2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのカマロン

このところ魚以外の海産物を買うことがなかったのだが、昨日ナノの作業の様子をのぞきに行ったら今漁船が桟橋に横付けしてカマロンを安く売っているというので、それならばと買いに行った。オモアの漁師たちの乗っているような小さなランチャボートとは違って大きな船。船の両側には手長海老のようにポールが伸びいかにも漁船といった感じだ。カマロンは1ポンド75レンピーラ(US$4.00ほど)というからまあ安いほうだろう。ものもいいので2ポンド買った。
そしてそれを今日調理して食べようと思っていたのだが、なぜかそのあと隣りのウィルの手伝いをすることになってしまい、おあずけに。なんて思っていたら、ウィルのところでも昨日買ったカマロンを使って炒飯を作っていてそれをご馳走してもらった。
午後一杯手伝って片付けも済んだ頃に今度は裏の家のチトに付き合わされて飲むことに。それも家ではなくはじめて連れていかれた飲み屋でビールを飲まされた。その前に数杯ロンを飲んでいたのですっかり酔っ払ってしまった。家に戻ったのはそんなに遅い時間ではなかったがもうすっかり千鳥足。明日はきっと二日酔いだろう。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

さびしくもあり、、、

庭の耕作作業もほとんど終了。緑の雑草群ももうほとんどみられず土がむき出し。蛍たちの居場所もなくなってしまった。こうなってしまうとちょっとさびしくもある。なんてことを思っているとまたすぐに雑草たちが伸びだし後悔することになるだろう。
焚き火も引き続きやっているが今日は数箇所にためた雑草をすべて燃やした。気分は焼畑。焼いた場所は肥料を蒔いたようなものだから土も肥えていてこのあと種を蒔くのに適しているだろう。
それにしてもこの一週間鶴嘴を振り続けたせいか右手首が相当疲労している。まだあと少し作業を続けたいところだが、明日は無理せず休息日にしたほうがいいだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

食べられた

ようやく、ようやくいい感じで育ちはじめた玉蜀黍。まだ実をつけていたわけではないが、茎の真ん中あたりから上の部分を油断していたら食べられた。庭はとくに柵をめぐらしていない。時々のら牛やのら馬(実際は飼われているのだが)が雑草を食べにくるのでこれは歓迎だったのだが、せっかく育てている野菜を食べられるのは話が別。そして今回の犯人はのらヤギ。正直なところかなりショック。
こうなるとやっぱり通りと庭の間に柵か鉄条網をはりめぐらさないといけないかもしれない。ちょうど作業を手伝っているナノが今まで使っていた鉄条網が不要になっているはずなので明日にでも相談してみようと思う。ただ電話をかけにくる客も出入りするので全てを囲うことは無理だろう。野菜を育てている一角だけということになりそうだ。
これからクリスマスに向けてのら豚もこれに加わるだろうから早いところ対策をしたほうがよさそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

耕作

引き続き朝から破れた配管を見つける作業。といってもまずは溜まった水を除くのが先。これが結構大変で、最初は暇人も集まっていなかったので二人だけでの作業になり、これだけで汗びっしょり。しばらくすると手伝いが増えたので楽にはなったがそれでも破れた箇所を見つけ修理し、ふたたび土をかぶせて埋めるまで半日かかった。
すっかり疲れたので横になっているうちにウトウトしていたら向かいの家から声がかかり昼食をご馳走になることになった。ここの家族というか一族は皆人がいいのだが、エバンヘリコの熱心な信者なのが困るところ。今回も食事をしながら教会に行こうと誘われるが、これはいつものことなので、返事もいつもように適当にごまかしておいた。
そして午後は少し曇がでていて作業するには都合がよかったので庭仕事に。連日鶴嘴をつかって掘っているのでいまや草むしり、草刈りではなく開墾中といった状況になっている。庭の色も緑から土色の部分が大半を占めるようになってきた。ふつう緑が減って喜ぶこともないのだろうが、作業しているものからすると今は緑が減って喜んでいる。今週一杯かけてまずは雑草をきれいにし、土を慣らして次になにか種を蒔こうかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

