2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

桟橋で鰹釣り

オモアはグアテマラ国境まで連なる湾の入口になる。ここのビーチはほとんど波がなく小さな子供を連れた家族には人気があるのだが、それは遠浅であるからではなく湾の入口が波ができにくい立地にあるからだ。実際オモアよりグアテマラ国境に近く、湾の中間点に近いマスカのビーチは波がある。
そのオモアにある桟橋は改修延長されてからその湾に沿った流れがある近くまで突き出ている。結果桟橋であるにもかかわらず船釣りのようなことができるのだが、それは実際にオモアの桟橋で釣りをしてもらわないと実感できない。サバロさんが今やっている釣りは桟橋の下にあつまるサルディナの小魚を釣り、それを生餌として鯵を狙うというものだ。この二段階の釣りであるため、まずはサルディナを釣らなければならない。「釣りは釣れても釣れなくても楽しい」というサバロさんだが、流石にこのサルディナが釣れないのは楽しくないようだ。
そして今日午前中やっぱりサルディナの生餌はさほど準備できなかったが、それでも数少ない餌で鯵と鰹を一匹ずつ釣り上げた。昼に意気揚々と帰ってきてその釣果を見せてくれた。型も大きさもいい。鰹は20~30cmくらいだろうか。すぐにさばいてたたきにした。以前からオモアの桟橋では鰹も釣れることがあるといってきたが、なかなかイメージしてもらえない。でも今日は実際に釣ってきたサバロさんがうれしそうにここの桟橋は面白いといってくれた。
午後も桟橋で釣りを続けたサバロさんだが、夕方も手ごろな大きさの鯵を3匹釣って帰ってきた。しかし今度は不本意なようで、どうやらサルディナを釣るための仕掛けに鯵がかかったからだという。それでも今晩の晩酌は格別だったようで、明日は今日より1時間早い朝4時に出てまずはサルディナ、それから鯵を狙うようだ。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

準備

期待していた釣果だったが、今日は残念ながら持ち帰った魚はなし。午前中様子を見にいったときには調子よさそうで、サルディナの群れが何かに追われて飛び跳ねたりしていたので、それに合わせルアーを投げ込むと一発で型のより鯵が釣れた。これで今日の刺身は決まりと思ったら、エラに糸を通し昼まで泳がせておこうとした時サバロさんの手からすべり落ち海へ帰ってしまった。それを目の前で見せられ、もう献立も考えていただけに残念でならなかった。
そのあと帰りみち怪しいアメリカ人アンソニーのところに立ち寄り週末の夕食会の打ち合わせ。ずいぶん前から寿司が食べたいといっていたので、それなら今週末にしようということにしたからだ。ただはたしてこちらの人たちは生魚は食べないはずなので、アンソニーのところに泊まっている宿泊者や従業員からは食べるかどうか確認しておく必要があった。
夕食会の確認はすぐに済んだのだが、そのときPCをちょっと見てくれと頼まれてしまった。そしてチェック。マルチファンクション機能つきのUSBキーボードなんだが使えないという。調べるとドライバが標準のものしかインストールされていない。原因はすぐにわかったが付属のCDもなくサイトからダウンロードすることに。これが結構重くて時間がかかった。待つしかないがその間に食事などもだしてもらったりした。そして話のなかでダイビング講習の話にもなった。
どうやら本人たち、つまりアンソニーと息子のピーターはインストラクターはあまりやりたくないらしい。ただ長らく住んでいたロアタン島からインストラクターを呼ぶことは簡単なようだ。機材もある。でもテキストがないという。しかし日本語のテキストやコースを案内した英語とスペイン語のビデオはラスのもっていたものをコピーしてあるので問題はない。テスト問題と解答用紙も呼び寄せるインストラクターに頼めばいいだろう。これだけ用意できればすぐにでも始められるというので、案内できる料金表を作成してもらうよう頼んでおいた。そうなると残る問題は船。ライセンス取得くらいまでは問題ないが、これはというポイントで潜るには船が必要。船さえあれば、メキシコ、ベリース、グアテマラと続きこのオモアの沖にも連なるリーフにも簡単にいけるし、ベリースのよく知られたポイントもオモアからならそう遠くはないという。
まだ準備が必要で今すぐという訳にはいかないが、オモアでのダイビングスクールが近いうちに再開される可能性は高い。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ご満悦

今日も夕方になって雨が降り出したが昼は晴れ。おかげで配管工事もできたのだろう。断水は一日で修復された。雨が数日つづくとその工事もできず断水も続いただろうから今回は短く済んで助かった。
しかし停電は断続的に続き、今日も短い20~30分の停電が数度あった。その度にPCの電源を入れなければならず、また電話をかけにくる客もわかっているためか来ない。何度目かの停電のときちょっとイライラして近所に様子を聞きにいくと、どうやら今回の停電はオモアで問題があるのではなく、ここからグアテマラ国境にしばらくいったところにあるクヤーメルという別の村での電気工事に伴う計画停電なんだそうだ。この数日に及び断続的な停電は雨の影響でなにかトラブルがあってのことと思っていたのだがどうやらそうではないということが判明。となると今後も工事が終わるまでは停電が続くということなのかもしれない。
ところでサバロさんだが、今日はなかなかいい釣りをしているようで、まず朝には型も大きさもよい鯵を一匹、夕食前には太刀魚を一匹釣り上げた。今日まで「道具は一流でも腕は、、、」といってからかっていたが今日ようやく面目が立ったということで夕食のときはたいへんご満悦。昨日までは「釣れなくても楽しい」などと負け惜しみともとれる発言していたときとは大違いだ。明日はまた早朝から鯵狙いで釣りにいくらしいので大いに期待したい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

