2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年も来襲

7月最終日。ちょっと早いような気がするのだが、今年も奴が来た。正確にいうと今年は奴ら。実は数日前からいたようだが、気づいたのは今日。午前中庭仕事をし、昼食をとってのんびりしていると奴らが庭に入ってきた。豚一匹とヤギ一匹。今日のところは雑草を食べていたが、いずれはオレンジの葉まで食べられてしまうだろう。あわてて庭にでて追い払った。
例年この時期になると近所では豚を飼いはじめクリスマス前に絞める。そして放し飼いのような飼い方も例年通り。以前の庭なら雑草ばかりだったから気にならなかったが、今はオレンジの木や先日植えた野菜などもある。知らないうちに入ってきて荒らされたらたまったものではない。アルメンドラの枝を切り分けている最中なので、この枝で柵でもつくったほうがいいかもしれない。
またひとつやることが増えてしまった。おかげで退屈しないですむのだが、、、
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ふたたびトルナドか

たおしたアルメンドラの枝を分けようと庭に出たはいいが、どうも他の雑草が気になって草抜きをはじめてしまった。ただ昨日同様日差しがかなり強く20~30分ほどやって20~30分休むというパターン。10時過ぎまでやって汗びっしょり。洗濯場横のシャワーをあびつつ汗まみれの服を洗う。
そして午後。一転雲行きが怪しくなってきた。妙な風も吹きはじめた。向かいの家のでは皆空を見上げているので、そちらにいってみると、先日のトルナドはこんな天気のときに起きたという。空の一点をさしながらあのあたりが怪しいといっている。前回のトルナドのときは裏で作業の手伝いをしていて見逃しているのでもし今回もトルナドが発生したらしっかり見ておこうと思ったが結局はそんなあやしい雲も1時間もしないうちにどこかへいってしまった。ただ怪しい雲が去ったあともすこし雲が残ってくれたおかげで日差しは弱まった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

引きこもり

ようやく例年の夏らしくなってきたというところだろうか。今日も一日日差しが強く外に出る気になれなかったので、引きこもってスキャニング作業に没頭した。最初は300ページを越える頁数に1週間くらい必要かと思ったが、午後の早いうちに全て取り込むことができた。
ただ取り込んだ画像がそのままでは重すぎたのでPDFに置き換える必要があった。この置き換え作業にも手間ではあったがどうにか夕方までに終了。そして出来上がったデータをSkypeを使って送信。90%以上を送信したあとでネットが不通になったため一度は失敗。再度送って2回目は上手くいった。
引きこもって身体も動かさず、汗もかかなかったので、一昨日とはうってかわって食欲もなかったがとりあえず軽くお腹にはいれておいた。明日は先日たおしたアルメンドラの木の枝をこまかく分ける作業をしようと思う。ただ日差しが強かったら、引きこもってしまうかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

スキャニング

スペイン語学校アタバルでグアテマラの民間コーヒー協会「Anacafe」が発行している「Manual de Caficultura」というタイトルの本を預かってオモアに帰ってきた。Skypeを使ったオンライン授業を利用している生徒に珈琲関連の仕事をしている人がいるそうで、その人の教材にこのマニュアルを使いたいということなのだが、同じ本を日本に送るわけにもいかない。そこでスキャナーで読み取って必要な部分を利用できるようにしようということになった。ただ糸で綴じてあって見開きにすると真ん中あたりがうまく取り込めない。ばらしてもいいということなのだが、ページ数も300を越えるので学校で生徒との対応や接客をしながらの作業は難しいだろういうことで協力させてもらうことにした。
庭仕事も一段落、裏の家の手伝いも数日はなさそうなのと、この数日天気がよすぎて、外での作業をあまりしたくなかったので午前中と夕方からはロケットの発射台製作。昼間の暑い時間は部屋でスキャニング作業にあてた。
集中して作業したからか全体の半分近くまで取り込むことができた。図や写真も多くなかなか分かりやすく書かれている本だと思うが、実際この本を読んで珈琲栽培をしているのだろうか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