みんな暇人

朝から曇り空。庭仕事をするには好都合。いつもなら日が差しはじめると日陰に逃げていたが、今日はこつこつと鶴嘴をつかってまさに開墾といった具合で作業をすすめていた。
その作業中に近所のおばちゃんが孫を連れて通りかかったので、ここ2ヶ月ばかり水道用のPVCのチューブが破れて水漏れがつづいているところを案内した。この水道管は宿のものとは別だが、破れている場所が宿が通りに面している目の前なので現在常に水がたまっている。蚊の発生元にもなるのだが、母管ではないので修理は役所の管轄ではないらしい。
おばちゃんはちょうど草刈りを人に頼んでいたので、その草刈の人に破れた場所をみつけて修理してもらうことにした。ただこのあとがたいへん。なかなか場所が特定できない。目の前の通りには大きめの石が下に埋めてあって、破れた箇所とは別のところまでその大きな石の間をすり抜けてきているようす。あれやこれやと作業をしているといつの間にか人も集まってきて気づけば10人ほどの男たちがああでもないこうでもないといいつつ作業を手伝ったりしている。どうもこちらの人たちにはこうした傾向があって、暇にまかせて人の集まるところにさらに集まりやすい。昼食のためいったん皆引き上げたが、午後にもメンバーは少し替わったがまた10人近くが集まった。
結局今日のところは破れた箇所を特定できなかった。ただ大体の場所の目星はついたので明日続きをやるということで本日は解散。
それにしても家の前に3箇所も大きな穴が掘られた上、そこにはどんどん水がたまっている。明日中にはきちんと直してもらいたいが、あまり期待もできないだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

くせになる焚き火

昨日今日と二日連続の焚き火。ここ10日ほど好天が続いているのとナノの手伝いが落ち着いて、庭の草むしりに集中しているため集めた雑草も一日おけば充分乾燥してる。今回はしばらくは草抜きをしなくて済むように鶴嘴をつかって根から掘り起こしている。重いので長時間の作業はできないが、重さを利用して掘るので桑よりは力を必要としないのがいい。日が差すときついので朝一番でまずは堀り、そのあと手で抜いていく。
草抜きをしていると通りがかりの知り合いはマチェテ(山刀)を使えだの、草刈機でやったらどうだの言うのだが、個人的な乾燥としてはこの草抜きが一番効果が大きいと思っている。そして根こそぎ抜いた雑草が何箇所かに分散して集められている。これを順次燃やしている。火をつけるコツが分かりちょっと焚き火がくせになっている。まず大事なのは充分乾燥していること。そして火をつける際には弁当用のプラスチックやスチロール製の皿に最初に火をつけると簡単に燃え広がる。
焚き火の途中で中身をとったココナッツ実も燃やす。こうすると蚊が近寄らない。またなんとなく甘ったるい香りがするのがよい。
そして今は燃やしたあとの灰を野菜を育てている畑に蒔くようにしている。まだ乾ききっていない雑草も残っているので明日も天気がよければさらに焚き火をする予定だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

意味のない呼びかけ

外を歩けば必ずだれかしら声をかけられる。ほとんど全員かもしれない。名前で呼びかけられる場合もあれば、名前を知らないものはチノ、チニートと呼びかける場合もある。いちいち返事するのが面倒だと思うこともあるが、これは外を歩くときはまあ仕方ないと思っているし、単なる呼びかけだから返事だけしたらすむ。
ところがなかにはこまったものもあって、庭仕事をしているときなど、初対面のものが声をかけてくることがある。そしてただ呼びかけるだけでなく、こっちに来いといまでいう。何事か、用事でもあるのかと思って近づくと、ここはお前の家かと聞いてくる。そして用事は何だと聞くと何もないとの返事。作業を中断し、しばし閑談するが、彼が立ち去ったあとはもう作業する気になれない。
こちらの連中にはこの類の呼びかけをするものが多い。日本にいるときのように時間に追われて生活しているわけではないからまだいいが、この意味のない呼びかけはやめてもらいたいものである。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

一体何?