雨、停電、断水

昨日ゴミを燃やしたところは今朝になっても少し燻ぶっていたので燃え残りもすべて燃やしてしまいたかったのだが、外に出ると雨が降り出しはじめ結局はそこまでになってしまった。
そして昨日、今日と二日続けて深夜から停電。9時過ぎまで電気が使えなかった。さらに今日はその後も断続的に停電が続いたうえ断水が追い討ちをかける。こんな調子だと電話をかけにくる客もいないと思い、ようやく竿をもって釣りにでかけたサバロさんの様子を見にいったがこれといった成果はない様子。針のサイズか錘の重さが合わないのだろう。周りの人たちは小さなものばかりだか結構釣っている。サバロさんも全くないわけではないが思った魚が釣れていない。
これじゃあ夕食は諦めるしかないといいながら小雨が降り出したので奮戦中のサバロさんを残し一人宿に戻った。
その後戻ってきたサバロさんは明日の釣りのえさ用にと小魚を裁いたものをタッパに入れてきたほかは釣果はなし。明日こそお願いしますよといいながら、ちょっと心配なのは天気。サバロさんが戻ってきてからどうやら本降りで、その降り方のすごさにビックリしている。断水も復旧しないので、とりあえずトイレ用にと樋のしたに桶をおいて雨水をためたあとトイレ横に置いた。例年のことを考えると今回のような雨のあとは数日断水が続くこともあるので、デポジットはあるものの、念のためだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ようやく処理

長いこと庭に積みあげ続けてきたゴミをようやく燃やすことができた。週末天気がよかったこと、今日から曇りはじめ今夜か明日には雨になりそうなので今しかないと午後になって作業にかかった。
この間サバロさんは熟睡。午前中は外にでていたが昼頃にもどってきて食事にいってきたからはハンモックでずっと休んでいた。まだ釣りにいく様子がない。模様眺めというか情報収集だと本人はいうのだが、食べるのが目的のこちらとしては早いとこ釣ってきてほしい。
昨日は山側にも出かけ川の様子もみてきた。なかなか気に入ったようで、キレイな渓流だと高評価。この旅では海用に3本、川用に2本の竿を用意してきたそうで、川でのフライもたのしみの様子。とにかく繰り返すがこちらは海でも山でもいいから魚をとってきてほしいので、顔をあわせればそのことを伝えてプレッシャーを与えている。
それで燃やしていたゴミだが、今回は上手く火もまわり、夜になり小雨が降りだしてからもまだ燃えている。これ以上雨が本降りにならなければほとんど灰になってくれるだろうと期待している。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

勘違い

今日は向かいの家の卒業祝いのパーティーに呼ばれていた。と思っていたが、これは勘違いだった。
向かいの家はまあまあ大きめの土地を兄弟で分け合い、それぞれが家を建てていたり、建てている途中だったり、建てる準備で資材だけつんであったりなのだが、そのうち一人から先週招待状を受け取った。そして知っている限り、この兄弟のうちビリヤード場のオーナーのところの子供とその子供にあたる孫以外は小さな子供はいないはずで、また招待状に記載された時間が夜の7時からとなっていたので、まさかさらに親戚の小学校の卒業祝いとは思っていなかった。日本から直接くるサバロさんにはたぶん高校生くらいの娘のパーティーだからといってちょっとした卒業祝いを100円ショップで見繕ってきてほしいと頼んでいたのだが、夕方パーティーの準備をしていると祝われる側の当人がドレスアップして到着したのでこの勘違いに気づいた。
幸いサバロさんが選んできたくれたものが帽子だったので、これなら小学生でも女の子ならおしゃれだしいいかと持って行った。
しかし今日のパーティーはなんとなく始まり、これといった挨拶もなくなくすすんだ。ケータリングで頼んだ食事がだされたが、これは今後の貸し会場の商売をする参考になった。そもそも今回のパーティーはここでやってもよかったのだが、どうやら親戚のパーティーということで遠慮したようだ。今日は雨が降らなかったからよかったものの、夜はじまったうえ、大勢くるので屋内では収まらないからと屋外が会場だったので、裸電球2つという薄暗い中でのパーティーになった。また来週も今度は別の子の誕生会だかがあるようなので、これは宣伝をするためにここでやってもらってもいいかとも思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

柚子胡椒?

日本にいる友人から柚子胡椒がおいしいと教えられた。てっきり蕎麦などを食べるときに使う顆粒状のものを想像していたらそうではないという。会話を終えたあとネットで調べてみると九州ではポピュラーなものらしく作り方を説明したサイトも見つけた。
柚子胡椒でつかわれている胡椒はいわゆる胡椒ではなく唐辛子、主に青唐辛子のことだとここで知った。シーズンにまとめて作り凍らせておくということもわかった。そして作ってみることに。
ここで柚子は手にはいらないので、代わりにライムをつかってみることにした。青唐辛子、ここではハラペーニョはいつでも手に入るから問題ないが今日市に出ていれば安いので朝探してみた。残念ながら今日は売っていなかったので、幹線道路への通り道にある八百屋で買うことにした。1ポンド分15レンピーラ。80円くらいだろうか。
サイトの作り方をみると準備として手袋やゴーグル、マスクなどを用意するように書いてあるものがある。確かにハラペーニョを触った手で目でもこすろうものならとんでもないことになることは想像できたのだが、まあ注意していれば問題ないだろうと作業にとりかかる。手順はいたって簡単なのだが、ライムをするのがけっこう面倒だった。それでも1時間弱でコップ2杯分の「柚子胡椒」ならぬ「ライム胡椒」ができた。これを冷凍庫にしまい冷やすことに。
はたしてうまくできたのか。実際の「柚子胡椒」の味をしらないだけにどう判断してよいかわからない。そのうち九州の人が泊まりにきたら確認してもらおうと思う。そしてサイトで紹介していた手袋を使わなかったことをこのあと後悔することになる。
そう、作り終わってしばらくはなんでもなかったのだが、その後じわじわと指先が熱くなってきた。これが夕食の支度をしているときも、食べているときも、そして今も続いている。夕食中その話をサバロさんにしたら、冷え性の人にはおすすめかもしれないと笑い話をしていたのだが、確かにその通りだと思った。不思議なのは実際には指先は熱をもっていないようなのだが、非常に熱さを感じるということ。冷え性の方、「柚子胡椒」あるいは「ライム胡椒」を手袋なしで作ってみるといいです。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

