2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

草刈り機

裏の現場は今日、片付けと庭掃除の一日。建物は流し込みを終えたコンクリートが固まり屋根の骨組みの材木が届くのを待って次の行程にはいる。
庭もこちらの宿同様下水路がブロックで作られ広くなったところが雑草で覆われているため、この草刈とそのすぐ横にゴミなどをためて燃やしていたが、これをその窪んだところに移動させ穴を埋める作業をした。埋めるといっても広いのでこのゴミだけではどうにもならない。今建築中の建物ができあがると、その建物の前にこれまで住んでいたかなり傷みのある家を壊すので、その瓦礫もいずれ穴埋めに利用するつもりのようだ。
ところで今回の草刈りではある程度刈ったあとで、仕上げに草刈り機をつかった。これが普段仕事で使い、手入れもされているためか、以前ラスがもってきた結局上手く動かずに終わってしまったものと違いよく刈れる。宿の裏の雑草までついでにやってくれた。その早いこと早いこと。宿の裏の雑草はこちらの建築ででた瓦礫の上に生えているもの多くマチェテ(山刀)を使って刈るには難しいところだった。それが調子よくあっという間に終わってしまった。今週手伝った御礼ということなのだろう。庭の表の部分ももう少しやったら仕上げをやってくれるようだ。
しかし今回の作業をみて草刈り機がほしくなったが、その前に何度も書いているように冷蔵庫とミキサーを買い、畑作りをはじめなければならない。
畑づくりは今はまだまだ準備の準備というような段階で種植えは当分先。広くなった土地の穴埋めがこちらでも必要だということも遅れの理由。こうなると雑草処理も一度にできることだし、一度庭をブルトーザかほかの重機で均してもらってからのほうがいいかもしれない。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

手伝っている理由

裏の建築工事を手伝っている理由だが、一つはここでの建築そのものに興味があるということなんだが、ほかに宿の部屋の奥の壁と今建築中の部屋の壁とが接していてその隙間に蟻が巣をつくっているようなので、この機会にてつだいつつ対策もたててしまおうという別の理由がある。
こちらの建築はお金が準備できると、できるところまで作業して次のお金が用意できるまでほおっておくというのが通例。現在裏のアパートは家主が住む一つだけで、その隣り2つのアパートはまだ屋根もなく床もない。そのため蟻たちにとっては恰好の場所となっていて、それが壁を登り宿の屋根に空けた通風用のパイプやブロックの隙間を抜けてときにこちらの部屋にも入ってくる。普段は部屋をチェックしているからいいのだが、しばらく不在にしていたりすると今度はこちらの部屋に巣作りをはじめてしまう。
今回の増築では宿の奥の壁のある側に2本柱を追加していて、その柱の流し込みをする際にコンクリートで蟻たちのルートを塞いでしまい移動できなくできる。それでもそのうち別のルートをつくってこちらにもまた入ってきてしまうのだろうが、こうして少しずつルートをつぶしていくしかない。
今回の増築では2部屋増築し、こちらの客室の部分と接しているところは終わるが、残り1部屋はまた次にお金が送られてきてからということになっている。壁全部が塞がれるまでにはいましばらく時間が必要なようだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

アルバニルとカルピンテーロ

数日前から裏の増築の手伝いをしているが、今日も引き続き手伝い。ここでアルバニルとカルピンテーロの違いをまざまざと思い知らされている。
宿の建築はすべてアルバニルにやってもらい、棟梁はじめ、他のメンバーもそれなりによくやってくれたとこれまでは満足していた。実際他でやってもらってもたいしてかわらなかったとは思う。ただ今裏の建築をやっている家主の息子はカルピンテーロが本業。
基本的にブロック積みが本業のアルバニルに対し、英語で言うカーペンターにあたるカルピンテーロは家具職人。柱や梁、ブロック積みにいたるまでミリ単位のこだわりがあるようで、やたらと細かい。それだけに出来もいいわけで、それに比べるとこちらの宿の場合は無駄があったり、そろってないところがやたら目についてしまう。裏の息子の場合はさらに腕もいいのだろう。細かい割りには手際もよい。セメントや砂利の分量も無駄なく見積もっているようだ。
まぁしかしこればっかりは今更何をいってもはじまらないし、今回の工事は息子だからやっているわけで、普段は家具つくりの仕事があるし、工賃も高いから頼めるものではないが、同じ工賃ならやっぱりアルバニルよりカルピンテーロに頼むほうが仕上がりがいいのは間違いないと思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