庭に植えた植物が一部いい感じで育ってきた。大根はそろそろ食べごろ。ニガウリはまだまだだがつるの伸び具合はいい。ただひとつ不明なものがある。種をまいた記憶のない瓜系の植物が順調に育っている。ニガウリではない。葉が別物だし、野球のボールくらいになっている実はメロンかスイカ。すっかりまんまるだからだ。
はたしていつが収穫の時期なのだかわからないが、頃合をみて一つ実を割ってみたほうがよさそうだ。しかし一体どうしてこれが育ったのか。このところ雨が降らなくてちょっと弱り気味なので今日は少し水をまいておいた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

フルーツ天国

オモアではフルーツ天国で、いつでもいろいろなものが手に入る。それもおいしい。オレンジ、バナナ、パイナップル、ライム、マンゴー、グァバ、パッションフルーツ、スターフルーツ、ナンセ、スイカ、よく名前のわからないものもまだまだある。簡単に安く手に入るものがオレンジやバナナだがマンゴーなどは近所の庭の木になったものをタダでもらうから実際はこちらのほうが安いといえるかもしれない。
小さな子供らもフルーツに関しては詳しくて、向かいの子供らは近くの木に実がなると、人の顔を見つけるととってきてくれとせがまれる。おかげでこれまで食べられるとは知らなかった実を味わったりしている。
ただ他人の家の木の実をとるときはどうも気がひける。なんとなくではなくはっきりいって泥棒だからだ。そんなときは子供らにせがまれたからで自分のためではないと言い聞かせているが、実際は庭の主もそれを気にしている様子はない。たまたま主が在宅で目があったときは申し訳なくて頭をさげるが、相手は一向にきにしていない。むしろ子供らだけで実をとろうとしているときは木から落ちて怪我などしてはいけないので注意しているようだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

日向と日陰

全快といえるだろうか。そして今日も炎天下ナノの手伝い。雲ひとつなく、日向はジリジリと暑い。この状態に長くいるとまた身体をおかしくするので、作業の合間は木陰に避難。この日向と日陰の差が大きい。日陰に風がそよぐとこれが相当心地よい。中途半端に家の中にいるくらいなら木陰にハンモックをぶら下げてねているほうがよっぽど気持ちがよいのがよくわかる。
ここ数日は雨がまったく降っていないがそれでも寝苦しくないのも、日陰での過ごしやすさを考えれば容易に想像がつく。ただ今晩は満天の星で雨が降る様子は見受けられないが、遠くで雷がひかり、はたしてどうなるかと思っていたら、日が沈んだと同時に停電。いまだに復活しない。今日は真っ暗な中ろうそくで食事をとったが、すでに2時間が経過している。もうなにもできないので寝ることにする。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

デング???

体調はようやく落ち着いてきたようだ。といってもまだ本調子ではないが。
それにしても今回ははたして風邪だったのかデング熱だったのか。本人は熱中症から風邪に移行したものだと今でも思っているが、症状からするとデング熱である可能性も否定できないようだ。ただネットなどで見るとデング熱になるとそれはそれは大変なことのように書かれているが、こちらの人にきいても子供や老人、あるいは栄養失調でもないかぎり大事にはならないようで、実際風邪だとおもっていたら実はデング熱だったってこともよくあるらしい。
どちらにしても体力をつけておかないといけないので、しっかり食べ、水分を補給し続けている。幸い今日は作業予定がなかったのでほぼ一日おとなしくしていた。昨日寝過ごしたためにいけなかった買い物は完全に体調がもどってからのほうがよいだろう。特にいつまでに購入しておかなければならないというものではないので、この際週明けでもよいかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

不覚、寝過ごした

椅子とテーブル。結局購入できず。昨日抱いていた不安とは別の理由で買えなかった。
今日も午前中はナノの手伝いを少しして午後にはコルテスに行くことになっていた。たいした作業ではなかったので午前中も早めに仕事を終え、家に戻り昼食にパスタを茹でていたら外から声がかかり、昼飯の差し入れ。確認しておかなかったこちらもいけないのだが、聞くとなんだか昼食を催促しているような気がして悪いからだまっていたら今日も準備してくれていた。せっかく用意してくれたので遠慮なくもらったが、こちらのパスタもそのままというわけにはいかず、結局二人前を平らげた。まだ体調はもとどおりではなかったが、これだけたべられるようにもなりまあ快方に向かっているのだろう。
ただ食べ過ぎた。食後ちょっと横になり休んでいたらいつの間にかうとうと。そして爆睡していたようだ。あとでナノに聞くと声をかけたがなんの返事もないので出かけたのか思ったという。彼らの用事もあり、いつまでもまってられずコルテスに行ってしまった。こちらが目を覚ましたのが3時前。もうすでに手遅れ、完全に寝過ごしてしまった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

