2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

寝坊

久々に寝坊した。昨日から工事がはじまり、多少作業を手伝ったためだろうか。寝たのも早かったから普段なら朝6時前には自然に目が覚めるはずなのに、今朝は大工たちの声で目が覚めた。幸い、泊り客のヒロ君は9時過ぎまで起きなかったから、朝食の準備ということでは問題なかった。
今日も作業は順調に進み、途中にわか雨があったりしたが、屋根の下での工事なのでなんら問題なく、むしろ暑さをやわらげてくれて助かるくらいだった。
夕食には久々に鰆を買ってきた。刺身とユッケ、それに中骨とカマの塩焼きを作り、ほかに野菜でてんぷらを用意した。これまた久々に客に出す料理だったが、手際よく作り、出来栄えもなかなかで好評だった。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

週働二日

今日から1週間ほど工事が続く。規模は小さめなのでこれくらいで終わる。しかも今回は屋根のある下での作業なので、雨が降っても一応は仕事ができる。
ところでイタリア人がやっているケーキ屋だが、これがとうとうすごいことなっている。以前はおいしいパンを食べるために休業日以外は毎日通っていたのだが、日本に帰っている間にみるみる営業日が減り、オープン当初週休一日だった休みがついに週のうち5日を休み、土日だけの営業になってしまった。週休二日ではなく週働二日なのだ。これでは宿泊客がいるときの朝食のプランが大きくかわってしまう。
実は今日夕方になってひとり宿泊客が訪れた。今日来たヒロ君はメキシコ、グアテマラをそれぞれ40日ほど回って、これから南米に下って行こうと思っているようだ。毎回そうだが、工事をやっているときになぜか宿泊客が来る。部屋は空いているので問題ないが、昨日子供らに汚された居間がそのままだったので、ヒロ君がビーチにいっている間に掃除をした。昼食が遅かったということで今晩の夕食はいらないというので、こちらも疲れていたため軽い外食にしてしまうことにした。ちょうど食事に出ようかというときヒロ君も散歩に行くというので、もし小腹が空いていたらと誘って近所のコメドールにバレヤーダを食べに行く。気がつけば5ヶ月ぶりのバレヤーダだった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり、、、

昨日招待を受けた昼食だが、やはりよっぱらいの戯言、呼びにこなかった。そんなことだろうと思っていたが、ちょっとだけ期待していた分残念。
そのかわりというわけではないのだろうが、近所の「ガキ」どもの来襲をうけた。最初は適当に返事をして家には入れないようにしようと思ったのだが、どんどん戸は叩くわ、人の名前を連呼してうるさいので、中に入れてしまった。
そしてそれが間違いだったとすぐに気がついた。でももう遅い。部屋をあっちへ行ったりこっちへ来たり、ハンモックに3人、4人と乗ってみたりと縦横無尽に駆け回る。いい加減出て行くように言ってもいうことを聞かない。昼過ぎまで正味1時間半から2時間暴れまわっていた。
あとはせっかく掃除した居間は彼らの足跡やら靴についていた砂やらが残っている始末。余計な仕事を増やしてくれた。
といっても明日からの工事でまた砂埃は舞うことだろうし、工事終了後にはしっかり掃除もするので、今回ばかりは多目にみるしかないだろう。ただ今後はどんなに外でさわがれてもこの連中だけは入れないようにしたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