家電と報酬

冷蔵庫はまだ買っていない。今週末か来週かプエルトコルテスに買いにいこうと思っている。あとはミキサー。グアテマラで直そうとしたのだが、もともと安いものだったので、直すより買ったほうがいいということになり、これも冷蔵庫と一緒に買って値切ろうかと思っている。
工事も終わり徐々に家電も充実しつつある。今回グアテマラで電熱器を買い、それ以前に電子レンジも買った。ただキッチンのコンセントはアース用の差込口のついたタイプではなかったため、電熱器も電子レンジも使えなかった。それを昨日使えるようにした。そして今日、朝食にもらって凍らせてあったタマルを食べるべくはじめは電熱器で蒸したのだが、食べ始めると中の一部がまだ冷たい。蒸すのに使った鍋はもう洗ってしまっていたので、今度は電子レンジを利用。しっかりあたため、おいしくいただいた。今後は冷凍庫で凝らせた魚も簡単に解凍できるし、いくつかの料理を同時進行でやってついつい目が行き届かず焦がしてしまうなんてことをせず、時間を調整して調理できるだろう。
朝食を終えるといつものとおり、草刈りやら洗濯やらをし、裏の様子もみにいく。裏の工事は午前中は助手とふたりでセメントを流し込む型の準備。午後から流し込みとおもっていたら、こだわりがあるのか、なかなか型の準備が進まず始まったのは夕方から。
まだ日はあったが、二人では大変だろうと2時間ほど手伝った。作業中わずかににわか雨があったが、作業に支障があるほどではなく、無事終了。シャワーを浴び、メールチェックなどしていると工事をしていた裏の息子が手に何かをもって来た。
報酬だといって2リットルのコカコーラとお金を持っている。そんなつもりで手伝ったわけではなかったのでお金は受け取らなかったが、コーラは風呂上りでさっぱりしたいと思ったこともあって受け取った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

毎度毎度の

毎度のことながら今日も草刈り。しばらく不在のあとは洗濯と草刈りからオモアの生活がはじまる。
今回は不在期間が短かったのでそうひどい状態ではなかったが、この際ということでより念入りに作業した。マチェテ(山刀)の刃がない状態だったので、まずは道具屋で金ヤスリをかってきて磨ぐことからはじめたが、なんだか気合が入ってしまい必要以上に時間をかけて磨いだ。おかげでそのあとの作業はいつもと違いスムーズにすすむこと。早くからちゃんと磨いて草刈りしておけばよかったと後悔しつつも切れないマチェテでの作業は結構な運動量になるので、身体を動かすという意味ではよかったのだと言い聞かせることにした。
一方で家の裏では部屋の増築をやっているので草刈りの合間にその様子もみていた。家主の息子が基本的に一人で作業していて、ときどき助手を一人つけるだけ。明日は梁にセメントを流すようなので、助手一人では大変そう。時間があれば手伝ってもよいかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

忘れ物そして寒い

早朝にアンティグアを出る。そしてグアテマラシティに向かう道の途中忘れ物に気づく。もらった大根と根のついた三つ葉。よっぽど引き返そうかと何度も思ったがあきらめた。
そして日曜日だからだろうか。いつもならホンジュラス行きのバスターミナルがあるZona1(第1区)を経由していくはずのバスがそこを経由せず10ブロック以上離れた車庫に直接行ってしまった。仕方なく市内バスに乗ろうかとおもったが、早朝のためかあまり走っていない。どのバスに乗ればよいかもわからなかったので、とりあえずホンジュラス行きのターミナル方面へとぼとぼ歩いた。決して治安がいいとは思えない場所で、日曜の早朝は人気もないので周囲に気を配りつつ足早に歩いているうちにとうとう最後まで歩いてしまった。グアテマラシティまでの道が休日のため空いていたこともあって、時間に余裕があったこともよかった。
今回はもうひとつツイていないと思った。今日乗ったバスは窓の開かないタイプのもの。つまりエアコン付き。デラックスタイプのエアコン付きバスははっきりいって嫌い。これでもかと言うくらい効かせるので寒すぎるからだ。メキシコからグアテマラに移動するときはいつも薄手の毛布を用意しているのだが、今回はもってきていない。寒くて気分が悪くなる。こういうときは乗務員にいってエアコンを止めてもらったらいいのだろうが、過去どのルートでもお願いして分かったと返事をもらっても止めてくれた例がない。できるだけエアコンからの風が当たらないように工夫した。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