食べすぎ

午前中は庭仕事、そしてアンティグアで買ってきた大型洗濯バサミをつかってペットボトルロケットの発射台の作成。今回のアンティグアでの収穫のひとつがこの大型洗濯バサミ。日本ではカチッとつなぐ散水ホース用のジョイントが安く手に入るので簡単なのだが、こちらにはそういったタイプのものはどうやらない。かわりに探していたのが大型洗濯バサミなのだが、オモアでは誰に尋ねてもそんなものはしらないとの返事。これがアンティグアのスーパーで売っていてしかも安かった。とはいえこの洗濯バサミがあれば必ず上手くできるというものではない。今日実験してみた限りではまだまだ工夫が必要だとわかった。
そして午後は裏に住む大工の手伝い。ここから少し離れた小学校の脇の土地にアパートを作る予定で今のところは土地を囲う壁などをつくっているところ。壁にデザインされた鉄柵を取り付けるのだが、これは明後日以降の作業で今日は草刈りや整地作業。日差しの強い昼は避けて3時すぎから3時間ほど働いた。
仕事前の昼食は久しぶりのタパードをご馳走になった。腹ごしらえをしてから少し間を置いての作業だったがしっかり汗をかいた。それでもまだ少し日があるうちに片付け部屋に戻った。シャワーを浴びたが疲れていて食事を作る気にはなれなかった。夕食もご馳走してくれるだろうとも思ったりもしていたのでしばらくネットをしながらくつろいでいたが、7時近くになっても誘いがないので、これは今日は夕食抜きかと思ったが、やっぱりお腹が空いてきていたので調理にかかった。そしてご飯が炊け、てんぷらを揚げようかと思ったときに声をかけられた。夕食の差し入れ。7時半を回っていた。もう少し早く持ってきてくれていたらと思ったが仕方がない。最初は天ぷらをやめご飯も冷凍しようかとおもったが、野菜ばかりのおかずだしご飯も一日おくとおいしくないので差し入れの夕食とともに全部食べた。
しかし流石に今日は食べすぎ。それでもアンティグアでの食事で多少は胃が大きくなって戻ってきたのでなんとか全部たいらげた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

好評DVD

昨日はもう日が落ちる頃に戻ったので特になにもすることなく休んだ。そして今日は朝一番から庭の手入れ。グアテマラに行く前にトルナドのため倒れたレモンの木だが、どうやら上手く立ち直ってくれるのではと期待できそう。
そして草刈りをしていると近所の子供が集まってきた。作業の邪魔になるので、グアテマラ・シティでDVDを買ってきたというと貸してくれという。作戦成功。これでしばらくはここに近づかないだろう。まとめて貸してもいいのだが、無くされたりするといけないので、1つずつ貸すことにした。自分のスペイン語の聞き取りも兼ねてアニメを中心に聞きやすいものを選んだので彼らにはちょうどいいだろう。とにかく彼らが立ち去ったのを確認して作業を続けた。
ほどなくして庭仕事は終えたが、それと相前後して彼らはもどってきた。ずいぶんはやいとは思ったが次のDVDを貸してあげた。そして小一時間ほどして昼食の準備でもしようかと思っていたらまた戻ってきた。驚くほどハイペースで観ているようだ。これではすぐ手持ちのネタが終わってしまう。ただこれほどDVDが子供らに好評だとはおもってもみなかった。この分だと映画館計画もうまくいくんじゃないだろうか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

贅沢な乗り継ぎ

いつもなら朝4時に起きてグアテマラ・シティからサン・ペドロ・スーラ行きの直行便バスを使うのだが、今回は重い荷物もなく乗り継ぎでもそう苦にはならないだろうと思い、朝食を食べてからゆっくりと出ることにした。
9時過ぎにアンティグアを出て、グアテマラ・シティに着くと市内バスに乗り換えプエルト・バリオス行きのバスターミナルがある近くまで移動。すぐにターミナルには向かわず、露天で売られているDVDを物色。ここで買うと1枚が10ケツァル。レンピーラに換算すると約25レンピーラに相当する。ホンジュラスで同じDVDを買った場合は1枚が35~40レンピーラ。グアテマラのほうがずっと安い。選んだDVDをその場で見せてもらい、映りに問題がないかを確認して購入。それからターミナルに向かった。
しかしここで予定が狂う。11時発のバスに乗りたかったのだがすでに満席。仕方なく12:30発のバリオス行き直行バスのチケットを買った。この間にも2便バスはあったのだが、一本は途中モラレスまで、もう一本はモラレスを経由するものなのでそこで12:30のバスに抜かれてしまい結局このバスが一番都合がよいだろうと判断した。
11時発のバスに乗り込む乗客をみていたがどうやら10人以上のアメリカ人グループがいるらしい。これが満席の理由だとわかった。シャトルバスでターミナルにきたようだから、おおかたアンティグアあたりの旅行代理店を通してきたのかもしれない。そして自分の乗る12:30発のバスがでるまで待っている間にまたまたターミナル付近でDVDを売り歩いている売り子から数枚のDVDを購入した。
ここまでは予定は狂ったもののそれほど心配をしていなかったが、いざバスに乗り込み動きだしてから突然心配がよぎった。たぶんこのバスでは国境まではいけてもその先のバスがないはず。バリオスまで行って一泊したほうが無難かとおもったりしたが、荷物もないしとにかくいけるとこまで行こうと思うことにした。
案の定プエルト・バリオス方面とホンジュラス国境方面の分岐点に着いたのは5時少し前。国境行きのコレクティーボのバスもいつ来るかわからない。ちょうど同じバスに乗り合わせたホンジュラス人がやはりこれから国境を越えてプエルト・コルテスまで行くという。このホンジュラス人がタクシーで国境まで行くというので便乗した。コレクティーボの倍額になるが仕方ないだろう。
ホンジュラス国境へは5時45分に到着。入国手続きを済ませたが、プエルト・コルテス行きの最終バスは5時半で出てしまったあと。
仕方なく国境の町コリントに泊まろうかと思ったが宿泊費を訪ねると200レンピーラもするという。交渉すればもう少し安くなるとは思うがもうバスもないことで足元をみられ、値切れないかもしれない。
コルテスに向かうというホンジュラス人はここからもタクシーを使うという。聞くとコルテスまで450レンピーラだというので、またまたこの話に便乗した。二人で折半したが、コリントに泊まり、どこかで食事をして、明日またバス代を払ってオモアに向かうことを考えるとずっとこちらのほうがお得。
グアテマラ・シティで予定が狂ったために予定外の出費で贅沢な移動にはなったが、乗り継ぎの苦もなく快適だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