遠慮

体調不良が続く中今日も外での作業。朝から天気もよいので一日炎天下かと思ったら昼頃から雲がではじめ、午後はすっかり曇り空。普段ならこれで元気に動けるはずなのだが、具合が悪いのでそううまくは作業できなかった。
昼食は作業場で弁当。そして夕食は用意してもらえたのだが遠慮した。バレアーダはきらいではないが、こう毎日同じものばかりを食べたくはない。もたれる食事をしたくなかったので、白米を少なめに炊き、ふりかけに茶をかけお茶漬けで済ませた。
明日の午後にはプエルト・コルテスに車をだしてもらえるので、いよいよテーブルと椅子を購入するつもり。事前に確認してしまうと値切り交渉がしずらくなるので問い合わせなどしていないのだが、いったら在庫がないとかなんとかいわれそうな気がして不安ではある。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

前言撤回

今朝もまだまだ調子がよくない。頭痛は弱まったが、今度は咳や鼻水がでる。身体を冷やしすぎて風邪を併発したのかもしれない。
そんな状態のところへ朝からナノがやってきて作業を手伝ってくれるかという。小学校裏のアパート建設予定地の塀にとりつける扉を運ぶのに人手がいるからだ。調子がわるいのだがと言ったが、椅子やテーブルを買うときに車を出してもらうことになっているのと、頭痛が弱まったので身体を動かしても昨日ほどきつくないので仕度をして出かけた。
しかしながら前言撤回。近所付き合いの煩わしいところだともいえるのかもしれない。山のほうはともかく真上はピーカン。日差しはかなり強い。それでも日陰にはいると風が流れ非常に気持ちがよい。病人を連れ出しておいてなにをいくかとも思ったが、人手が必要なとき意外はナノも気を使って風通しのよいところでずっと休ませてくれた。
食事も昼、夜と用意してもらいこちらはただ食べるだけ。夕食を済ませ横になっていたら今度は隣のウィルが様子をみにきてくれてた。そして開口一番デング熱じゃないのかという。デング熱を言われ、一瞬戸惑ったが、ウィルがいうには3日くらいきついが薬を飲んでいれば心配ないという。しかしそんな状態なら働いちゃまずいんじゃないかと思うし、第一こうしてなんだかんだで寝込まずに身体を動かし、意識もしっかりしている。そんなところからまず間違いなく風邪だと思っている。明日も手伝ってほしいとナノに頼まれている。まあ体調次第だが、今日も頭は冷やし、身体を温め早めに休もうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

どうやら

昨夜は眠れなかった。頭痛がひどい。身体はだるくなんとく熱い。昼間の行動を省みてネットで検索してみたところどうやら軽い熱中症のようだ。このところ扇風機なしで過ごしていたがおそらく熱中症だとあたりをつけたのでタオルを濡らし、額や首筋にあて、扇風機を回したまま寝ようとしたが頭痛は治まらずそのままに朝。流石に昨夜よりは落ち着いたがまだガンガンする。近所の店が開くのを待って頭痛薬を買いにいった。
そのあとはほとんど外出しなかったが、調理もする気にならなかったので昼は近所でパンとオレンジジュースを買って済ませた。そのときに隣りの家や向かいの家には昨日炎天下を帽子なしで歩いたためどうやら熱中症になり眠れなかったこと。そして身体を冷やすためにぬれタオルや扇風機を使いそのためさらに風邪を引いたらしく未だに頭痛がとれないことを話した。挨拶のつもりで話したことだったのだが、気にかけてくれて、夕方には夕食と薬を持ってきてくれた。これで夕食も作らなくて済む。
食事を運んでくれた子供らがそのまましばらくいついてこちらの体調など考えずに騒いでいたのには参ったが、近所付き合いの大切さを実感した。薬が効いたのか今日はほどよく睡魔がおそってきているので、少し早めに店じまいして休むことにする。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