水シャワー

晴れてグアテマラの一時滞在査証を取得して今日は終日アンティグア。
知り合いの知り合いが今日からアンティグアのアパートに住んでしばらく生活するということなので、必要な買い物などに付き合うことに。ずいぶん変化のあるアンティグアだが、それでも日用品の買い物などは以前と同じところでほとんどできるので、買い物先の案内役になる。
スペイン語学校に通いはじめたばかりで大家との話もままならないので、リストに箇条書きにした確認事項をひととおりたずねてから買い物にでた。
幸い今日は天気もよく買い物のあとに遅い昼食をとったがこちらもテラスで気持ちよく食べた。料理がなかなかでてこなくて、その間ずいぶん飲んでしまった。その昼食も案内役をしたお礼ということでご馳走になってしまった。食事中話をしていると東京の実家からさほど遠くないところに住んでいることがわかりビックリ。
そして夜はシャワーを浴びて荷造りと思っていたのが、荷造りを先にしてしまい、そのあとシャワーをと浴びだしたら、途中から水圧がなくなり水になってしまった。流石にアンティグアで水シャワーはキツイ。これがオモアならなんてことはないのだが、と思いつつ頭だけ洗ってそそくさと服を着込んだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっと取得

今日も朝からグアテマラシティのイミグレーションオフィスに行った。そして300米ドル相当の現地通過ケツァルを支払い、その領収書とパスポートとを窓口に提出すると控えの紙をもらい、同日午後3時から4時の間に再び来るようにいわれる。
その間はグアテマラシティ近郊に住む知り合いのところを訪ねお昼をご馳走になった。3時までの時間を過ごすにはちょうどいいくらい。ふたたびイミグレへ向かう途中まではショッピングモールに行くというその知り合いに送ってもらい、時間も少し余裕があったので、買い物も付いてまわった。家電なども安かったので、壊れてしまった電機コンロの代わりを買うことにした。壊れたコンロも修理しようかとは思っているが、もう一台あってもいいだろうと買ってしまった。
そしてふたたび訪れたイミグレーションオフィスでは控えの紙を渡すと晴れて2年間の一時滞在許可のスタンプが押されたパスポートを無事受け取ることができた。これで明日にでもオモアに戻ることはできるのだが、あと一日アンティグアのメルカードで買い物などして日曜日にもどろうと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

いよいよ取得

グアテマラシティのイミグレーションオフィスに行ってきた。前回書類を全て提出した際に次回は3週間後と言われ、それより少し余裕をもって訪ねたのが今日。
審査に問題がなければ手続き料を支払って一時滞在査証が手に入るわけだが、もし何か不備があった場合その料金300米ドルをもって首都をうろうろしたくなかったので手ぶらだった。ところが何のことはない。お金さえ支払えばその場で一時査証が受領できるようだ。ただ今日のところはまったく準備をしてこなかったので、明日支払う旨を告げイミグレをあとにした。
とにかく明日いろいろあった査証手続きが終わり、少なくともこの一時査証の有効期間2年間は中米を自由に行き来できるということになる。日本からメキシコを経由してグアテマラ入りしてそろそろ3ヶ月になるので、昨日ホンジュラス側のイミグレでもそろそろ査証が切れるだろうと言われたが、今度はしっかりと明日手に入る査証を見せてやることになる。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ついにスタンプが、、、

ほぼ一ヶ月ぶりのグアテマラ。いつものようにグアテマラシティまでの直行便のバスを利用する。
そしてグアテマラ側のイミグレでもついに出入国のスタンプがなくなった。これでこの国境を出入国して査証の更新をすることはできなくなったということ。今回もグアテマラの滞在査証取得手続きのためにやってきたわけだが、これでこの手続きも無駄ではなくなったようだ。
一方、アンティグアとグアテマラシティのバス代も7ケツァルから8ケツァルに値上がりし、ついにUS$1.00を超えてしまった。このあと最低2度はグアテマラシティとの間を往復しなければならないが、それ以上何か書類の不備などでイミグレションオフィスに足を運ばずに手続きが済むことを祈るのみ。
しかしアンティグアは寒い。というよりオモアが暑いくらいだったので、そのギャップが大きいということだろう。またこちらの環境に慣れた頃にオモアに帰ることになりそうで、ちょっと憂鬱。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