借りたはいいが、、、

アンティグアでアクセサリーや皮のかばんなどを作って売っているサトウ君にアニメのDVDを借りた。日本のアニメだがスペイン語の吹き替えや字幕のもの。実写の映画は吹き替えでも速さについていけず、聞き取れないことがおおいが子供向けのアニメだといくらかついていける。特に内容を知っているものは聞き取りやすいのでよい勉強になる。
コピーDVDはたやすく手に入り特に日本のアニメはこちらでもけっこう知られている。テレビでも日本のアニメは必ずなにかしら放映されているからオモアでも近所の子供らに貸してあげると喜ばれる。
ただ今回は借りたDVDをコピーする空のDVDがなかった。ようやく今日購入していざ焼こうとしたのだが、貸してもらったPCに必要なソフトがインストールされていないため利用できなかった。ハードディスクが壊れて交換したあとでまだソフトを入れていなかった。ネット経由でフリーソフトをインストールしてみたもののハードとの相性が悪いのかうまくいかない。確か以前に自分でインストールしたはずなのだが、どんなソフトを入れたか覚えていないのと、このPCが空いている時間もかぎられているため今回はコピーをあきらめるしかなさそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

目的完了

ようやく今回のアンティグア訪問の目的を果たした。今後の運転資金分をトラベラーズチェックにして持ち帰る。日本で用意したきたチェックを一旦こちらの銀行のドル口座に入れておいて、それをこちらの銀行が発行するAMEXのトラベラーズチェックに必要な金額だけ作るという方法をとっている。
こちらでは100ドル以上のチェックだと銀行で受け取ってくれないことがほとんど。ただ一旦ドキュメントとして自分の口座に入れる分には100ドル以上の高額チェックでも入金できる。日本で細かい額で用意し、いちいちサインをするよりも高額チェックを自分の口座に入れ、必要な分を小額のチェックにして引き出すというのはなかなか都合がいい。しかもなぜかチェックを発行する際に一切手数料がかからない。銀行は一体どこで発行手続きの手数料を稼いでいるのかまったく不思議だが利用する側としては大助かり。
今日は先に世話になっているアタバルの電気代も収めに別の銀行にいったのだが、支払期限前日だからか、電気代支払いの専用窓口はけっこうな行列になっていた。昼すぎにいったので窓口の銀行員は1名。なかなか列が進まないがそれほどイライラしなかった。昨日銀行員は薄給でサイドビジネスでもしないと扶養家族を持つ人はやっていけないという話をきいたせいだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

銀行口座、誤解、訂正、そしてまた。

昨日の銀行口座の件だが、いくつか誤解があった。自分のスペイン語レベルの問題もあるのだが、とにかく昨日一度解除ができたと思っていたドルの口座もオンライン上で確認するとブロックされていたので、友人であるスペイン語学校アタバルのマコトさんにも付き合ってもらい銀行を訪ねた。
そこでわかったのは昨日解除手続きしたのは窓口でドルを引き出せるようにしただけでオンライン上の解除ではなかったこと。そしてオンライン上の解除手続きをする場合は申請書にサインをして解除権限のある担当者が操作する必要があるのだということがわかった。昨日はここまでの説明を受けられなかったのは権限のある担当者がその時間いなかったのと、対応してくれた銀行員も新人で単に窓口での取引の解除手続きだと思い、オンライン上の解除手続きをしたいというこちらの目的が分からなかったからのようだ。
とにかく今回はオンライン上でのやり取りができるようにしてもらった。ただケツァルの引き出しはそちらの窓口に列ができていたことや昼前にきたので昼食に間に合うように帰る必要があったのでまたで直すことにした。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

また明日

今回アンティグアに来た目的のひとつはお金の準備。ホンジュラスでは在留権がないので銀行口座がつくれない。5年ほど前までは外国人であってもつくれたので、その頃にここに住む決断を下していればよかったとは思っている。グアテマラも同じ時期、同様に在留資格がない者は原則的には口座をつくれなくなったが、幸いなことにすでに口座をもっていたからよかった。
そしてオンライン上での取引もできるほど進んでいたりする。ただこれも口座のお金が2ヶ月だか3ヶ月動かしていないとブロックされてしまう。この場合は本人が銀行に出向いてブロック解除の手続きをするまでは一切利用できなくなる。もちろん両替してお金を実際に受け取るにはいずれにせよ窓口に出向くことになるのだからオンライン上ですることはないのだが、為替レートはこちらのほうがお得。また事前に自分のドル口座から現地通貨のケツァル口座に移しておくことで窓口での手間も省ける。
しかし今回は窓口での現金の移動も3ヶ月以上なかったケツァルの口座がブロックされているためオンライン上の解除ができなかった。ケツァル口座の残金が少ないからだと思う。そして手持ちのケツァルがなかったので出直すことにした。
本当なら今日のうちにホンジュラスに持ち帰るTCの準備をしたかったのだが、また明日手続きしようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