思わず出費

サンペドロスーラの空港に到着するサバロさんを隣りのウィルの運転するタクシーで出迎えにいった。空港に行くのはだいぶ前にマイアミから遊びに来てくれたルナちゃんを見送りにいったとき以来。そして空港送迎にはジンクスが、、、
前回は見送りでサンペドロスーラに出たことをいいことにデスクトップPCを買った。そして今回、空港に行く前に時間があったので、日本食材が手に入るスーパーマーケットに寄った。この店は以前一度いったことはあって醤油やラーメンが手に入ることは知っていたのだが、先日訪れたサンタバルバラで仕入れた情報では日本酒や大根なども手に入るとのことだった。ただ野菜類は常にあるとはかぎらないらしく、今回大根は手に入らなかった。日本酒は松竹梅があり、すし酢やみりん、料理酒などもあった。結局もってきた弁当用にりんごジュースを買っただけだったが、ここで思わぬ出費をしてしまった。
このスーパーのすぐ近くにPC関係の店があり、ちょっと様子見で覘いてみた。写真印刷用の用紙を買ってもいいかとはおもっていたのだが、ここでセール中のマルチプリンタを発見してしまった。イベント業で撮影した写真や持ち込まれた写真をアメリカに送るサービスもはじめようかと思っていたこともあり、スキャナーがあったらいいかなぁと思っていた矢先のセール。そして悩むこと十数分。所持金も微妙だったので、諦め一度店をでたものの、結局引き返して買ってしまった。タクシーなので、荷物をかけてバスを乗り継ぐ必要がないこともこの出費の後押しをしたのは間違いない。
そのあと空港でサバロさんを待った。ヒューストンからの便は予定通り到着したが、そのあとの荷物受け取りの際、コンベアが故障したらしく出てくるまでちょっと時間がかかった。ルナちゃんの見送りの際はよく見なかったターミナルの中を待っているあいだ歩いてまわった。そう広い空港ではないからもしれないが、非常に分かりやすい空港だと感じた。到着ゲートを出てきたサバロさんを迎えて駐車場への移動もあっという間。そして快適ドライブでオモアへ。しかし毎回空港にいくときに何か大きな買い物をするようになってしまいそうなのが怖い。次回はお金を持たずにいくほうがいいかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

いつ燃やせるのか

今日も日中は天気がよかった。隣の家の工事をやっている裏の家の息子ナノがちょっと手伝ってくれないかというので、ここから100mほど離れたところにある彼の奥さんの弟の土地に動物避けのために鉄条網を張る手伝いにいった。
その場所は先日一度みせてもらっていたのだが、あちこち穴があき、雑草だらけのでこぼこの土地だったようなのだが今ではきれいに整地された中にバナナやココが点在していて奥と横はきれいにブロックの壁を積んである。道に面した正面もいずれブロックの壁を築くようだが、工事のため材料などを運び込みやすいように今のところは杭をうち動物避けの鉄条網を張ってある。今日の作業はその内側にさらに鉄条網を張るというもの。資金の目処がたったようで、まずは資材を運びこみ道に面した壁つくりからはじめるようで、そのために作業がはじまって今ある正面の鉄条網をはずしたときに動物たちが土地に入り込まないようにその内側に予めもうひとつ網をはるといった計画のようだ。
手伝いをしつつ、あまったらすこしその鉄条網を安く買い取って「豚対策」にしようかと考え始めた。本当なら今日その対策のためオレンジの木を瓦で囲うはずだったのだが、準備をしてみて、結構面倒な作業になりそうだとおもったのと、それを検討しているときにこちらの作業を頼まれたため、とりあえず一本分の瓦をはこんで見た状態で豚対策の作業は中断した状態。明日は空港出向かえがあるので午前中は作業できないが、帰ってきてからどうするか考えておかなければ。
それと昨日今日と天気がよかったので、ようやくたまったゴミが燃やせるからと期待していたのだが、今日は夕方に近づいてからみるみる雲が広がり、今は激しく雨が降っている。庭につまれたゴミは結構な高さにまでなっている。先日も一度燃やしはしたのだが、どうもまだ乾燥が完全じゃないようで、上につんである部分しか燃えてくれなかった。今日こそはと思っていたのにまたまた延期せざるを得ない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのいい天気

めずらしく一日中雨が降らなかった。といっても山側の空は今日もどんよりとした雲がかかっていて、これが近づけばまた雨ということにはなる。明後日にはグアテマラのアンティグアで知り合ったサバロさんが一時帰国ののち、日本から訪ねてくる。サバロという魚を釣るのが目的で、その話をアンティグアでもよくしていたので「サバロ」と皆に呼ばれるようになった人だ。はたしてこのオモアにその魚がいるのかどうか。
サンペドロスーラの空港に到着するのは金曜日の昼。その日は隣りのタクシーで空港に出迎えることになっている。ついでに数年ぶりにサンペドロスーラで買い物もしてしまおうかと企んでいる。というのも先週サンタバルバラに行ってきたときは行きは買い物するには早すぎ、帰りはいただいた荷物があって市内をうろつくことができなかったからだ。とくに何を買うということではないのだが、以前から日本食材をおいていた店がより充実しているという話をサンタバルバラで聞いたので、どんなものがあるのか一度確認に行きたいと思ってる。
なんにしても今日はよい天気で洗濯、庭仕事とひととおりやり、テラスの一部で問題のある箇所も修理した。週末には向かいのファミリーの娘のひとりが卒業するということでパーティーがあり招待されている。雨が降るようだったらまたここを利用してもらうことになっている。こんなことをいっては悪いのだが、イベント会場のレンタルもまだちゃんと宣伝活動していないので、この日雨でも降ってここを使うことになり参加者たちに周知されたらいいのにと密かに思っている。てるてる坊主を逆さまにつるしておいたほうがいいだろうか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