復活温水シャワー

ネットはつながるようになったが、まだ調子がよくない。それでも夜になってどうにかいつもの程度につながるようになってきた様子。
一方シャワーは一日かけて修理。やはりケーブルの一部が焼き切れていた。そこで新しいケーブルを買い、焼き切れた部分を切り取り、新たなケーブルとつなぎ替え作業終了。と早速出してみた。お湯がでる。これで復活かとおもったのだが、しばらくしてシャワーを浴びたトモ君に「お湯じゃなかったですよ」と言われ、再び確認。何が悪いのか。いろいろチェックしてみるとどうやらコンセントの接触がよくないようだ。きちんと接触するように調整してふたたびシャワーを出すと今度は間違いなくお湯。ようやく復活した。
これでようやく安心してグアテマラに行ける。今回はなんとか短い滞在で済ませたいものだが、相手は役所。はたしてどうなることか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

24時間経過

昨晩豪雨と雷のなかネットが使えなくなってから24時間経過した。今日は日曜日。メンテナンスもしなかったのだろう。今夜は使えず、明日も昼頃までは使えないはず。
幸い雨のためか電話をかけに来る客がいないのが救いだが、HPの情報更新も必要なため困っている。この2ヶ月で使えないこともあったが、これだけ長く不通なのは久しぶりだ。おかげで家の片付けはすすんで考えようによってはよいのだが、、、
夕方には近くの広場でコンサートがあるらしいとトモ君が情報をもってきたので一緒に行ってみた。なんのことはない教会主催の催しものだ。そろいの衣装を身に着けた女の子たちが踊っているのみて、学生時代に阿佐ヶ谷あたりでみたオウムを彷彿させるものがあったが、結構沢山人がいるのには驚いた。知った顔もちらほらいて出店にいた知り合いにはタコスをもらった。
しかし結局コンサートらしきものが行われていた時分には宿で食事をしていて、食べ終わった頃にもどるとマイクをもち陶酔したように説経をしているだけで音楽はもうなかったので、足早に帰ってきた。途中別の教会でも集会が行われていてこちらもマイク片手に陶酔していた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

昼間から

久しぶりに午前中にすごい雨。ハリケーン・ディーンが直接の原因ではないようだが、それに押し出された雲がオモアのあたりにもあるのだろう。トモ君は「これも体験、シャワーあびてきます」としばらく外で水浴び。しばらくして雨が止むと今度はビーチにでかけ人出を確認し、その後ビーチのバス乗り場からバスに乗り、コウジロウ君と一緒にコルテスの街を見に行った。
今日の雨はその後夜になってまた激しく降った。おかげで夜は週末だけ開くディスコに行きたいといっていた二人は行けずじまい。そして夕方ビーチでテントをはっているグループをみてきたトモ君は「あの雨でテント大丈夫なんだろうか」と心配していた。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

掃除

蜂に刺されたところは朝になってけっこう腫れていたが、その後はまたおさまって今はもう気にならなくなっている。この数日大雨でネット回線が普通になったり、その後Skypeについては大きな障害が発生してつかえなかったりで不便ではあったが、幸いVoipStuntは使えていたので、商売上は問題なかった。
残った木材はまだ一部積み上げたままだが大方片付けも済み、今日は居間と廊下を水を流して掃除した。工事中の埃もずいぶんかぶっていたから、これでようやくすっきりした。もともとは今日からコウジロウ君が来ることになっていたので、こちらのスケジュールとしては本来受け入れられる状態に間に合ったということになる。
あとは廃材の処分だが、焚き火にはもってこいなので、ほかのゴミを処理するときに小分けにして燃やしていこうと思っている。ただ室内では蟻やネズミに格好の棲家を与えてしまうことになるので、袋に入れ洗濯場の横に積んでおくことにした。来週はまたグアテマラに行くことになっているので、焚き火はそのあとにしようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