よっぱらいの招待

土曜日なので朝から買い物。野菜など買い込み朝食をとってから銀行に。混んでいる。月末だからだろうか。電気代の支払いだったらすぐ引き返すのだが、工事費用を用意しなくてはいけないので、帰るわけにもかず久しぶりに30分以上並んだ。TCにしろドルの現金にしろ両替は一人一日200ドルまでというのは変わっていないので、今回の工事は1週間ほど通わなくてはならない。そして今日は手持ちの金を合わせて月曜日からはじまる工事の材料を買うための費用として棟梁に渡した。
一方電話サービスはまだ日本から戻ってきたことが近所にしかしられていないので、今日もご近所さんだけの商売。グアテマラの査証取得手続きで来月も1週間ほど留守にしなければならないから、本格的な宣伝はそれ以降に先延ばしにするしかないだろう。しかし今日はほとんど商売にならなかった。かけには来たのだが、相手方が留守番電話だったり、クレジットが支払われていないのか一時使えないというオペレーターの案内ばかり。
夜きたお隣りさんはすっかり酒を飲んですっかり気分よく登場。つながらなかったり、留守電だったりで家族、友達含め何人かに電話してみたがどれもだめ。その合間に雑談などしていたら、「いつだったかお前がいないときにきたら、別の日本人がいたんだが、顔をみて閉められた」っていう。きっとカズ君とカヨちゃんがいたときなんだろうが、こんな調子でよっぱらってきたら初対面だったら誰だって怪しんで相手にはしないだろう。「きっと泥棒だと思ったんだ」というけど、「そうじゃなくてよっぱらっていたからじゃないの」と言おうかと思ってやめた。
通常アメリカへ電話をして話ができない場合はお金はもらっていない。今日もそうだったのだが、この二人あちこち電話かけてもらって迷惑かけたといってコーラを買ってきてくれた。そして一人で飲むのも悪いので中ビンを3人で等分してのんでいたら、明日の昼食にまで招待されてしまった。いい魚が手に入ったからセビーチェを作るんで一緒に食べようということだ。明日も特に用事があるわけではないし、すぐ裏での食事なので、招待を受けることにしたが、この酔っ払いのふたり、果たしてこの約束を明日覚えているかどうか。不安はあるが、セビーチェは楽しみだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

今年もやります

今年の工事が始まる。今日は棟梁と話をした。2週間前、グアテマラから戻ったら決めるといっていた見積もり。提示額より少し値切った。
は大工の手を借りなくてもできるところは結構あるので、懐具合が厳しいからできることは自分でやるからと、材料費だけでなく手数料も安くならないかと交渉した結果納得いくところまで値が下がった。この工事が済めばいくらか虫に悩まされることが減るだろう。とにかく作業は来週月曜日から始まる。そのため今日、明日と銀行に通い材料費を用意しなくてはならない。
あいかわらず一日の両替限度額は200ドルまでだが、手持ちのレンピーラもいくらかあるので、当座の材料費は準備できる。明日午後その一部を支払い準備に入ってもらう。
今回は屋根の下での工事がほとんどなので、強い日差しや雨のため作業が遅れることもないだろう。さてどんなことになるか、その様子は以前同様HPで案内するつもりだ。一年ぶりの工事。期間はこれまでよりずいぶん短いがなんだかワクワクしている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

一瞬目の前が

3日ほどで戻るといって出て2週間。ようやくオモアにもどってきた。正直今日はグアテマラシティからの直行バスに乗れるかどうかヒヤヒヤした。
4時半にアンティグアを出るつもりが10分ちょっともたつき、グアテマラシティ行きのバスを待つがなかなか来ない。ようやく来たバスに乗り込んだのが5時直前。この時間はまだ渋滞がないとはいえ、グアテマラシティのメルカードで荷の積み下ろしもあったりして、6時グアテマラシティ発のバスには乗れないだろうとあきらめかけたが、どうにか6時前にバスターミナル近くに到着。そこから早足でターミナルに行くとまだバスはいて、荷物を積んでいる最中。間に合った。
そしてバスにのったらすぐに熟睡。その後もうとうとしながら国境あたりでようやく意識がはっきりしてきた。いつになく順調で、午後1時前にはオモアに到着してしまった。
そして家をみて予想していたとはいえ、雑草の伸びようにしばし沈黙。明日からふたたび草刈りの日々になることは間違いない。メールのチェックを終え、アンティグアにも連絡をとってみると、イミグレから書類が届いているという。書類が足りないという内容。一瞬目の前が暗くなりかけたが、よくよく聞いてみると、イミグレーションオフィスですでにもらっていた書類の内容と一緒。それこそこのために滞在が延びたものなので、また同じ内容で呼び出しがあるとは思えない。ようするにこちらはイミグレーションオフィスに足を運んでいたので、すでに知っていた書類のコピーが今日になってようやく届いたということ。なんとも驚かせてくれるが、とにかくこの件に関しては出頭の必要はない。
それにしてもアンティグアとうってかわりここは蒸し暑い。そして水シャワーが気持ちいい。早速草刈りはするつもりだが、このギャップに身体がついていけないかもしれないので、明日は無理せず軽い作業にとどめておくつもりだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