Buena vista

朝6時すぎに裏の親父についてサン・ペドロ・スーラへ。トラック運転手のこの親父は今回サン・ペドロ・スーラからエル・サルバドルへ荷を運ぶことになっているのだが、友人がコパン経由でグアテマラに行くというので紹介してもらいトレーラに便乗させてもらうことになっている。プエルト・コルテスで乗り換えてしばらくのところでその友人と合流。サン・ペドロ・スーラに着くとここでまた乗り換え運送会社のある街の郊外へ移動した。
そして紹介してもらった友人と9時過ぎに出発の予定だったのだが、ここで状況が変わった。この友人のトレーラーは結構な荷を積んでいて今日中にグアテマラ・シティに到着するのは難しいという。国境近くで一泊し翌日グアテマラ・シティということになりそうだということで、幸い別の同僚が全く空の荷を引っ張ってグアテマラ・シティに行くというのでそちらのトレーラーに乗せてもらうことになった。
しかしこちらのトレーラーはコパン経由ではなく、ふたたびオモアを経由しコリント国境を抜けてグアテマラに入ることに。早起きしてきた道を戻ることになった。
トレーラーに乗せてもらうのは初めて。座席の置くはベッドが2段になるようになっていてテーブルなどもある。相当広い。足を延ばして十分寝ることもできる。そして座席も2階建てバスの2階席の位置くらいの高さで見晴らしがいい。
また荷物を全く積んでいないトレーラーは非常に馬力もあり、速い。途中荷を積んだ遅いトレーラーや古くて遅い車をぐんぐん追い抜き、buena vistaを満喫しながら一路グアテマラ・シティに向かった。
途中一度だけ葡萄と葡萄ジュースを買うために休憩。冷えた葡萄ジュースは醗酵過程のもので以前山梨のワイナリーで飲んで以来の懐かしい味だった。単なるジュースと思って蓋を開けようとしたらすごい勢いで噴き出しそうになりあわてて閉めなおした。その後はちょっとずつ気を抜き飲んだがオモアに戻るときもできたら買いたいと思った。
今回サン・ペドロ・スーラとオモアの往復が加わったものの、ほとんど休憩なしのトレーラでの移動は以外に早く、グアテマラ・シティには午後4時頃に到着した。ただこの時刻。グアテマラ・シティはかなり激しく雨が降っていた。どうにかアンティグア行きのバスに乗り込んだが、アンティグアも同様に雨、特にアンティグアに到着した時刻が一番激しかったようだ。アンティグアの街の入り口近くで下車しすばやく最寄の軒下に逃げ込んでしばらく雨宿りしていたがいっこうに弱まる気配がない。そうしているうちに1台空車のトゥクトゥクがやってきた。普段ならここから宿泊先になるスペイン語学校アタバルまではたいした距離ではないので歩くところなんだが、さすがに今回はすばやく止めて乗り込みアタバルまで運んでもらった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

訂正トルナド

今日は朝からよい天気。昨日の雨がウソのようだ。そして倒れたアルメンドラとリモンの状態を確認する。よくよくみるとリモンは上手くすれば起こすことができ枯れずに済むかもしれない。アルメンドラは大きすぎてちょっと起こすのは無理と判断し枝打ちして解体した。おかげで右手はマメだらけ。
ところでこの被害、どうやらこのあたり40~50m四方に限られている。そしてウラカン(ハリケーン)ではなくトルナド(トルネード:竜巻)だと皆がいい、その瞬間を目撃したひとたちは異口同音に渦がオモア砦からこの宿のほうに向かって移動してきたという。そうだとしたら被害がアルメンドラだけで済んだのは幸運だったかもしれない。近所では樹齢うん十年の大木が倒れ、屋根が飛び、わらぶきの小屋がつぶれたところもある。ビーチに近いところでは大きな看板が見事に折れ曲がっていた。
このトルナドだが年配の住人も今まで経験したことがないらしい。海上ではみたことがあるという漁師もいたが、そんなことならしっかり目撃しておけばよかったと、片付けでできたずきずきする右手のマメを気にしつつタイプしながら思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ウラカン、アルメンドラ、リモン