蜂そして塩害

右眉のあたりを蜂に刺された。玄関先に陰をつくるために並べていた椰子の葉がもうすっかり枯れてぼろぼろのため新しい葉を置こうと庭の椰子の木を切り落としていたときにやられた。今回は切り落とさなかったは葉のひとつに巣があるのは分かっていて、それは避けていたのだが、伐採した葉がその巣に触れたためか、葉が落ちるときに突然攻撃を受け刺されてしまった。腫れはないもののいまだにズキズキする。
名誉の負傷をしながら葉とともに実もいくつか取り、夕食にはココ刺身を並べた。ここでうるさく書いたためかグアテマラのケツァルテナンゴでコウジロウ君と一緒だったトモ君は昨日予約を入れ、今日やってきた。二人ともよろこんでこの苦労して用意した刺身を食べてくれた。
ところで、二本ある電気ケーブルのうち一本がこれまでずっと使えずにいたが、やっと直してもらった。家の中の配線は全く問題はなく、外の問題ということまでは先日確認済みだったので、今日はその外の工事。電柱との接続部分が塩害でやられていたようだ。こういうことは3~5年ごとにはあるらしい。普通こういうところの工事は電力会社の責任でやるものだと思うのだが、そんなことを言っていたらいつになるかわからない。ただその工事を近所の電気屋にやってもらってもかまわないというところが、なかなかいい加減でよい。もちろん手数料はとられるから、電力会社に請求できないかと考えてしまうが、その前に(詳しくは語れないが、)調電している立場では何もいえない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

結局今日も、、、

結局今日もなんだかんだと働いてしまった。「カリブな生活」なんだからもう少しゆったりしたペースでやったらいいんだろうが、どうも一度動きだすとある程度落ち着くまで休めない。
なんて大げさに言っているが、今日は過去3年の間に残った材木の残りの片付けと客室3部屋の掃除。部屋の掃除はもっと前からやりたかったのだが、掃除をする前に客が来てしまい今日までできなかった。それを一気にやったものだからひどく疲れた。しかも天気がよすぎて暑い。ちょっと身体を動かしただけで汗がでる。
それにしてもこの作業でまるまる一日かかってしまった。そしてそれでもまだ材木は片付かない。とりあえずまとめて積み上げた状態でこれをこのあとどうするか、燃やすか、捨てるか、まだとって置くか、作業中は暑さでゆっくり思考する余裕もなかったので、これからきめようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

キズだらけ

Hyun Kyungは昨日も夕食前に3匹ほど小アジを釣ってもってきた。夕食の準備には間に合わなかったのでそのまま冷凍庫に。
そして今朝朝食後しばらく散歩にでかけ、そのあとゆっくり目にオモアをあとにした。今日はサンペドロスーラに泊まり、明日早朝のTicabus社の国際バスでニカラグア、コスタリカと移動するそうだ。
一方建築の後始末はまだまだ続いている。庭には残った砂利がまだ積まれたままだし、これでは畑作りは当分先になりそうだ。今日は木枠とブロックの間の隙間を埋める作業したが、セメントや石灰を直接手で触り、ブロックとのあいだにすり込ませていたためか、指先はキズだらけ、水を流すとヒリヒリする。
食事の準備中や、キーボードを打っている最中も痛い。まだ全てが終わってはいないので、続きをしなければならないが、明日は同じ作業は控えたほうがよさそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

てんぷら

昨晩食後に韓国人のHyun Kyungはコウジロウ君を伴って夜釣りに出かけた。釣果はなし。でも地元オモアの連中と楽しく過ごせたようだ。
そして今朝6時過ぎに起きてコーヒーを飲み、洗濯を済ませると釣竿をとってさっさと桟橋にでかけてしまった。コウジロウ君がおきてきたのはそれよりずっと遅く8時過ぎ。
それからしばらくたって11時近くに戻ってきた彼女はペットボトルの上を切り抜いたものに小魚をつめて帰ってきた。小アジが12匹ばかり。これで今晩のメニューが決まった。昨日は魚の調達に失敗したが、今日は平日ということもあってハマチが手にはいったので、このハマチの刺身と小アジのてんぷらという組み合わせ。悪くない。小魚ばかりなのでした処理が面倒だったが、出来上がってみるとよく火もとおって骨までしっかりたべることができた。
それにしてもこのところ泊まった客はだれもかれも釣りに出ても釣果がなかったが、彼女はなかなかの腕前なのかサイズは小さいものの、しっかり釣り上げてきたから立派なものだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

予定変更

工事の後片付けなどして過ごしているとトゥクトゥクがやってきた。日本人らしきカップルが、、、
またまた予約を入れずに客がきたかとおもっていると今週末に来る予定だったコウジロクンだった。同じ大学の後輩にあたり、1年半前に来たやはり後輩のシュウヘイ君からの紹介で訪ねてきた。
1週間ほどグアテマラのリビングストンに滞在してから来るつもりだったのだが、どうも合わなかったらしく1泊だけで船でプエルトバリオスまで移動し、それからコレクティーボとローカルバスを乗り継いでやってきた。そして連れだってきたのは日本人ではなく韓国人で彼女もリビングストンがどうも合わずリビングストンからの船でコウジロウ君と話が合い、ここまで一緒にきた。
しかし夕食のメニューが困った。冷凍庫にはストックといえるような魚がなく、自分用にすこしだけサクが残してあるだけだった。すぐに魚を調達にいったが、今日は日曜日でほとんど漁にはでていないうえ、いつもならストックがあるはずの家を何件か訪ねたが、どこもこの週末に遊びにきたホンジュラス人が買ってすっかり空になった冷凍庫だけ見せられた。
それでもどうにか夕食の格好はつくようにしたが、今後は予約なしの客は断るか、レストランからストックの魚を買い分けてもらうためにHPでも案内しているように予約した人の倍額にあたる宿泊料をとるようにしようかと本気で思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(3) | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず終わった