祝開店、そして帰国準備

友人がアンティグアで日本食レストランを開店した。今日はその開店初日。食べにいった。この場所は以前も日本食レストランではあったが、オーナーが替わり、店の名前も「KABUKI(歌舞伎)」と変更した。内装も変えた。水周りもいじり、以前はひとつしかなかったトイレも2つに増やし使いやすくなっている。
メニューもいろいろだが、うれしいのはその値段。ずいぶんとリーゾナブルでこれならバックパッカーでもたまには奮発して食べに行こうかという設定になっている。オーナー本人もバックパッカーだったからだろう。
今日のところはまだ初日とあって、オーナーもキッチンも給仕もてんてこ舞いで多少待たされはしたが、これはいずれ慣れてくれば問題ないだろう。貧乏旅行者にも人気のレストランになっていくことだろう。
しかし長い今回は長い滞在になってしまった。明日はあの暑いオモアに戻ることになるが、このアンティグアを早朝5時前には出なくてはならない。今から荷造りするが、ぐうたらしていまった今の状態で朝起きれるだろうか?ひょっとしたら明日もアンティグアから「カリブな生活」を送るようなことにはならないようにしなければ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

終わった

今日ようやく書類が受領された。これでホンジュラスに戻れる。長かった。3日ほどの滞在予定が2週間。庭の雑草も伸びてしまっただろう。
今回の手続きに関して細かく情報を残しておこうと思うがそれはまた後日案内するとして、気になるのは次回の訪問。イミグレーションの窓口では3週間後に来るように言われた。聞くところによれば、3週間といわれても実際に訪ねたら書類の不備があったとか、イミグレーション内で必要な上司のサインがないなどの理由で出直すことになることがあるという。今回の場合は審査管の紹介した弁護士が最後に書類を作成しているわけだから3週間後になって書類に不備があったとはならないだろうが、上司のサインがないために書類が戻ってこないと門前払いになることだけは避けたい。
電話で問い合わせても答えてはもらえないそうなので、少し様子をみて1ヶ月後に来ようかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

良心的?

イミグレーションオフィスの審査管を努める弁護士から紹介された別の弁護士とアンティグアで会った。彼はグアテマラシティに住んでいるのだが、今日はたまたまアンティグアの裁判所に出向く用事があり、そのあと会うことができた。
そしてこの一週間問題だった書類がようやく準備できることになった。この書類をもって明日イミグレーションオフィスを訪ねれば申請手続きはきっと終わるはず。これが他の弁護士ならひょっとしたらほかに問題点をつつかれることもあるかと思うが、まさか自分で紹介した弁護士に作らせた書類に対しNOとは言わないだろう、、、と期待している。
しかし今回は相当な料金を請求されるかと思っていたが、実際には予想していた半分ですんだ。もちろん通常の料金よりは若干高くはあったが、これくらいなら良心的だ。明日の結果をみてみないとなんともいえないが、どうやらこれで「カリブな生活」に戻る目処がついた。
一方、校正作業は今一歩頑張らないといけない。このところこの手続きの問題で気持ちが落ち着かないところもあったが、これで少し落ち着いたところで一気に作業を進めたいと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ネットってすごい

昨日も書いた翻訳の手伝いだが、ただ文字を追って訳したものだと内容がわからないところがけっこうある。専門用語であったり固有名詞であったら、その分野の知識がないととうてい意味不明な訳になることがある。
今回はエルサルバドルの遺跡に関するものなのでほかに手元にある考古学の本などをみながらいろいろと訳を当てはめてみている。それでも手元の資料だけではわからないところがあって、そんなときはネットで該当する単語をスペイン語や英語、日本語などいろいろ変えて検索してみる。そしてそれがすごい。
こんなものはきっと見つからないだろうというような単語でもけっこうひっかる。研究者の名前からその実績もわかる。もちろん名前の場合同姓同名もあるし、その人物の研究内容とは違うこともあるが、キーワードを増やしたり削ったりしてみると最終的にはその人物にたどりつける。おかげで辞書だけをたよりに訳していたらとんでもなく時間がかかるか、あるいは誤訳してしまいかねないところもきちんと訳すことができている。
またスペイン語の文章は学術的な文章であっても修飾語や説明を重ねて一文が長く、言いたい内容がつかめないこともあるのだが、ネットで探してそうしたものに関してすでに日本語で説明があるものを読んで、大まかに内容を把握してからみるとすんなり訳がでてくるところもある。
そうはいってもまだまだ作業は残っていて、明後日には査証手続きが終わる(というより終わってほしいのだが)までにはたして完了するかどうか。今日このあとも作業を続けてどうにか目処をつけたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