訂正:電気料金システム

以前ひと月あたりの電気使用量が300kw以下だと電気料金が無料になると書いたがこれは間違い。流石にそこまで過保護ではないようだ。
先月分の請求額がL.100.00を超えていたのだが、この支払いを今日しにいった。そして今日はこのL.100.00を超えた分について金額の請求を受けた。それでわかったのはひと月300kw以下の使用量の場合L.100.00を補助するということ。よくよく近所の人に聞いておけばちゃんと教えてもらえたのだろうが、こちらはとりあえず銀行の窓口の人の言いなりで名義借りして支払いをするようにし、請求なしだといわれ「何故」と聞くと「300kw以下だから無料だ」といわれそうなのかと思ったが、実は「300kw以下で」のあとにさらに「請求額がL.100.00」という説明がなかったので勘違いしてしまったようだ。
そういえば「ボーナス」がどうのこうのと近所の人の話でもいっていた。つまりこの「L.100.00」のことだったのだ。今回全額無料にはならなかったが、それでもこのボーナスはありがたい。今後も300kwを超えないように注意しないともったいないと思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

復活か

午前中はかろうじて降らなかったが、午後になってかなり強く雨が降った。それにしても今日もなにも働きもしないのに昼飯を隣りの家でご馳走になったのだが、実はその前に軽く昼食は済ませてしまっていた。朝庭仕事に没頭して食べなかったのと、最初の昼食のあとも少し庭で作業していたから食べられれたが、こんなことなら早くにいってほしかった。でなければ、もっと早くに昼食を用意してくれたら自分で作らなくてよかったのにと思った。
そして午後、船員学校で勉強しているエルサルバドル人が電話しにきて、かけている最中に激しく雨が降り出した。電話が終わっても雨足が強くて30分以上帰れずにいたが、少し弱まったところで意を決して宿泊先に戻っていった。
さらにそのあとに来たのがアメリカ人のアンソニー。今まで2、3回ここで電話をかけている。すぐ近所で宿をやっていて歩いてもちょっとのところだが、いつも車で来る。今日は雨だからなおさらだ。車だから雨も関係ないのだが、やっぱり電話が終わってちょっと話をしていると宿は息子のほかに従業員をやとってやっているようで、さらにこの親子は以前はロアタン島に住んでいてダイビングのインストラクターのライセンスをもっていることもわかった。今のところダイビングスクールをやってはいないが、機材はもっているというので、そのうち現在HP上で閉鎖中と表示しているオモアでのダイビングの案内を復活するかもしれない。
ところでこの二人宿の収入だけでやっているかというとそうでもない様子。それに今年になってオモアに住むホンジュラス人から彼のもっている山を買ったという。そのホンジュラス人は以前プエルトコルテスに向かう途中から山に入ったところにある温泉を案内してくれたビクトルのことで、ビクトルが彼らに売ったという山も以前連れて行ってもらったことがある。その時もしきりに山を売りたがっていたが興味がないので断った。
それでどうももの好きなアメリカ人だと思ったが、夜訪ねて来いといわれ、雨も降っているし電話の客ももう来ないだろうと暗くなってから訪ねてみると宿泊客もいる中なんだか砂が皿に盛られ、薬品もつかって作業をしている友達がいる。なるほどそういうことかと納得しアンソニーに尋ねると秘密なんだという。秘密ならこんなところで堂々と作業していちゃまずいだろうと思ったが、はたしてビクトルはこのことを知っていて山を売ったのだろうか。今度会ったら聞いてみたいところだが、それがもとでアンソニーともめてもなんだから見なかったことにしておこうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

一大事

昨日の空き缶竹馬を増産しようとおもったのだが、空き缶が集まらない。簡単につぶれてしまう缶ならいくらでも見つかるのだが、竹馬になりそうなものがない。それで家にある建築であまった木切れから利用できそうなものを選んで作ることにした。まずはカンのように円筒形にすることからはじめたが、この作業は電動ジグソーのこぎりをつかったのでそう大変な作業ではなかった。それに円筒の上から横に穴を空けここに紐を通せるようにした。
さっそく向かいの家にもっていくと大喜びで遊びはじめたので、それじゃあこのやり方で増産をと思ったら、引き止められ頼まれごと。なんでも道を横切ったトラックに電話線がひっかかり切られてしまったとかで、直せるかという。みてみると確かに引っ張られてきれた状態。増産作業は中断し、はしごをもってきて直すことになった。難しい作業ではない。切れたケーブルの部分の長さを整えケーブル同士をあわせるだけなんだが、このケーブル2本の硬い銅線が通っているだけなので、切れたケーブルを繋ぎ合わせようとおもっても2本が上手くからまない。テープを巻く前に仮にあわせたときはうまく繋がったのに、テープを巻いたらケーブルが浮いてしまうのか切れてしまう。これではたとえ今上手く繋がるようにできてもあとでこまるだろうと、家に戻りハンダを用意して戻った。これで完璧。電柱から庭をまたぐケーブルの位置も少し高くしてまたトラックにひっかけられないようにした。
そのあと一大事が発覚。その作業が終わり、竹馬の増産作業に入っている最中ふと庭をみると2匹の豚。近所の豚でクリスマスには食べられてしまう運命の2匹だが、それが庭に先日植えたばかりの花の葉やオレンジの葉を食べている。ビックリして飛び出し、追い払った。致命的ではないが、けっこう食べられている。ここでは飼い馬や飼い牛、飼い豚が昼間綱もつけずに放し飼いされていることがままある。雑草ばかりだった頃は彼らが草を食べてくれてありがたかったのだが、今回のように植樹したオレンジの葉がたべられたのではたまったものではない。
クリスマスまではかれらはこのあたりをうろうろするのは間違いないので、なにか対策、というより庭に入れないようにするしかないかもしれない。あまり大げさな仕切りはつくりたくないのだが、せめて豚が乗り越えられないようなものをつくろうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