全く虫の入る隙間がないというわけではないが、ひととおり網で囲い、扉もつけた。風の通りもよく涼しい。これで日が暮れてから電話をかけにきても蚊に煩わされることはないだろう。
1週間で終わると思っていたが、結局2週間かかった。今回も工事はグロス契約だから期間は気にしないでよかったのだが、こうして終わってみると結構時間がかかるものだと思った。見積もりも値切ったが結果的には1日当たり材料費込みで100ドルちょっと。悪くない。
これでいよいよ本格的に宣伝を開始して客を集めなくてはいけない。まずは案内の看板をより見やすくすることだろうか。電話は2台に増やせるが、これはもう少し様子をみてからということにしてまずは現状のままもっと利用してもらうことが先決だろう。国内用の公衆電話の設置も今後の課題だ。新たな客がつけば生活は心配ないと思うので、ここで一気に準備をすすめようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

心配したとおり

心配していたとおり、工事も最終段階になっていろいろ問題がわかってきた。
ちょっとしたミスも多い。しかし一目見てわかるようなミスは直しておいてもらわないと、たいして金をかけた造りではないにせよみっともない。最低限の見栄えは考えてほしいので、そのことを伝えやり直してもらっている。しかしこう細々とあると目がいきとどかず、中には気づいたものでも「もうこれでいいか」と思ってしまう。
明日中に終わらせたいという気持ちが面倒な作業については楽なほうへ流れてしまい、結果見栄えまで気にしないで用を足すだけの作業にさせてしまっているのかもしれない。
とはいえ棟梁にはグロス契約で仕事を発注しているので、人件費など考えると早く終わらせられるものなら終わらせたいというのもわからないではない。
とにかく最終段階意なのでこちらも少々疲れ気味だた気合をいれていこうと思っている。疲れて「まかせるから適当にやっておいて、、、」などと言おうものなら、本当に「テキトウ」にされてしまうからだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

追い込み

サトシ君は朝食後にコパン遺跡に向けて出発するということで昨晩のうちにパッキングも済ませてあったが、食事中に突然、「実は昨日昼飯を食べたところにデジカメを忘れてきたみたいです」という。バックギャモンに負けた悔しさ以上にこのデジカメがみつからないことで熟睡できなかったようだ。
はたして食後、昨日行った食堂に行くとちゃんと預かっていてくれた。サトシ君はえらく感動したようで、オモアの株もまた一段と上がり、コパン遺跡に向けてのテンションも同様にあがったようだ。
ところで工事だが、網を張る枠ができあがり、今日はふたたび棟梁のほかにも助手がついてにぎやかに作業開始。網の取り付け作業やら張った網を押さえる板にペンキを塗る作業やらを分担しつつ進んでいった。
夕方には網の取り付けが大方半分終わった。この調子だと明日には網はつく。ただ、そのあとも少し手間がかかる。トタン屋根との間の隙間をいたやら網やら組み合わせてうめていく必要があるからだ。これをしないと見た目に網が張られていても虫たちは入ってきてしまう。この作業もあわせて土曜日中には終わらせたいようだがはたして上手くいくかどうか。明日どこまで追い込めるからにかかっている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

不漁

朝食後サトシ君は滝に行った。そしてこちらはあいかわらず網戸の枠作り。といってもペースは格段に遅くなっている。というより、人数をかけてやる作業ではないので棟梁一人がコツコツと進めている。今日一日かけて枠作りを終え、明日は網を張る作業になるはずだ。
今晩のおかずに魚を調達しようと思って棟梁と最近の漁の具合を聞いてみるとどうもよくないらしい。例年なら結構いいはずだが、今年はおかしいという。10月の終わりから1ヶ月続く大漁月に続いて豊漁のはずなんだがと首をかしげている。
とはいっても漁師村のオモア。買いにいけばなんがしか魚はもっている。今晩もいつもどおりの刺身のほかに白身魚の甘酢あんかけをつくった。
そして食後は昨日に続いてバックギャモン。2回戦目は負けたが、昨日をあわせてイーブンということでさらにもう1回戦やることになり、こちらは勝った。客に勝ってはいけないのかともおもったが、やりだすとこれも勝負。結果は圧勝ということになり、サトシ君は悔しさをにじませつつ今晩も寝ることになった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ホッとしたのも束の間