お手伝い

何もすることがなく、本を読んで待機しているだけでは退屈なので、ここ数日世話になっている友人がしている翻訳の手伝いを少しだけやっている。といっても翻訳そのものをしている訳ではなく、スペイン語から日本語に訳されたものを日本語の文章として校正しているだけ。
しかしこれがけっこう手ごわい表現もあってなかなかの頭の体操にはなる。内容もエルサルバドルの遺跡についてのものなので興味深いということもある。
エルサルバドルには世界遺産に認定された遺跡がいくつかあるのだが、まだ訪ねたことはない。ただ訪ねたことのある別の友人によれば世界でもまれにみるしょぼい世界遺産だとは聞かされていたのできっとそうなのだろうと思っていた。ところがこうして翻訳中の内容を読んでいくとなかなかどうして事前情報があれば訪ねてみたいと思わせるところがある。
オモアにある砦もきっと事前にある程度情報がなければ感動がないと思うので、これもきっと同じことなのだろう。久しく砦にも入っていないので、今回の査証手続きが一段落したら砦の資料をもらって泊まり客への案内用の資料くらいは作っておいてもいいかと考えている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

いつ帰る???

さて、今日弁護士と連絡をとり週明け月曜日に会うことになった。グアテマラシティに行くつもりだったが、イミグレションオフィスの審査管を務める弁護士に紹介された弁護士は用事でアンティグアに来るからそのときここで会おうという。不安なのはこの間一切費用の話がでていないこと。
たかだか一枚の書類に弁護士のサインをもらうだけなのだが、さていくら請求されるだろう。もっとも審査管から紹介されたのだから、ここで作成された書類に対してダメ出しはないだろう。
どちらにせよ今日もこの電話のやり取り以外の用事はなく、無為な一日を過ごしている。ただここには日本語の本が数多くあることはありがたい。今回は新たに読み始めたものがないのだが、以前読んだものを数冊読み返している。そして明日、明後日も特にすることはない。書類が受理されたらすぐにホンジュラスに戻るつもりではあるが、週明け25日は友人が日本食レストランをここアンティグアに開くので、その開店日まではこの際滞在しようかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

みえてきた

今日もグアテマラシティのイミグレーションオフィスへ。今回はまず書類は受理されることはないと分かって訪ねた。一昨日の電話のやりとり(?)で詳細を説明してもらえず、電話もできない状況だったので、とにかく顔つなぎのための訪問だからだ。
しかし当人にあってみるとすこぶる機嫌がよい。必要な書類を保証人に確認してもらうため電話で話を聞きたいことを伝えると、いつでも電話したらよいといわれるし、あの電話での発言はいったいなんだったのか?今日もまた疑問ばかりではあったが、とにかく機嫌がよいうちに相手の意図を聞いておかなくてはと、アンティグアに戻り確認した。この電話でのやりとりはいたってスムーズでどうやら相手の意図もみえてきた。
弁護士の申し出に対する返事の即答は避け、明日連絡することにしたが、おそらく今回の申し出に対する対応を間違えなければ来週には書類が受理されるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

どんどん鈍る

さて、グアテマラに来て7日目。今日もほとんどどこにも出ず、身体を動かす作業もなし。
一週間前まで毎日草刈りに明け暮れていた間は空しさを感じることもあったが、こうして身体が鈍っていくのを感じてくると汗をかきながらの作業が懐かしい。
今日用意した書類を明日またイミグレーションにもっていくが、この書類だけでは審査は通らないだろう。ただ、次にどうすべきかを確認するにはこの書類をみたもらわねばならない。早いところ「カリブな生活」に戻りたいところだが、とりあえずは明日どんな反応があるか楽しみつつグアテマラシティに行こうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