空き缶竹馬

朝方雨が降っていたのではたして市はどうなるかと心配したが、どうやら7時頃にはあがり市も開かれていた。ただいつも直販しにくる農家は来ていなかったので、仕方なく別の野菜売りから今週の分の食材を買った。直販より高めなので必要最小限におさえた。
そして掃除などしつつ午前中を過ごし、昼食は野菜だけのパスタ。食べ終わってくつろいでいると、外で名前を呼ぶ声がし、隣りのウィルが食事をもってやってきた。今日は工事の手伝いはしていないし、時間も2時を過ぎている。こんなことなら最初からいってくれれば食事も作らず、今週の節約食料計画に寄与できたのにと思ったが、とにかくありがとうといってもらうことにした。
ただ理由もなくもらいものをするのは嫌なので、なにかお返しをと思い、そのうち子供たちに作ろうと思っていた空き缶竹馬を作ることにした。穴を空けて紐を通すだけなので簡単なものだ。それをもっていくと子供らが見当たらない。そのまま向かいの家の様子をみるとこちらでは別の子供たちが遊んでいる。そこで方針転換ということで向かいの遊んでいる子供たちにできたばかりの空き缶竹馬を渡したところこれが大好評。奪い合うような状態だったので、明日また作るから空き缶を見つけておくようにといって宿に戻った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

観察は次回

朝8時過ぎにサンタバルバラをでた。友人宅をでる前に雨が降っていたので荷物が濡れはしまいかと心配したが、家をでるときは止んでいた。ターミナルまでは歩いて5分もかからない。ただ今回は食器やら本やらいただきものがあったので、短い距離だが疲れた。
しかし今回はサンペドロスーラについてからは楽だった。以前はサンタバルバラからのバスが着いたターミナルからプエルトコルテス行きのバス会社のターミナルまで荷物をもって数ブロック歩かなくてはならなかったが、今日は同じターミナル。ただ大きなターミナルなので、雨が降っていても濡れることはないが、ターミナル内は歩かなくてはならないと覚悟していた。ところが、ターミナルに到着してみるとその2台向こうにプエルトコルテス行きのバスが停まっている。まだまだ整備中のターミナルで今後も同じ場所で乗り降りできるのかはわからないが、とにかく今回はここで荷物をもって歩きまわることもなくプエルトコルテス行きのバスに乗り込んだ。
反面残念なのはそのおかげでターミナルをじっくり観察する時間がとれなかったこと。サンタバルバラに向かうときも出発まで15分ほどしかなかったからターミナルに入っている店の様子などは確認できなかったし、帰りは乗り込むとすぐ出発だったのでこれまたなにも見れず。来週末にもサンペドロスーラには来るが、これは空港出迎えなのでこのターミナルには来ることがない。来年になってターミナルが整備された頃を見計らって、またサンタバルバラを訪ねるときに時間をとって見て周るのがいいだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

いただきもの

今回サンタバルバラを訪ねたのはここに住む日本人の友人に会うため。今年日本に出稼ぎにいっている間、何度かオモアの家の様子を見に来てくれたお礼を言うためでもある。最後に訪ねたのは今年一月、年明け早々だったから10ヶ月以上経っている。
この季節のサンタバルバラはオモア比べるとちょっと寒い。高度0mのオモアからみたらあたりまえではある。しかも雨が降ったり止んだりというのも影響しているのだろう。ただ昼間は、ほとんど外に出なかったってこともあるが寒さは感じなかった。1泊だけで帰ることも考えていたが、昨日遅くまで飲んで二日酔いはないものの、なんだか今日帰る気になれず、またもう1泊していくようにも勧められたのでネットカフェのPCのメンテナンスをしたり、息子とホンジュラス人の奥さんとの間にできた孫と遊んですごした。
そしてオモアも庭をずいぶんよくしたから見に来てほしいとおもってはいるのだが、このあと家を改修し、2階も作る予定のようで、来年はじめまでちょっkサンタバルバラから離れられないらしい。今回もオモアから連絡したとき、そんな話をきき、さらにその準備で不要なものがでてきたが、捨てるのもなんだからといるものがあればとっておくからと言われ、食器やら本やらいただきに来たというのがもう一つの訪問理由。というか実はこれが本当の目的だったりするかもしれない。
自分の経験も含め、あれこれ建築へのアドバイスなども(偉そうに)して、どんなふうにここでは工事するのかみてみたいという気持ちもあるが、サンタバルバラではそう簡単に足を運ぶこともできないので、ときどき写真を送ってもらおうかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

楽チン

朝5時半にサンタバルバラに向け出発。といっても今回サンペドロスーラの中央バスターミナルまでは空港出迎えの隣人に便乗ということで楽チン移動。
まだできてそう時間のたっていないサンペドロスーラの中央バスターミナルは中心から少しばかり離れたところで、空港とは反対側。わざわざそこまで送ってもらってちょっと申すわけなく思いつつもしっかりと送ってもらった。そしてそのターミナルだが、時間がまだ早かったからなのかもしれないが、中にある店はまだほとんど営業はしていなかった。今回の目的地サンタバルバラ行きのチケットはその店の並ぶ一角にあるチケットブースではなく、サンタバルバラ行きの出発待合室にある仮机で発行してもらった。出発まで10分少々でちょうどいいタイミングだった。
この新ターミナルだがずいぶん反対運動があり、バス会社のデモもあったようだが、こうして一箇所に集まってくれると利用者としては大変ありがたい。以前のようにターミナル間を荷物を背負ったり、タクシーを利用して移動しなくてすむ。サンペドロスーラに住む人にとってはたいしたことではないかもしれないが、道に不慣れな外国人旅行者にはさらによい。また治安が悪い(実際のところどうなのかは疑問もあるが、、、)と町の中心には近寄りたくない者にとっては安全な場所だともいえるだろう。トイレもキレイだった。
そして目的地サンタバルバラもずいぶん道がよくなっていた。今回訪ねた友人の家の前の道も一方は舗装工事が終って人通りが増え、ほかの道も現在舗装工事中だった。土を掘り起こしているので埃っぽいはずなんだが、幸い訪ねたこの時期は雨が多く、今日も小雨がパラついたようで全く気にならなかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