今朝もいつもどおり朝から大工たちが来て作業。ほとんど手伝うことはないのだが、近くで監視しておかしなことがあれば確認していた。またそれと平行して残っている砂利運びや工事が始まってから手付かずだった草刈りをした。
そして夕方になってなんとまたまた予約なしで宿泊者が現れる。正直一瞬断ろうかと思ってしまった。
今日着いたサトシ君は実はリョウコちゃんとはパナマで会っていて、その後ニカラグアのコーン島に行き、ゼン君やリョウコちゃんと入れ違いでウティラ島にも行ってからここにきた。途中体調を崩し二、三日動けなかったという。うまくいけばここで再会できたかもしれないが、入れ違いになってしまって残念。受け入れる側としても皆同じときに泊まってくれていたらと思うとちょっと残念。などと予約なしで来たことやもっと早くに来なかったことを言ってサトシ君にプレッシャーを与えながら刺身とてんぷらの夕食を食べた。
それが功を奏したのか食後にペルーで買って以降持ち歩いているというバックギャモンで勝負した。そして今回はありがたいことに2回もギャモン勝ちさせてもらった。酒でも賭けておけばよかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

つめの甘さが心配

昨日のヒロ君に続いて今朝ゼン君とリョウコちゃんが出発。まだ工事は続いているのでこれで静かになったということはないが、食事の心配をしないで済むことがうれしいような、ちょっと寂しいような複雑なところ。
そしてその工事だがいよいよ佳境に入ってきた。木材で網を張る枠組みが今日でだいたい出来上がった。ただ入り口の扉をつける場所の高さがちょっと低いような気がする。毎回そうだが、ここで黙っているとそのまま作業は進んでしまうので、棟梁にその旨伝えると直すという。宿泊客もいなくなり、しばらくは工事に専念できるので、この先の作業についてはしっかり監視しておかないとあとで後悔することになる。このことはこれまでの工事で随分学習してきている。あと数日で終わることだし、身体はだいぶ疲れてきてはいるが、最後の最後もうひと踏ん張りしなければ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

コーンフレークの使い道

今朝もイタリア人のケーキ屋で買ってきたパンで朝食。そしてその朝食を終えるころ突然ヒロ君が今日このあと出発しますと言う。
もともと3泊か4泊の予定が6泊に延びたのだからそろそろ出発してもおかしくはなかったのだが、唐突な申し出だったのであわてて精算し、今日はテグシガルパまで行きたいというので、明かるいうちに着くにはもう出ないといけないと言って準備を急がせた。
残る二人、ゼン君とリョウコちゃんは明日出ることになっている。彼らはウティラからコーンフレークをもってきていたのだが、ここで何食か食べてもう荷物になるから置いていくという。捨てるのはもったいないが、コーンフレークを食べる習慣がないので、どうしようかと思っていたが、今晩は鰹のたたき以外に野菜コロッケを作ろうと思っていたので、その衣のパン粉とあわせてみることにした。
今晩も昨晩同様リョウコちゃんが手伝ってくれたので、揚げることはなかった。そしてできあがったコロッケは衣がよりサクサクしてとても美味しかった。このためだけにコーンフレークを買い足すことはしないだろうが、今ある分はまた近いうちにフライものをつくるときに使ってみようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

おいしいパン

今日は土曜日。市もあるが、そう、今や週働二日、土日にしか店を開けないイタリア人のケーキ屋が朝7時から営業する日。朝食はもちろんそこで買ってきたパン。美味しくいただきました。宿泊中の3人にも気に入ってもらえた様子。
そして夕食もこのパンを粉にして鯵フライに。鯵の三枚おろしをリョウコちゃんに教え、さらに鯵フライの下準備を手伝ってもらった。フライの時は人手があると楽。流れ作業であっという間に用意ができ、揚げるまで冷凍庫に保存した。6時半を回ったところで揚げたが、これもリョウコちゃんにやってもらった。おかげで調理中油を吸うこともなく、人に揚げてもらった鯵フライをおいしく食べることができた。
一方昨日の傾いた柱のことを棟梁に言うと、はじめは「そうか」のひとこと。土曜日は半日労働なので、昼前に作業は終了。今日からその運び込みで問題になった木材を使って網を張る枠作りに入った。この作業については基本的に棟梁まかせ。自分ではアイデアがなかったのでどんな風にやるのかお手並み拝見ということにしてある。
傾いた柱の件はあとでぶつけた本人が謝りに来たのと、こちらでも直す作業はできることではあるので、明日自分でやるか、週明けに大工たちにやってもらうかして補強しようと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