降ったり止んだりの天気。せっかく雨水が染みないようセメントを上塗りして対策した壁も一部は昨夜からの雨では防げなかったようで、昼間には少し晴れ間がのぞいたその合間に再び上塗りをした。時間にして30分ほどで済んだが、裏でもなにか作業している。
こちらの作業が済んでみにいくと、どうやら今まで裏の家の向こう側にある道路をはさんだ建築中の奥の家でやっていた溶接作業が週明けからできなるので機械や資材をこちらに移動しなければならないらしい。
溶接には相当な電力を消費するが、その建築中の家には電気メーターがまだつけられていないため電気代がかからないので作業場としてその一角を間借りしていた。まだ塗装などが残っているようだが、家主は日曜日から住むことになったのだという。
今週はじめには溶接作業も終わっているはずだったのだが、仕事をたのんでいる友人の体調が悪くあと少しの作業を残して撤収しなければならなくなってしまった。電気に関してはあとしばらく延長コードを引いてこちらの家で使わせてもらうようだ。
その撤収作業も終わろうかという夕方になって雨が降り始め、どんどん強くなった。すぐ裏なのに家に戻るには相当塗れる覚悟をしなければならないような降り方。傘も全く約に立たないだろう。ウラカン(ハリケーン)らしい。確かに珍しく風も強い。そして停電。そのうち新築の家の隣の空き地にある大木が折れて、その反対側の別の家のある方へ傾いていき倒れてしまった。その家の住人は今日は留守のようだが、帰ってきたらびっくりするだろうなどと話していたら、ほかでも木がおれたところがあると全身ずぶぬれで帰ってきた近所の人が言っている。
夕食は撤収作業を手伝ったのでご馳走してもらうことになっていたが、ちょっと気になって少しだけ雨の勢いがおさまったときに見に帰ったら自分のところのアルメンドラ(アーモンド)の木も倒れていてその連鎖でリモン(レモン)の木も折れていた。ショック。
アルメンドラはいいとしてもリモンは今実がいい感じで大きくなってきたところだったし、今後も育ってほしいと思っていたものだからだ。ただ、そんなことはいってももう倒れてしまったことだし、あとはこれを片付けなくてはならない。
今のところ雨が止む気配すら感じないが明日雨があがったらこの片付け作業をはじめることになるだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

和韓洪折衷

昨日はバレアーダを作ってみたが、ネタ全てを焼かなかった。団子状にして冷蔵しておいたのだが、今日はこれをまたクレープ状に広げ焼いてみた。2日目はなかなかのできばえ、もうちょっと練習をつづければホンジュラスの主婦並みには上手くなるだろう。
ところでこのバレアーダにはさむものがない。昨日はゆで卵をマヨネーズとあえて玉子サンドのようにして食べたが、今日もこれでは芸がない。そこで思いついたのが刺身を挟んだらどうなるか。アジフライなら間違いなくおいしいとは思うが手間がかかる。刺身なら鯛がサクになった状態である。すぐに半解凍し薄くスライスしたものを用意した。味付けは山葵と醤油といきたいところだが、どうもあまりおいしくなるとはおもえないので、コチジャンを焼いたバレアーダに塗り、スライスした鯛をおき、さらに山葵を塗って食べてみた。おいしい。これはほんとうにおいしい。思いつきでやってみたがこんなにおいしいとはおもわなかった。
調べてみたところホンジュラスは漢字では洪都拉斯と書くようだから、和韓洪折衷のメニューといえる。小麦粉を煉る作業が少々面倒だが、これはまた試してもよい。今思ったが、これにラー油かごま油を垂らしたらさらにおいしいかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

初バレアーダ

今頃はアンティグアにいる予定で野菜を使っていたので今日は料理につかえる食材は少な目。ロメオ君たちがきたら買出しにいけばいいだろうと思っていたが、結局今日も来ず、連絡もなし。
まああまり期待はしていなかったが、そうはいっても来たときのことを考えてずっと待機していたのでこれといった作業もできなかった。
何かできることはないかと考えて、パンでも焼いてみようかと思ったのだが、生憎オモアではイーストが手に入らない。それだけのためにコルテスまで行く気にはなれない。そこでベーキングパウダーでできるバレアーダを作ってみることにした。
これまでご馳走になるばかりだったが、その間も作り方をみてきたので、まあつくれるだろうとはじめた。しかしこれがけっこう重労働。それに作った生地を伸ばして焼くのだが上手くひろげることができない。食感はまあバレアーダだったが、焼くときの成型はもうちょっと練習が必要だと思った。
ところでバレアーダを作ろうと小麦粉の袋をみたら「Especial para baleadas(バレアーダ用)」と書いてあった。これまでそんなものとは気づかず買っていたものだが、さすがにホンジュラスの夕食の定番料理だからなのだろう。ただ実際普通の小麦粉となにが違うのかはよく分からない。分類としては準強力粉のようだ。今までのところてんぷらでもトロミ付けでもつかっているが問題ないので今後もこのバレアーダ用の小麦粉を使用していこうと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(2) | TOP↑

≫ EDIT

待ち人来たらず、予定さらに変更

早朝から掃除やら壁塗りやらもろもろの作業。というのもロメオ君ら一行が来るという情報があったから。グアテマラ行きも明日に延ばし待っていたが結局来ない。まあこちらは部屋の準備をしているだけで、グアテマラ行きの都合が変わるのと、明日の出発に合わせ野菜などを買ったので今週は追加の買い物をしなければならない程度だが、漁師は魚を準備して待っているので問題が大きい。
ただこの件に関しては直接かかわっていないし、今後もかかわりたくはない。
とにかく彼らが来なかったことで明日グアテマラにいけなくなった。というのも日がずれて明日か明後日かにこちらにくるとなるといけないからだ。とにかく状況がわからないのでこのあとメールで確認しておこうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