明日はサンタバルバラ

急な話だが明日サンタバルバラに行くことにした。隣りの家の増築部分の基礎工事は今日でその前半の山場を越えた。柱の地中部分へのセメントの流し込みを終えたのだが、これがしっかり固まるのを待つため明日は作業がない。どうやら続きは週末になる予定のようだ。
そしてこの工事を仕切っている、今回の工事の施主のいとこで、もう一軒裏に面している家の息子であるナノが明日はアメリカから帰ってくる奥さんの弟をサンペドロスーラの空港へ車で出迎えにいくのだという。これは途中まで便乗させてもらい、久しく顔を出していなかったサンタバルバラのカトウさん一家を訪問するのに都合がよいと思って電話で連絡してみたら、いつでもどうぞとの返事。早速サンペドロスーラへの便乗を申し出てOKをもらった。
ただオモアをでるのが朝5時半だという。もっとゆっくりだと思っていたのだが仕方がない。早起きは苦ではないのだが、サンタバルバラに早く着き過ぎてしまう。といっても8時すぎ、9時前くらいだと思うので寝ているところを起こすということはないから、到着が早い時間だと断って訪ねることにした。
というわけで今晩は準備だけはすべて済まし、念のため目覚ましはかけて休むことにしよう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

空港送迎

工事は今日も続いている。しかも雨が降ったり止んだりする中での作業。ただ今日からは基礎の部分とはいえブロック積みの作業なので昨日までとは違いずいぶん楽。
ところでこの作業を手伝っている家の施主はタクシー運転手。来週末グアテマラのアンティグアで知り合った日本人が一時帰国ののち、ここオモアを訪ねてくるのだが、今回はサンペドロスーラ空港に到着する航空便で来るため、ホームページでは現在案内していない送迎をお願いしたらいくらでやってもらえるのか聞いてみた。すると通常はL1,500(US$80.00)するところを、ずいぶん割り引いてくれるという。まあこれだけ工事を手伝っているんだからお礼という気持ちもあっての値引きなんだろう。実際空港からオモアまでは90km近くはあるはずなんで通常料金も決して高いとはいえない。ただ道路事情がよくこの距離を時速80~90kmでとばしてこれるから1時間ちょっとでこのオモアには到着するので、時間的に考えると高く感じてしまうかもしれない。
とにかく提示された金額をメールで知らせて現在は返事待ち。手配依頼があれば名前を書いたボードを用意して預けるつもりでいるのだが、そのときは一緒に来いという。まあ今のところ他に宿泊予約もないし、到着がちょうど昼の便で電話をかけにくる客もまずいない時間帯だから、たまには遠出もいいかもしれない。もしそういうことになったら、少し早めにでてサンペドロスーラでちょっとだけ買い物をするのも悪くないと思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

お返し

隣りの家の増築工事を手伝いつつ、昨日の昼食のお返しをしようともらった鯵を調理することにした。鯵の切り身に小麦粉をまぶし軽く揚げ、炒めた野菜に加え酢豚の要領でトマトケチャップで味付けした。ただお返しといったって昼食のメイン料理にしてもらうにはちょっと無理がある。というのもこちらがご馳走になるときは一人前の料理だが、こちらからお返しとなると向こうは大家族。かなり作ったつもりだが、一人分としてみるとちょっとどんなものか味をみてもらう程度しか用意ができなかった。
そして一方の工事がまた大変だった。今だに基礎工事中なのだが時期が悪い。雨の少ない春先か、降っても夕立程度の夏なら簡単に作業が進む工事なんだが、この時期は一年でもっとも雨が多く、そのため作業は掘った穴に水がたまった水を取り除くことからはじめなくてはならないからだ。
先日まではどこからかポンプを借りてきていたのでその面倒な作業も比較的楽だったんだが、今日はそれを手作業でやったため、相当時間をとられた。なんとか基礎にセメントを流し込むまでは今日で終わったのだが、その時刻は夜9時近かった。正直いって身体はくたくた。ものが出来上がっていくのは精神的には楽しくて疲れを感じることはなかったが、明日は一番で洗濯をしないといけないと思うとちょっと憂鬱だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

そして今日も

庭掃除をしていると、隣りの家で一昨日倒したマンゴー切り落とした枝の片付けをしていたので手伝った。そしてマンゴーの木以前にたおした木の切り株がもうすっかり乾燥しているというので先日購入した鶴嘴をもってきて取り除いた。このちょっとした作業を手伝ってまずは朝食をもらった。
そして自分の庭仕事にもどって作業していると、今度は向かいの家でその鶴嘴を貸してほしいというので、どうぞと手渡し何をしているのか見にいった。こちらは修築している家の配管工事中。向かいの家は兄弟4人が敷地を分け合って家を建て増したり、修築したりしている。そのうち一軒は去年亡くなった前彼らの母親の部屋だったところで、水周りがなかった。そこを建て増し、キッチンやトイレなどを作っている最中で今日は配管工事。家主は普段雇われて大工をしているので、自分ですべての作業をしている。鶴嘴も持っているのだが、古くて柄の部分はもとのはとっくに折れて、何かの木の幹を代用で使っているのだが効率が悪い。その矢先向かいで鶴嘴をつかって作業しているのを見て貸してくれといってきたということのようだ。
こちらも今まで建築の様子を自分のところも含めあちらこちらみて学んできたこともあるので、あれやこれやずいぶん知識がついたものだと思いながらアドバイスなどしつつ手伝っていると、今度はそれを眺めていた彼の兄から調理したての魚をもらった。トルティーヤもついていて、よく考えたらそろそろお昼になるところだった。これで今日は昼食もゲット。
さらにさらに、食べ終わってふたたび作業の手伝いをしていると、彼のもう一人の兄弟が仲間とともに漁から戻ってきた。もちろん大漁の魚とともにだ。魚を片付け、釣り道具を洗ったりしながらくだらないおしゃべりをしていたら、みるからに美味しそうな脂ののった鯵を何匹かもらった。これで夕食の食材も手に入った。実際には処理が面倒なので、今日は食べなかったのだが、なんだか今日も一日ほとんどキッチンに立つことなく過ごしてしまった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

近所付き合いのおかげ?