順調と思いきや

作業は順調に進み、床へのセメント流し込みは今日で終了。ブロックを積んだ壁の上に木枠を組んで虫除けのための網を張る作業になる。
ところが今日その木枠を作るための材木が運ばれたときが問題。ちょうど材木が届けられたとき、別の作業をしていたため現場を見ていなかったのがいけなかった。
運搬してきたトラックがバックで軒下まできたとき、ちょうど日よけのためヤシの葉を並べるために組んだ柱にぶつかったようなのだ。そしてそのため庇用の4本の柱が斜めに傾いてしまった。
その様子をたまたま目撃したリョウコちゃんによれば大工たちは苦笑いしていたようだが、それでお仕舞い。こちらは気づかずに目の前の作業をして、そのあともペンキが必要だといわれ、そのことに気づかずに買い物に行っている間に大工たちは引き上げてしまっていた。そうとは知らず、しばらくしてなんだか様子がおかしいと気づいた次第。何とかしなければとちょうど手の空いていたゼン君をよんで傾きを直す手伝いをたのんだら、大工たちが何も言わずに帰ってしまったことを知ったリョウコちゃんが来てその事情を教えてくれた。
まったくもって油断しているとなにが起こるかわからない。これまでまあまあ順調にことが運んでいたが、明日朝一番で棟梁に詰め寄らなければならない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

見つかりました

結論から。排水管の出口はみつかった。しかし見つけるまでは大変で、流しのしたの管を追って途中床下を崩してチューブの向かっている向きを確認し、外にでてその向かっているとおもわれる辺りをスコップでほってみるが、みつからない。仕方なくL字折り曲げるためにつかっているつなぎ目部分をはずし、そこに9mある細い鉄筋の棒を入れてみる。最後になにかつかえている。そこで水を流したり、鉄筋を前後に動かし、出口を思われるところで聞き耳をたてていると、ようやくなにかゴソゴソと音がるのがわかった。
そしてついに排水管の出口を発見。そう深くないところだ。まそかそんなところにはとおもって除外していた場所にあった。みつからなかったら今日から洗濯場の土の上にセメントの流し込みをはじめたのだが、その前に予備の配管を埋めておこうかと考えていたので、そうした余計な作業をせずに済んでよかった。
午後には数週間前にいたゼン君が南米からパナマ経由でホンジュラスに来た彼女のリョウコちゃんを伴って戻ってきた。このあと二人はメキシコ、キューバを訪れるようだ。そして久々に大勢での夕食。排水管のつまりを気にする必要がなくなり、安心して調理ができた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

配管探し

今回の工事での目的は軒下だったところに壁をつくり、網戸をかけ、電話をかけに来た客が虫に煩わされないようにすることだが、もうひとつ目的があって、それは上下水道の配管場所を確認すること。実はこれが大変で、この土地に配管をしたのはさかのぼること3代前のアメリカ人オーナーで今は連絡がつかない。棟梁にきくと、ここの工事をした大工は知っているというのだが、その大工は今オモアにいないから確認できないという。
特に今問題なのは下水道。家の横の下水用の小川はブロックで仕切られてきれいになったのはよいのだが、この家からの配水管がどこに出ているのかわからず、この先その部分が仕切られたままでは困る。日本の家屋のように床下がなく、土の中に埋まっているから探すのも大変。大体の場所が分かっていれば、重点的にその近辺を掘ればいいのだが、一体全体どのあたりにあるかまったくわかっていないので、どう手をつけていいのかも見当がつかない。
棟梁と相談してキッチンの下をこの際掘り起こしてどちらに向かって配管が埋まっているかをみてみようということになったが、これは大仕事。余計な材料を買い込むようなことがないので、どうにか今回の工事費の中で処理してもらうことにしてしまったが、明日やるこの作業は相当大変だろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2007年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。