建築のペース

隣りも裏もなんだか中途半端なところで建築が止まっている。少なくとも隣りの作業はすぐはじまってもおかしくないのだが、これはここ最近の天気の具合もあるのだろう。他の仕事の合間をぬってやっているので週末しか時間がとれず、その週末に限って天気が悪かったりするから次の週、次の週とのびのびになっている。
それにしても同じホンジュラスのサンタバルバラに住む友人宅の改築工事もそうなのだが、最初に聞いた予定通りに作業が進むなんてことはまずない。そしてその間に材料費も値上がりしたりするから大変だ。
近所を見回してみても結構そういった建築途中で止まっている家がある。ここではすべての材料、人件費が集まってから建築をするなんてことはない。材料がそろった分だけ、人件費が払える分だけ作業し、そのまま場合によっては1年でも2年でもほおってある。裏の家などはまさにその例だ。ほかにもこの宿の周りにもう一軒ブロックで壁はできているが屋根のない家がある。
そう考えるとこの宿の増改築が棟梁と話したスケジュール通りにできたのは奇跡にちかいのかも知れない。5年目に入ってふとそんなことを思った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

まるで秋のような陽気

午前中こそどうにかもった天気だったが、午後には雨、雨、雨。止まない。なんだか10月の陽気のよう。誕生日なんだが祝ってもらえてないような気がする。敷地の脇の水路も久々に溢れてた。水草やゴミが溜まっているためかしっかり流れないのも問題。仕方がないので雨の中取り除きにでたが結構な距離あるのですっかりびしょ濡れ。
そして午後になると雨が激しく降り出し停電。これだけ降ればそのうち水道水も濁りだすかと思ったがこちらは今日のところはまだ正常なようだ。明日グアテマラに行こうかと思っていたのだが、火曜日にロメオ君ら一行がオモアに来るようなので少し延ばすことにした。スペースがあれば彼らがグアテマラシティに戻るとき一緒に乗せていってもらうのも悪くないかもしれない。
とまあこんな具合で、客のいないときは酒は飲まないようにしているのだが、誕生日なのでビール買ってきて飲んだが、どうもこう雨が降って涼しいとあんまりおいしく感じなかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

滞在5年目

やっぱり今日も過ごしやすい一日だった。土曜日なので朝は野菜などを買いにでかけ、そのあとは庭の手入れを少し、先日蒔いた種の一部が芽を出した。ただ前回種を蒔いても芽が出なかったものはどうやら鶏に食べられてしまったからのようだ。今回は鶏が庭を訪ねてくる時間を避けて種まきをし、翌日の訪問時には土を入れ替えたところには近づかないように監視していた。まあこれでこのまま順調に成長してくれるとうれしい。一方かぼちゃはみたところ上手い具合に成長しているように思うのだが、実は土の中なのではたしてどうなるか。
なんてことを思いつつ庭仕事に勤しんでいたが、実は今日からオモア滞在5年目に入った。2004年はじめに前金を支払い一時日本に帰国したうえで、この日に残金を携え戻ってきた。土地建物が自分名義になるにはこのあと弁護士に書類を調えてもらいサインをしてからなのでもう少し後なのだが、この4年の間に随分手を加えて住み易くしてきた。最初のうちこそ大工を使っての工事だったが、現在はすべて自分ひとりでちょっとずつ作業を進めている。あと一度大工を使いテラスに上る階段をつけたいと思っているがこれはもう少し先の話。まずはイベント業をはじめられるようにあと少し塗装などして見た目を整えたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(3) | TOP↑

≫ EDIT

蛙と椅子の修理

今年のオモアは過ごしやすい。昼間は暑いが夜は涼しい。日差しがかなり強いと感じた日は夕方から夜にかけて雨が降り一気に気温が下がる。明日でオモアに済み始めて丸4年。いよいよ5年目にはいっていくわけだが、いままでこれほど過ごしやすくはなかったように記憶している。
そして今日も夕方から雷をともなった雨。停電になるか、ネットが不通になるかとちょっと心配したが問題なかった。雨も小一時間ほどであがった。これくらいの雨が理想的なんだが、今日は雨が降り始めたときに様子見で玄関先にでて振り返ったときに一瞬心臓が止まるかと思ったほど驚いた。バレーぼるとまではいかないがソフトボールより一回りは大きい蛙が玄関を越えて中に入っていくところだった。大きさにびっくりしたが、このまま奥に入られては困るのであわてて箒をつかみ外に追いたてた。大きくて重そうな割にはジャンプ力もある。どうにかこうにかうまく外に追い出しドアを閉めた。
それにしてもここには蟹や蛙、サソリにヤモリといろいろ入ってきてくれる。そして今日は蛙のあとに向かいの家の面々がぞろぞろと。電話かなと持ったがそうではなく壊れた子供用の椅子を直せるかともってきた。見たところ釘が折れたりしているだけで打ち直せば大丈夫そう。引き取って作業に入り、15分ほどで修理完了。雨があがったのでそれをもって行ったが、なぜ椅子の修理をさせられたのかなんか腑に落ちない気持ちを抱きつつ手渡して戻った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