相変わらず上手いこと近所付き合いをしているせいか、このところ差し入れやら食事を作ってもってきてもらったりが続いている。無予約で二度もやってきたトモ君のおかげで狂った食料計画もそのおかげで辻褄が合い、これで明日の朝雨が降らなければ市での仕入れで無事次週の食料計画に入れることに。
そしてさらに朗報といっていいのだろうか、ケーブルテレビのケーブルもお願いすれば分岐してもらえることになった。今のところ治安上(?)テレビも買えない、ケーブルも引けないということを強調していたので、いきなりテレビを買って見だすのは検討しなければならないが、とにかく壁で向かい合っているので、ケーブル会社には様子がわからない。幸いなことにオモアに2つのケーブル会社が入っているらしく、もし片方が確認にきてももう一方のほうだといえば済むようだ。実はコンピュータにつなぐアダプタはもっているのでケーブルさえ繋げば今すぐにでもテレビ番組はみることができる。以前蛍光灯アンテナを作り試し番組はみれた。ただオモアでは受信状況が悪く、はっきりいって普段見ようと思うような状態ではなかったので、その後は蛍光灯アンテナの改良などもせずにきた。チャンネルも限られているからここはやっぱりケーブルのほうがずっといいはず。
これで2年後までにプロジェクターを購入すれば、居間での「ワールドカップ大スクリーン観戦計画」が実行できる。ビール片手にハンモックにゆられながら試合を観戦、この贅沢な計画を少し前倒しで進めるのもいいかもしれない。イベント業でも利用できるだろう。
こちらの都合を考えない子供たちの襲撃にはときどき嫌になることもあるが、近所付き合いのおかげでいろいろよい話もあるからおもしろい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

雨男去る

今日雨男のトモ君はホンジュラスを出た。昨晩は今日テグシガルパまで行き、そのあとパナマ、南米と移動するようなことをいっていたのだが、オモアの幹線道路にでるまで悩んだあげく一旦グアテマラに戻ることになった。
そしてオモアの天気だが、トモ君が出発した11時過ぎまではどんより、小雨も混じる天気だったのだが、その後は一気に回復し、午後2時すぎにはすっかり雲もなくなり晴れてしまった。まさに雨男であることを証明したようなものだ。
そんなわけで晴れた午後は庭仕事をはじめたが、晴れているにもかかわらず、数日続いた雨のせいか気温もあがっていないようで暑くない。鍬でそろそろ雑草も目立ちはじめた庭の真ん中あたりを耕しはじめたのだが、おかげであまり汗をかくこともなく作業は捗った。気がつけば今日予定していた範囲をこえて全体の半分くらいまで鍬を入れることができた。
その後夕方からはなにやら隣の家で物音がするので、様子を見にいくと庭のマンゴーの木の枝を落としている。聞くと、実が屋根に毎日のように落ちて、夜眠れないのだという。そして枝を落としたあとは木をそのものも倒すのだという。高校生の息子が気に登りマチェテ(山刀)で切っていたのだが、作業中枝に巣を作っていた蜂に襲われおでこには痛々しく腫れができていた。
そんな様子をみてあと早めの夕食を済ませた頃に「ドスン」と音がするので再び見にいくとまだまだ作業はつづいていて、二人がかりで両方から引いて切るのこぎりを使って幹を切りたおしていた。その後はその倒した幹をさらに何分割かするというのでその作業をてつだったが、これが重労働。二人の息が合わないと難しい。せっかくシャワーも浴びたあとだったが、また思い切り汗をかいてしまった。その上、知らないうちに夕食が用意されていて、断るのも悪くて今晩2度目の遅い夕食を食べた。きついかとおもったら、思いきり身体を動かしていたので、すっかり全部食べてしまった。
ただそんな作業が終わるころ、またまた雨が降り出した。どうやらここで「雨男トモ」の称号は返上できたかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

食料計画

雨雲は雨男のトモ君と一緒に移動している様子。朝方まで雨が降り続き、その後も雨はあがったもののどんよりした天気。行かず仕舞いのウティラは今頃晴れているんじゃないかとからかって楽しんだ。
それと食事。これも土曜日の夜突然予約もなしにきたうえ、一昨日出ていったかと思ったらふたたび知らせもせずに帰ってきたので、今週は食料のやりくりが大変。野菜は毎週土曜日の朝、その週必要と思われる分をまとめて買っているからだ。それでも1、2泊ならなんとかなるかと思ったが、それがまた戻ってきてしまったものだから、、、
まぁ野菜だけの話だし、八百屋もあるので買い足せばいいことなのだが、それも雨男のおかげで濡れてまで買いに行きたくない上、持っていた大き目の傘は先日電話をかけにきた常連さんに貸してしまった。近所だからとりにいけばいいのだが、またすぐ来るしと思ってそのままにしていたが、向こうもやっぱり雨の中わざわざ特別緊急を要する話でもないのに電話をかけに来ないのだろう。
そんなわけで、今日は昼はコメドールで済ませ、夕食も野菜なしの魚尽くしにした。酒飲みのトモ君にとってはそれでちょうどいいらしい。リクエストだった鰹のたたきのほかに、はまちと鰹の中骨の塩焼きを用意したのがよかったのだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

草むしり考

宿泊客が続いた上、天気も悪くて怠り気味だった草むしりを久々に2時間ちかくやった。ただ今日も決して天気はよいわけではなく、雨が降っていないというだけのことなんだが、作業するには都合がよかった。
以前はマチェテ(山刀)を使って草刈りだったのだが、最近はひたすら手で抜いてまわっている。草抜きといったほうが表現がただしいかもしれない。この草抜きのよいところは草刈りに比べ作業後に雑草が成長するまでの間が長いこと。当然と言えば当然なのだが、さらに新たに出た草はまだ根が深くないので抜きやすい。次々にまだまだ葉の小さな草を抜き取っていった。
しかしこの草むしりはちょっとした麻薬作用でもあるような気がする。庭が広いというのもあるかもしれないが、なかなか終わることができない。ほんの1時間ほどでやめようと思っていたのに、気がつけば2時間没頭していた。予定の1時間でやめようと思わなかった。近所の子供が邪魔しにきたのでようやく終わりにした。
一方洗濯はどうも嫌いで、トモ君も出たのでシーツやら自分の服やら洗わなくてはいけなかったのだが、こちらは天気が悪いことをいいことに延期。洗濯場は屋根があり、干すのも雨の日でも問題ないのだが単に天気をいい訳にしただけなんだが、これがよかった。というのも一人の夕食を終え、ホームページのプログラム作りに集中していたとき、外で人の声が。電話をかけにきた客ではなかった。ラセイバからウティラ島に渡ったはずのトモ君がそこにいた。またしてもアポなしで。荷物を背負ったままいろいろいい訳はしていたが、とりあえずまだ洗濯も掃除もせず、そのままだった元いた部屋で構わないというので入ってもらった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