無駄足、そして虚脱

朝9時前にオモアをでてプエルト・コルテスへ。居間をイベント会場にするのはよいが、椅子やテーブルが必要ということでようやく重い腰をあげ買いにいった。手持ちのレンピーラだけでは足りないのでプエルト・コルテスの銀行で両替する予定だったが、これが間違い。9時になりオモアの銀行が開いてから下ろしていくべきだった。
というのも実はこの前後数日間はプエルト・コルテスの祭りの日。昨日は銀行も休みだったらしく、週末までの必要な金を引き出すためすべての銀行にすさまじい行列ができている。はやめにオモアを出たからすぐに両替できるつもりでいたがこれでは無理。こんなこととは知らず、カードももってこなかった。ATMにも列はできていたが、こちらはしばらく待てば利用できそうだったのだが、また引き返すのもバカらしい。結局スーパーで椅子とテーブル以外に買う予定だったものを購入したが、無駄足感は否めない。自転車屋では空気入れを買うつもりだったがこれも今日は品切れで来週に入らないと次の仕入れがないという。
そして帰りのバスも待たされた。しかも炎天下。かなり疲れてオモアに戻り、遅めの昼食を済ませたが疲れすぎで昼寝する気分にもなれず溶接工事中のナノの様子を見に行き、結局手伝い。さらに疲れてしまった。
もうそのあとは虚脱感で夕方から1時間ちょっと爆睡。食事も食べる気がおきなかったが、それはよくないとサンドイッチを作って無理やり食べた。そしては今現在は疲れて身体は休みたいんだが、変な時間に寝てしまったおかげで目だけは冴えてしまっている。さあどうしよう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

タパード風アレンジ

残ったままだった韓国の「辛らーめん」のフレイバーをチャオミンを使ってラーメンを作るときに使っている。一袋まるまる使うと辛すぎるので半分くらいを使用し、醤油や味噌を加えてちょっと辛めのらーめんにしているのだが、今日はそれにさらに一工夫を加えココナッツミルクを足してみた。そう、ちょうどタパードのようになる。今まではタパードを作り、それに麺を加えていたが、らーめんという意味では今回のように最後にスープにココナッツミルクを加えるほうが具合がよいように思う。
庭のココの実もだいぶほおってあるので今日はいくつかとってきた。「辛らーめん」のフレイバーもまだまだ残っているのでしばらくはこのタパード風にアレンジしたチャオミンを使ったラーメンを極めてみようかと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

出稼ぎの報酬

昨日と今日、電線を設置しているアティルはあやしい英語をしゃべる。彼はイリーガルでアメリカに入国し、この仕事で週1000ドル稼いでいたという。月4000ドルの高収入。不法入国の斡旋業者コヨーテへの支払いもあったが、これだけの収入があったのですぐにその分は返し、数年働いてオモア戻ってきた。現在31歳。稼いだ金で家を新築し、このオモアでも電気工事を仕事にしている。
ホンジュラスは最貧国というふうに分類されているようだが、このアティルのような連中がかなりいて統計上にはでてこない金を結構もっている。暮らしぶりは贅沢とはいわないまでも、家や車、電化製品もけっこういいものをもっていて、どこか援助対象国かと疑問に思う。道を歩いても痩せた犬や猫など一匹もみたことがない。
ただ日本という国は相当額を援助しているうえ、日本製の車や家電の評価が高く、ここで日本人として暮らすのには都合がいい。役人の懐にはいろうが、出来上がったものがなんの約にもたたないものであろうが、この調子で日本は援助をつづけてほしいと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

