電話サービスをより充実させようと、お客により快適に利用してもらうため、虫よけのため網で囲む計画をたて、設置費用を見積もってもらっていたのだが、こちらは客スペース以外にも設置場所を広げ、さらにまだ土のままになっている一部屋根の下をコンクリートにしてもらう費用も合わせて計算してもらったら、かなりの金額になってしまった。材料費は値上がりしているから仕方のないことではあるのかもしれないが、予想していた額よりもかなりかけ離れている。このまま依頼するのはちょっと難しいので、しばらく時間をかけて計画を練り直そうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

気がかりなこと

日本にいるときから気になっていたこと。はたしてオモアに戻ったときに電気が通じているかどうか。
3ヶ月以上不在になっているため、毎月の電気代の支払いは保留のまま。普通なら電気が止められたところで、支払いをしたあとにはすぐに復活するとかんがえられるのだろうが、実は電気支払いの名義は何代か前のこの家の持ち主の名義のままなのだ。というのも以前は滞在査証のない外国人でも電力会社と手続きをとれたのだが、現在は不可。継続中で、支払いも滞っていなければ何の問題もないのだが、今一度切られたら、近所のだれかに名義を借り、手続きをしなければならない。
幸い、帰ってみるとこうしてネットも使えるし、扇風機も回していられる。ほっとして、月曜日の今日は滞留している電気代を支払いに朝一番で銀行へいったのだが、ここでまた問題が、、、
今日は問題が発生していて電気代のオンライン処理ができないといわれる。今日明日で支払いがないことを理由に電気が切られることはないと思いたいが、少々気がかりだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

不在中の変化

昨日もどって、早朝から部屋の掃除と庭の草刈り。
体がまだ湿度や暑さに慣れていないので、無理はしないようにしている。ちょっとずつ、こまめに水分をとりながら、、、
片付けていた表札(?)もふたたび庭に置き、入り口付近はきれいに掃いて国際電話サービスの案内も表示する。
ところで留守中に近所の様子が少し変わった。となりの木造、というより柱をベニヤで囲んだ簡単な家に住んでいた隣の子沢山の家屋がブロックの家になっている。表はブロックむき出しだが、ずいぶんと立派な家に様変わりしている。
それからその家との境にある生活廃水や雨水が流れるいわゆるドブ川がしっかりとしたブロックで囲まれて作られている。
我が家の排水はそのチューブがこのブロックで囲まれた溝の中につながっていないのだが、これはあとでチューブを延ばし、穴をあけてつなげばいいんだと近所に住むビクトルに言われた。その溝までが我が家の敷地だと考えられるので、風情はなくなったが、土地は広がったことになる。
ほかにも変化はあるのだが、それは今後おいおい書いていこうと思っている。
それにしても暑い。草刈り、掃除と少し作業しては水シャワーを浴び、まさ作業。夕方まで4回か5回、シャワーを浴びただろうか。食材もまだ揃えていないので、昨日と今日は外食。といってもコメドールでの食事だが、久しぶりのタハーダがおいしい。
明日からは自炊中心にする予定だが、炎天下での作業次第では面倒になってまた外食になるかもしれない。
それとできるだけあちこち顔を見せて帰ってきたことを知らせ、電話サービスを利用しに来てもらう必要もある。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

戻ってきました

ようやくオモアに戻ってきた。グアテマラでの査証申請手続きがまだあるので、3週間ほどしたら再び出国なのだが、とりあえず、自宅である。オモアの宿「エル・パライソ・デ・オモア」に帰ってきた。
早朝グアテマラシティ発の直行便バスを利用したが、今回は途中大規模な道路拡張工事のためとにかく時間がかかった。そしてどうやらこのルートのグアテマラ側国境手続きでスタンプがなくなったようなのだ。これで国境越えによる査証延長は不可能になったようだ。ただ今回は乗客が多く、詳細を聞けなかったのでひょっとしたら出国スタンプがなくなっただけで、入国時はスタンプがもらえる可能性はまだある。それは3週間後にグアテマラに行くときにわかるだろう。
それにしてもこれからしばらくは掃除と草刈りの日々を送ることになりそう。やることがあるっていうのはいいことなんだろうが、すぐにでもはじめたかった畑作りは後回しにしなければならない。
兎にも角にも商売として宿と国際電話サービスがはじめられるようにすることが先決で、どうにか明日中に準備を終えたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

まずはアンティグア

7日に日本を離れ、メキシコシティのサンフェルナンド館に二泊。そのあと、長距離バスで25時間かけ、今日の午後グアテマラのアンティグアに無事到着。荷を解き、ここで一週間ほど滞在予定。
今回はグアテマラで一時滞在査証の手続きをする。中米は昨年から有効になった経済協定のため、隣国へ移動しても国境でスタンプがもらえず、再入国によってあらたに滞在日数をもらえなくなってしまったため、イミグレでもめることがある。
現在のところホンジュラスとグアテマラの国境ではグアテマラ側でスタンプを押してくれるため、それを楯に滞在期間が改たまったことを主張できるわけだが、ホンジュラス側のイミグレ職員はこちらの顔を覚えているためか、それは違法だと袖の下を暗に求めてくる。これが煩わしいので、堂々と90日以上の滞在権利を得るため一時滞在査証申請をすることにしたのだ。
なぜホンジュラスでやらないかといえば、手続きは首都のテグシガルパでしかできず、友人・知人もなく、手続きのためだけ交通費や宿泊費をかけて行くのもバカらしいからだ。
手続きに必要な書類のうち、無犯罪証明書は日本で事前に用意してきたので、明日はグアテマラの外務省でその裏書きをしてもらいに行く予定だ。この一週間で必要な書類を整え、それらすべてが受領された時点でホンジュラスに帰ることにしている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

営業再開

今年の日本での出稼ぎも一昨日終え、今日、日本を出発します。
メキシコから陸路グアテマラ経由でオモアに戻ります。
営業再開は6月下旬を予定しています。
ブログについてもまもなく再開予定です。ふたたびオモアから「カリブな生活」を発信していきます。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。