訳わからず

行ってきましたイミグレーション。そして今日も書類は受理されず。一体どういうことなのか???
そしてなぜかイミグレーションの審査官である弁護士の名刺をこっそり渡され、というよりその弁護士は名刺を渡したあと、とにかくすぐ仕舞えと言って、すぐ話題を変えてしまった。これは何かあるなと思ったのと、これ以上もう話すことはないというその弁護士の様子からイミグレーションを退散し、保証人を依頼しているグアテマラ人の友人からもらった名刺の番号に電話してもらうと相手にしてもらえない。申請者本人である自分に変われともいわれなかった。その上、最後にはもう電話してくるなと言われる始末。訳がわからない。
とりあえず今日弁護士からもらったメモ書きにあるものを用意して明後日あらためてイミグレーションを訪れるしかなさそうだ。今日手続きが終わることを期待していたのでショックはあるが、こうなったら腹をくくり、じっくり手続きをすすめるしかなさそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

一歩の出ず

今日は宿泊先から一歩も出なかった。明日グアテマラシティのイミグレに持っていく書類を会計士に用意してもらうため訪ねる予定でいたのだが、それはありがたいことに向こうが持ってきてくれた。それなら銀行くらいは行って改修工事に必要なチェックを用意しようかとは思ったのだが、明日イミグレから帰ってきてからでもよいかと思ってやめてしまった。
結論からいうと銀行行きをやめたのはどうやら正解のようで、月中の今日は給料日でどこの銀行も大変な行列だったそうだ。そんな中手間のかかるT/Cの発行をしにいったらとんでもないことになっていただろう。
ただつい一週間前は毎朝草刈りをし、掃除をし、標高0mの暑い日差しの中を買い物にいっていたことを思うとそのギャップに驚いてしまう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

宿泊拒否

人の家に世話になっている今は草刈りも掃除もなく基本的にブラブラと過ごすだけ。土日でも手続きができるのならあれこれ動きまわるのだけれど、どうしようもない。
そしてそんな手持ち無沙汰な今日、宿への予約があった。しかもそれは明日月曜日。査証手続きをほおっては帰れないので、今回は宿泊を断るしかない。
早速断りのメールを送った。ただ、その返事を見てもらえているかが不安。旅行中にネットカフェから送信しているはずで、そこから送っていつ返事がくるともわからないのに待機していることはないだろう。割合すぐに返事したはずなのだが、ちゃんと見ていてくれるだろうか。
まあ今回もなんだかタイミングがずれている。これも本厄だからなのか。そうやって周囲にはいい訳、説明している。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

休息?

特に今日はやるべき作業はなし。週明けに会計士に書類を用意してもらう必要があるが、これは明日連絡すればよいことなので、午前中は本を読んだり、ネットをチェックしたりして、のんびりした時間を過ごした。午後も特に用事があるわけではなかったので、夜飲む段取りをしに友人のサトウ君が営むアクセサリー店に顔を出した。
ちょうど訪ねたとき、パチンコで野鳥を打ち落とし、その嘴でアクセサリーを作ってほしいと客?なのか友人?なのかが来ていて、処理できるかどうか思案中だった。結局は自信がなく断ったようだが、パチンコで木に停まっている野鳥を落とすなんてことができることことに驚かされた。確かに目もいいのだろう。
アンティグアはなにかイベントをやっているようで、中央公園のあたりは仮設テントが並び、市庁舎のある一角には本屋が本を並べ、パレードなどもでてにぎやかだったが、特に興味もなかったので、宿泊先で遅い午睡をとって夜の飲み会に備えた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

思うようにはね、、、

今回グアテマラ入りしたもうひとつの大事な目的、査証申請の書類を届けにいった。今回持っていった書類を提出すれば正式な手続きに入り滞在期間を気にせずホンジュラスに行く、、、つもりだったが、そう思うようにはいかなかった。書類の不備はなかったが、書類の内容に一部問題があり、それを審査担当者に説明しなければならないことに。しかもその外部から来る審査管は火曜日と木曜日にしか来ない、つまり週明けを待たなければならなくなった。
離れてしまった電話サービスの顧客を取り戻すには早くオモアに戻りたかったがこればかりはどうしょうもない。しかしこのあとの改修工事などのために必要な費用を用意するのは今日でなくてもよいことになり、時間的な余裕は充分確保できた。
実は誕生日の今日、書類が受理され申請手続きに入り、目出度くお祝いといけばよいとの目論見は無残にも崩れ、この「13日の金曜日」は本厄入りの初日となってしまった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