種まきのあと

今日も予定していた作業は順調に終了。廊下の壁塗り、洗濯場周辺の床塗りが終わり、隣の家との壁塗りも半分終えた。夕方には種まきもした。ただこのあと日が沈もうかという時になって停電。それとともに雲行きもあやしくなり激しく雨が降り始めた。降り方がいつにも増してすごい。風も強い。今日塗り終えたばかりの隣の家との壁の具合が心配だが今考えてもはじまらない。具合が悪ければ明日もう一度上塗りするしかないだろう。
夕食作りは停電のため1時間以上遅くなってしまった。7時過ぎにようやく復旧したが、それから食事を作りはじめ夕食を食べ始めたのは8時過ぎ。夕方に停電があるといつもなら食事もとらず寝てしまうところなんだが、朝からあれやこれやと身体を動かしてお腹も空いていた。雨のため外食に行く気にもなれず面倒ではあったがとにかく適当に調理してお腹だけは満たしておいた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

明日は種まき

ようやく外回りの塗装はいちおう終了。廊下の塗装もあとわずか。明日にはこちらも終了。ただ隣の家との壁になっているブロックもセメントを上塗りしておきたいので明日隣のウィルには事情を説明して作業させてもらおうかと思っている。それと昨日思い立った洗濯場の床や壁までできたら完璧。とはいえ一日でできるはそのうち半分くらいだろう。週明けにはオモアに住みはじめて5年目に入るがそれまでには終わるだろう。新たな気分で5年目を迎えるためにあと二日ないし三日せっせと塗りこんでいこうと思う。
ところで今朝知り合いに頼んでいた腐葉土が届いた。先日撒いた種は正直上手く育たず、かぼちゃの葉だけはどうやら育っていると思っていたが、これもちょっと栄養が足りないといわれ、買ったものだ。朝玄関に土の入った麻袋が積まれていてびっくり。早起きなので気づいてもおかしくないはずなのだがいつ届いたのかわからなかった。土の入れ替えは午後にすると言うことだったので昼過ぎからはずっと待っていたのだがやってきたのは夕方近く。まだ日はあったが随分遅くにやってきた。入れ替えたところですぐにでも種を蒔きたかったが、「ここには鶏が来るのか」と聞かれ、「来る」と答えると、「明日まで待て」といわれた。一度彼らに歩きまわってもらってからでないと種がすべて食べられてしまうということらしい。
ということで明日の予定は壁塗りの仕上げと種まきということになった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

不覚

屋根と居間の外壁の塗装がほぼ終わった。ほぼというのはあとわずかのところで用意した分の塗料がなくなったから。明日はこの残った部分の塗装と廊下の壁をやって、当初予定していた塗装は終了。ただ洗濯場周辺の塗装もしたほうがいいかと考えているので、勢いのついている今のうちにこちらもやってしまう予定。
ただ不覚だったのは塗装中に使っているゴム手袋。いつの間にか小さな穴が開いていた。どおりで切り傷にしみるはずだ。今日も我慢して塗装をし、後片付けをしているときに気が付いた。傷の跡が炎症しかかっている。流水でしっかり洗い流し塗り薬を塗ったがこれも先日同様被害が広がるかもしれない。明日は朝一番で新しいゴム手袋を買って予定の作業をすすめようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

しみる

昨晩の雨は激しかった。そして今日隣の作業はなし。こちらの屋根の塗装も一旦たまった水が乾いてからということで様子見するつもりだったが、確認すると昨日の雨で塗装がしっかりできていなかったところははげ落ちていて、それが気になってしまった。結局箒で水を掃き剥げ落ちたところを塗装しなおしてまわった。
このとき昨日の作業でのすり傷や切り傷にセメントと石灰を混ぜた塗料がふれ、それがひどくしみて辛かった。この際だから一気に全部終わらせてしまおうと思ったのだが、傷口がこの前のように火傷跡のように炎症をおこしてしまう心配があったので、はげ落ちた箇所が済むと一旦すべて片付けることにした。
それでもこの先のことを考えるともう少し塗装を進めておきたかったので昼食を済ませてからもう一度作業をはじめた。そしてやっぱり傷口に塗料が触れ続けるのが困難だとおもったので、今回作った分の塗料がなくなった時点で作業終了。もうちょっとやっておきたかったが、無理は禁物ということで明日行こうに持ち越し。この塗装作業が終わったら一度グアテマラのアンティグアに行くつもりでいるのだがこの調子だと来週になってからになりそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