どんより

朝から雨。今日ウティラに行こうと考えていたトモ君だが腰が重い。ウティラに午後の船で渡るには朝9時にはオモアを出発したほうがよいのだが、その時間かなり雨が激しかったので、今日中にウティラ島入りは諦め、対岸のラセイバで泊まることにし、昼前までオモアに滞在した。といってやることもないので、宿にある古い日本の週刊誌をみては懐かしいといっていた。
そのトモ君が出発した昼前に雨は一時弱まったのだが、そのあと再び降り出し夕方まで降り続けた。そして雨が上がったあとも空はどんよりしたまま、気温もずいぶん低いので、この季節になってはじめて厚手の上着を羽織った。しかし足元はといえばサンダルでなんともちぐはぐではあるのだが、例年この時期はこんな天気と気温なので、しばらくはこんな恰好で過ごすことになるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

久々に不通

プロバイダを変更して1ヶ月、無線アンテナを使っていることは同じはあるが安定度はずっとよいうえ料金も下がって満足だったのだが、今朝になってはじめて数時間不通になった。オフィスは同じオモアにあるので直接出向いたが、日曜日のため入り口の門は閉められていて人のいる様子がない。仕方なく実家が裏の家で、今回のプロバイダ変更のセールスをしたディノラの携帯に連絡をしたところ、何らかの支障があってシステムの変更作業中で昼過ぎに回復するのだという。
そしてここには電話がないので連絡できなかったというので、今後同じようなことがあるときは実家に伝言を頼んで知らせてくれないかとお願いしておいた。
とにかく久々に不通だったネットだが、聞いたとおり昼12時くらいに復旧し、その後は安定していた。
一方昨日もらったシラントロの種だが、今日は雨が降ったり止んだりの天気だったのと、昨晩夕食の仕込みといってもイソノさんが出て宿泊客もいなかったので、簡単な準備が整いさあご飯を炊こうかというところで訪問者が現れた。グアテマラのアンティグアに随分長いこといたトモ君で、あれほど予約してくるように伝えていたにもかかわらずアポナシで来た。食事はまだ火を入れるまえだったので、それからさらに食材を追加して夕食を用意したが、宿泊料は今日は予約割引料金を適応したが、昨日の分は本人にも納得させ、ホームページでも謳っているとおり通常料金をもらうことにした。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

毎週末雨

このところ週末は雨。今朝イソノさんがオモアを出るのと市もあるので降らないでほしいと思っていたのだが、早朝から雨足は強くなり、早目の朝食の準備をしつつ外の様子をうかがっていた。そしてどうやら朝食を食べ始めた頃から雨足が弱まって幹線道路に向かおうと玄関を出たときにはほんの気持ち小雨程度、止んだといってもいいくらいにはなった。
市で買い物もするのでバッグを背負い幹線道路脇まで歩いたが途中の家々の庭をみてみると朝から結構降ったようだ。グアテマラシティまでの直行便のバスが通過するまではまだしばらく時間があったので、イソノさんに一言いって先に買い物をすることにした。実は先週いつも野菜売りにくる農家の人にシラントロ(パクチー)の種を分けてほしいとたのんでいたので、まず最初に彼らのところに行き、種の植え方など教えてもらいつつ必要な野菜を買った。
今日は朝方に激しく雨が降ったので市にでてる店も少なく、結局彼らのところでいくつか野菜を買っただけで済ませてしまった。
そして買った野菜を背負ってイソノさんがバスを待っているところにもどるとしばらくして直行便バスがやってきた。握手をして別れたが、どうやらオモアを気に入ってくれたようなので、そのうち日本に帰っている間の留守番をお願いできたらとおもった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとだけ草むしり

仕方ないことなのだが、宿泊客がいるとどうも庭仕事が疎かになってしまう。今日も庭仕事はするつもりはなかったのだが、先日植えたオレンジの苗木周辺に雑草が生えだしたので、これだけは処理しておこうと30分ばかり庭に出た。
一方ココ刺身も食してもらおうと、これはと思うココナッツを選んだのだが、生憎どれも刺身にするには時期を過ぎていて硬すぎた。ただココナッツジュースは充分すぎるくらい取れ、これでラム酒を割る飲み方はイソノさんも気に入ったようなので、ペットボトルに移し、冷凍庫で冷やしておいた。
明日イソノさんはオモアを離れるので、また庭仕事の日々に戻ることになるが、天気はどうも下り坂。明日は雨ということなので、一日休んで日曜日からもとの生活に戻ることになるだろう。それと庭に積んだ枝や草を焼きたいと思っているのだが、こちらはどうも数日天気がよくてもそのあと雨が降るのでずいぶん延ばし延ばしになっている。これも来週中には片付けたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

未回収

太陽熱温水器を自作しようと集めたペットボトルだが、今では水を入れて並べているだけになっている。この計画はまだやめたつもりはないが、今後パーティー会場として居間を貸すようになるとその度ごとにペットボトルは手に入る
そして今日屋根の修理作業をしていたらなにやら隣の庭でペットボトルを拾い集めている親子がいる。鉄くずらしきものも拾っていたので、廃品回収かと思って作業が終わったところでこちらのペットボトルも引き取ってもらうよう頼んだ。二つ返事で取りにきてくれたのだが、引き取るのはコカコーラなど透明なペットボトルだけ。スプライトなど色のついたものは対象外だという。
それでもここ数年集めた数は相当あり、その数の多さをみてあとでもう一度来るといって帰ったのだが、結局戻ってこなかった。彼らの帰ったあとでキャップをとり水を捨てた状態にしたおき、キャップは近所の子供がくれというのであげてしまった。そうなると中身がないものだから風でころころと転がる状態で、それが30、40本分あるから大変。明日引き取りに来てくれるといいのだが、はたしてどうなるか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。