さてどうだったか

7時を少しまわっていつものようにグアテマラシティへの直行便バスがオモアを通過しようとするのを停めて乗り込む。国境の町コリントへは30分ちょっとで着く。ここではスタンプもなく、とくに出国の手続きというものはないのだが、一応イミグレでパスポートを見せる。バス乗務員はこのコリントで朝食をとるので、正味一時間ほど滞在して、ここから15kmほど離れたグアテマラ側のイミグレに向かう。
そしてここで昨日の記事に書いたように今回のグアテマラ入りの際にスタンプを押してもらえるかどうかという大事な確認作業をした。
結果からいうとスタンプは存在した。ただ以前は押すのが基本だったが、現在は押さないのが基本になっていた。ただ「スタンプは押さないのか?」と確認すると「押してほしいのか?」と返事がある。係員側にしてみれば押しても押さなくてもよいようだ。いずれここのスタンプはなくなる可能性の高いように思うは今しばらくはコリント側国境を利用すればグアテマラの査証延長は可能ということだ。
ゼン君が出国の際に利用したコパン側の国境ではスタンプがなかったということなので、あとはアグアカリエンテ側の国境ではどうかということが残っているが、少なくともオモアに来る日本人には利用する人はまずいないだろう。グアテマラ滞在中の旅行者が査証を延長しようとおもったら、メキシコやベリースに行ってくる以外にホンジュラスにコパンからホンジュラスに入りコリントからグアテマラに出る、もしくは単純にコリント国境から入って出るという方法は今現在は可能ということだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

明日の課題

今朝一番で出発予定だったゼン君は結局昼過ぎまで滞在してウティラに向けて旅立った。といっても今晩はサンペドロスーラ泊まり。ウティラは物価が高いので、今日サンペドロスーラで最低限必要なものをそろえて明日それらを持っていくということにしたようだ。
ところで、今日グアテマラ入りは明日に延期したが、課題がひとつ。今回ゼン君がコリントの国境からホンジュラス入りした際、グアテマラ側では出国のスタンプが押されていた。ということは明日のグアテマラ入国の際には入国スタンプが押される可能性があるということだ。もし、そうなら先回のグアテマラ出国時にスタンプがもう廃止された思ったのは間違いということになる。長期滞在者の査証更新の手段のひとつとして重要な意味をもつので、イミグレーションオフィスではしっかり確認してこようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

今日は停電

今日は朝から昼過ぎまで停電。ネットがつながりがよいと思うと停電という以前からよくあったことだが、久しぶりのこのパターンに懐かしさすら覚えてしまった。
ゼン君と話していて司馬遼太郎の話になったので、この宿でも彼の単行本はけっこうあるので、みせると結局一日どこにも出かけずひたすら読書していた。のんびり一日過ごすという目的は達しただろうが、砦も見にいかず、滝を見にいくでもなく、宿にひきこもったままというのもどんなもんだろうとちょっと思わないでもなかった。ただ明日からはダイビングのインストラクターといして忙しくなるようだからまあそんな一日があってもいいのかもしれない。
夕食はリクエストに応えてカツオのたたき。なすの生姜焼きを添えた。食後はまだ中米に来てロン(ラム)を飲んだことがないというので、ココナッツで割ったカクテルを勧めた。つまみはもちろんバナナチップで。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