擦り傷、切り傷

早朝から屋根の塗装。なんだか順調に進みすぎて9時過ぎには今日予定していた分が終わってしまった。この調子で全部終えてしまおうかと思いつつ中休みを取っていたら裏から電気ノコギリや槌を打つ音が聞こえてきたので様子を見に行くと、この数日まったく作業が始まる気配のなかった隣の家の工事がいよいよスタート。
こちらの塗装は予定していた分は終わっていたので、後片付けをしてその後は隣の手伝いをはじめた。昼間は日差しもあり、暑い中での作業はきつかった。今日はトイレの床を作る作業で床下のコンクリートを一部削ってそこに角材で梁をつくりアルミを敷いて鉄筋を張りセメントを流すという手順だが、今日は鉄筋を張るところまで一気にすすめた。その間コンクリートを削るときに擦り傷をつくり、鉄筋を張るときには針金で腕や足に数箇所擦り傷をつくってしまった。たいした怪我ではなかったがけっこう痛々しい状態になってしまった。
ただ鉄筋を張る作業は針金が足りなくなりほんのわずか残し、まだ日があるうちに作業終了。明日にはセメントを流すことになるはずだが、夜になってかなり激しく雨が降り出したのではたして明日はどうなるか。こちらの屋根の塗装もどうなってしまうか朝が待ち遠しくもあり不安でもある。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

# 塗装の効果

隣の作業は今日もなし。ということで昨日に引き続き屋根の塗装。外壁が白くしたためか夕方壁に手を触れても以前ほど熱くは感じない。ここ数日は曇りがちの天気のせいかもしれないが、気分としてはいくらか温度が下がっていると思っている。
屋根も同様にセメント石灰を混ぜたものを塗っているから以前より白くなっている。これでこちらも熱がいくらかでも下がればいいがまだ効果のほどはわからない。この二日充分時間がとれたので屋根全体の半分以上の塗装が終わったが、このあとは瓦や水のデポジット用のタンクを動かさなくてはならないのでちょっと面倒。そうはいってもここまでやるとあとは勢いで二日あればできるだろう。
ただちょっとさびしいのはこのなかなかのできばえだと思われる屋根の塗装はほかの人に見てもらえないのが残念。壁の場合は道行く人にお世辞もあるとはいえ褒めてもらえるが、屋根は周囲にこの位置より高い場所がないので見せられない。やっぱり階段を付けて上ってみてもらえるようにしようか。なんてことを考えてしまう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐ

あと一週間ほどでこのオモアに住み着いて満四年になる。建物の増築や修築をし、日々庭の手入れをしてここまできた。といってもい未だに作業中ではあるがちょっとずつ居心地よくなってきているとは思っている。
今日は隣りの作業はなし。ということで客室の屋根の塗装をはじめた。一日かけて客室と廊下部分の屋根半分が終わった。塗装しながら4年の間に多少傷んでいる部分を発見し、そこはセメントの量を増やして修理。曇り空ではあったが雨も降らず絶好のコンディションで思った以上に作業は進んだ。明日もこの調子なら来週はじめにはこの作業も終わるだろう。まだ廊下の壁の塗装ものこっているのだが、どうにか一週間以内に終わらせ気分よく五年目に突入したい。ただひょっとしたら隣の手伝いで続きは明後日になるかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

もらったグローブの意味するところ

昨日の晩御飯は隣でバレアーダをご馳走になる。何もしていないのにご馳走になるのは気がひけるが、大した作業ではないが建築資材のブロックを運んできたピックアップから降ろす手伝いをしたからまあいいだろうとお邪魔した。
ただ食後に作業用のグローブをプレゼントだといってもらったのにはちょっと戸惑った。正直これはもらう理由がない。ひょっとしてこのあとも「手伝え」という意味で渡されたのだろうか。品物はなかなかいいもので、結局あまり深く考えずもらうことにした。
そして今日午前中は部屋の屋根の掃除。このあとの暑さ対策も兼ねて壁同様セメントと石灰を混ぜたものを塗ろうかと考え中。広い屋根なので一度に塗ることは無理なので、まず最初に手をつけようと思っているところに置いてある瓦などを別の場所に移動。早速グローブが役に立った。掃き掃除までしてちょうど昼。そのあと、午後からは隣で工事を始めるということだったので、その建築作業を手伝うつもりだったが生憎、あるいは運良く雨が降り出し中止。さて明日はどうなるか、天気と隣の作業の有無でどうなるか今のところ検討がつかない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

鈴虫

ねずみはここ数年家に入ってきていないが、蚊やヤモリ、カニはいつでもいる。サソリも年に何回か見つける。そして鈴虫なのか松虫なのか。これも家の中にけっこういるようで、夜になるとあちこちで鳴いている。
この鈴虫ととりあえず呼んでおくが、蚊のように血をすって痒みが残されるわけではないから気にしなきゃいいとはいえる。だが、ベッドの近くや電話の接客をするために座っている場所の近くで鳴かれると正直うっとうしい。
ちょうど今も鳴いているが近くではないのでほおってある。風情があるといえばそうなのだが、少なくとも寝るときは鳴かないでもらいたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。