宿泊客

ホンジュラスに戻って二週間が過ぎた。いつものように草刈りやら掃除やらしてして午前中を過ごし、午後少し休んでいたら、ドアをノックする音がする。こんな時間に電話をかけにくる客はめずらしいなぁと思って、部屋から出てくるとそこには日本人がいた。
庭先の看板を見ましたといってきたのは、このあとウティラ島でダイビングのインストラクターを2ヶ月ほどするというゼン君で、荷物はビーチ沿いの別の宿に預けてきたという。預けた先のオーナーは知り合いのアメリカ人だったので、話をしてこちらに移ることになった。
日本から戻ってきて最初の宿泊客。二日後にはグアテマラに行く予定だったので、冷凍庫にはストックの魚がなかったので、すぐ向かいに買出しに行きシエラを調達。日本食はしばらく食べていないという。今晩は刺身にユッケ、ユッケの皮のから揚げとかき揚げに潮汁という定番メニューに久々にビールを添えて談笑しながらの夕食になった。
明日一日のんびりして、明後日ウティラに行くという。なんでもすでにダイビングの予約も入っているそうなので、行ったらすぐ仕事なのだそうだ。ただ明後日にグアテマラに行く予定だったこちらの都合は一日延期することになりそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

待つのも慣れた?

オモアに戻って最初の一週間はネットの調子もよかったが、二週目になって2度も12時間以上つながらない日があった。そうなると以前ならプロバイダに電話をかけてどうなってるんだと問い質していたが、今回はもうそういうこともせず、ただ待つことにした。電話をしてもしなくても結局は同じだと気づいたことと、もうとにかく待つしかないんだという悟った気分がある上、掃除や草刈りなどまだまだやることがあるから時間をもてあますこともないからだ。
ただ不通になったときもオモアに建つ中継の鉄塔との通信状態だけは確認するようにしている。もし鉄塔にあるアンテナとのやり取りが出来ていない場合は宿に設置してあるアンテナの故障ということも考えられるからだ。宿のアンテナに問題がないときはとにかく待つ。これをこれからの方針とすることにした。
ところで焚き火は今日も上手くできた。これでようやく庭も見られるようになったように思う。来週はまた数日オモアを離れグアテマラに行くが、その間は草刈りしなくてもそう大変な事態にはならないだろう。どうにかこの二週間で宿も電話サービスも客の受け入れ態勢が整ったといえるだろう。グアテマラから戻ったらいよいよ宿をオープンして4年目になる。工事や畑作りのためのお金も用意してあらたな「カリブな生活」がはじまることになるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

今日の出来ばえは、、、

久しぶりにココナッツカレーを作る。はっきりいって出来栄えは今ひとつ。疲れてココナッツミルクの量が少なかったのがよくなかったのだろう。
というのも、今日はココナッツの調達からはじまったからだ。庭のココナッツの木の周辺はまだほとんど草刈りをしていなかったため、まずはその草刈りからはじまったのだが、やりはじめたら本末転倒になり、予定の範囲以上に以上に作業をしてしまった。これで体力を消耗。最後にココナッツの実を4つほど取り、まずはひとつめ。ここ数日の草刈りでつかい続けたマチェテ(山刀)の切れ味は悪く、実を割るまでにこれまた体力を消耗。しかもココナッツミルクを取り出すには若すぎた。これは「ココ刺身」用ということで別にとりわけ、さらにもうひとつの実を割る。ココナッツミルクに必要な実は手にはいったのだが、これを掏っているときはほとんど腕に力がない。
結局いつもの半分くらいで妥協してあとは鍋で暖めてミルクをしぼりだした。これを野菜を煮込んでおいた中にカレーパウダーと小麦粉に唐辛子を入れて煎ったものを鍋にいれたあとに入れて弱火で煮込んだが、今回はどうも味が薄く感じた。さらに失敗はそう感じていつもより塩を多目にいれてしまった。
出来上がりはいつもより味が薄いうえに少々塩辛い。そのあと多少調整してはみたが、どうも合格点を与えられる仕上がりかどうか微妙なものとなってしまった。一晩寝かせてもう一度調整しようと思うが、それにしても今日は腕が相当つかれてしまったようで、こうして文章をタイプしているのも少しキツイ。まあそんなこんだで食べた夕食だが、カレーとは別に久々のココナッツの刺身は最高に美味しかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

草かぶれ

今日どうにか焚き火がうまくできた。ここ数日たまった雑草もようやく乾燥したようで、しっかり燃えてくれた。
ところで今右腕が猛烈にかゆい。草刈り中に虫に刺された箇所もあるが、それよりは草かぶれだろう。何箇所かみみず腫れのようになっている。
だからといってこの草刈り作業を長袖長ズボンでするのは暑くてキツイ。そうなるとこのかゆみもガマンするしかなさそうだ。かき過ぎてかぶれないようにせいぜい注意することにしよう。
しかし、今日焚き火がうまくいったのはよかった。毎日お湿り程度の夕立はあるのだが、今晩はいつもより強く、長い。明日に延びていたらまた火のつきが悪く乾燥するまでまた数日待たなければならなかっただろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

自制しないと

二日たって刈上げた雑草はずいぶん乾燥してきたが、まだ焚き火するには早いようだ。昨日よりはマシではあったが、やっぱりしばらくすると消えてしまう。
ところで炎天下これほど作業をしていると水分、とくに炭酸飲料が飲みたくなる。日本に帰っていたあいだはまったくビール以外の炭酸飲料は口にしなかったが、ここでは飲み物といったら当たり前といっていいほどコーラがまず浮かんでくる。極力お茶やレモン水を作って飲むようにしているのだが、こう暑いとどんどん消費してしまい、準備が追いつかなくなる。そんなときはついついコーラを買いに行ってしまう。
宿泊客がいない時はほとんど酒も飲まないので、このコーラをはじめとした炭酸飲料の摂取をもう少し抑えられたらより健康的だと思うのだが、なんとか自制しなければと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ

このところよい天気が続く。夜雨が降ることがあるがそれも少しだけ。今朝は日課の草刈りも場所を替え、洗濯場周辺を。排水管探しのためだ。
ここは10時頃までは建物の影になり、日が当たらないので比較的作業も楽。ただ4ヶ月を越える留守の間に伸び放題になっている。それをマチェテ(山刀)と日本から持参した鎌とで刈っていく。途中休んでは水分をとりながらどうにかこうにか下水路までキレイにした。刈った草は積み上げ燃やすつもりだったが、まだ乾燥しきっていないので火をつけても全体を燃やすまではできなかった。
先日焚き火をコツを伝授されてその後何回かやってみたら上手くできて自信を深めていたのだが、火をつけたのが早すぎたのだろう。まだまだ焚き火のプロへの道は遠いということだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

明日からは、、、

次の工事は査証手続きでグアテマラに一度戻ったあとの予定で、それまで見積もりの検討をするつもりだが、その間にもいろいろ問題がでてきた。
まずは下水路だが、キッチンの排水は新しい下水路につながっていない。つながっていないままでもまだその周辺に染み込んでいたためか、さほど問題ではなかったのだが、夕食の支度をしていたら水を流しすぎたためか、染み込むスピードに追いつかずシンクに水があふれてしまった。
しばらく待ったらそれも流れたのだが、今後のことを考えると排水の管をちゃんと下水路に繋ぐ必要がある。ただ問題ははたしてその排水管がどこにあるかなのだ。実はこれは2、3代前のオーナーのした工事で図面がないためにはたしてどこに管があるのかわからない。だいたいの想像はできているのだが、そこは草叢と化していてまずは雑草刈りをしてから土を掘り起こし管をつきとめなければならない。大変だが明日からの仕事はしばらくこの排水管探しになるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

検討中

今朝は朝食後プエルトコルテスへ出かけた。オモアではそろわない食材や生活用品をまとめて調達するためだ。それにしても天気がよすぎた。バスも動いているうちは風が通っていいのだが、止まるとジワっと汗が出る。
そして今日は通常の買い物のほかに家電も見にいった。金銭感覚が日本の感覚を持っているうちに冷蔵庫を買おうと思っていたからだ。といっても今回は下見。新聞の広告でサンペドロスーラにある店の場合は確認していたのだが、コルテスでどれほどで売られているかを知っておきたかった。やはり若干高いが、オモアまでの運送費も考えるとコルテスで買うほうがよさそうだ。2ドアのものとなるとUS$300前後になる。日用品の買い物をする前に4、5軒回って値ごろ感はつかんだ。資金を準備し、次回さらなる値引き交渉をして購入することにしよう。
草刈りは休んだので筋肉痛も和らぐかと思ったが、結局は荷物を背負って結構歩いたのでまだ痛みがある。そんなわけで午後はのんびりハンモックにゆられながら過ごした。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。