重いケーブル

今朝、庭を一回りしてみたが卵はなし。当分はこの庭に鶏が卵を産むことはないだろう。
そして今日はここから300、400m離れた小学校脇にある土地にナノが電気を引く手伝いをした。現在土地を囲う壁はおおかたできあがり、出入り口には鉄パイプで作ったスライド式の扉をつけるのだが、溶接するためには電気が必要。この電気がまだこの土地には引かれていない。その隣やさらに奥にある家には電気はきているのだが、ここに電気をひくためには70~80mほど先の送電線からケーブルを引く必要がある。隣近所のものを延長するという方法も考えられるのだが、それらは古い電柱に張られていてしかもそれが緩んで手が届きそうな高さにあり危険。将来のことを考えるとしっかりと高い位置に線があったほうがいいということでナノの場合は許可をとってプライベートで線をひくようだ。
この土地は水道もまだないが、オモアの場合はメーターがなく月々決められた金額を支払えば使い放題。そのため水に関しては隣近所の水道を借りることもできる。そのため建築作業に必要な水のために水道を引く必要がないので、こちらの設置はもう少し先になるようだ。
とにかく今日はまる一日このケーブルの敷設作業。むき出しのアルミ線とナイロンで保護された線。これらが3本が束ねられたもの敷いていくのだが、これが重い。かなりの重量だ。電柱の間隔がそう長くなければ弛みも気にならないのだろうが、結構な間隔があるので弛まないようにするために思い切り引っ張らなければならない。電柱に登って設置する者が1名、地上で引っ張る側が3名それに時々通りがかりで助けれくれる者が1名加わったりしながらの作業だが、日が落ちてしばらくしてようやく作業終了。
アルミ線のを引っ張るため手は真っ黒。しかも日が落ちてからは近くの藪から蚊が集まってくるため引っ張り手の各自が気になって蚊を追い払うため力が分散してしまう。結局今日の時点で電気を開通させるまではできなかったが、とにかく大本となる線の配線はどうにか済んだので明日の午前中には電気を開通できるのではないかと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

つぶした

朝、二組を見送ったあと久しぶりに庭の草刈りをした。今計画しているパーティー用に居間を貸す以外に天気のよい日は庭も会場にできないか算段しているが、そのためには庭の地ならしなど相当手を加えないといけない。
とりあえずは見た目が悪くないように草刈りを怠りなくやるだけなのだが、今日はその最中に玉子をひとつつぶしてしまった。雑草の間になぜか玉子が紛れ込んでいたのをマチェテ(山刀)で思い切り割ってしまった。なぜ玉子がと一瞬思ったのだが、どうやら日ごろ散歩にくる鶏たちのうちの一羽が産んだものなのだろう。ずいぶん以前に数日ここの庭に産んだことはあったがそれからもう数年たっている。また卵を産むようになったのならありがたいが、さっそくつぶしてしまってはもう産んではもらえないかもしれない。
とりあえず明日からの草刈りは充分注意しようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ばたばたした夜

カイレイ君の泊まりは今晩が最後。この先の予定もおおかた立ったようだ。気分よく過ごしているようだが、どうも話している内容はよく理解できない。特に酒が入ると全くわけがわからなくなる。そしていろいろ質問ばかりするので、ちょっとわずらわしくなり、昼間はできるだけ外での作業をし、夕食が終わるとまた近所にでかけるようにしてきた。今晩も夕食前に向かいの家で作ったタマルをもらったので食後にお礼を言いにいってみると誕生パーティーだといってケーキをもらった。いつもなら避けたいところのケーキだが、今回は渡りに舟ということでしばらく談笑。子供の誕生会ではないので、食事とケーキだけで祝っている。誕生日につきもののピニャータもなし。それでも子供らはケーキで大喜び。元気に走り回っていた。
しかし今晩はこれだけで終わらなかった。ある程度時間をつぶし戻ると宿の前には1台の車。一体誰かと思ったらサンタバルバラに住む友人一家が訪ねてきていた。査証の更新のためサン・ペドロ・スーラに出たが、出かけたのが遅く更新以外に買い物などができなかったようで、それならオモアに来て泊まって明日買い物をして帰ろうということになったのだという。夕食もすでに終えた8時過ぎだったが、彼らもその辺りのことは承知していて食事を買ってからきたのでこちらですることはないもなし。ホンジュラス人の奥さんと子供、そして奥さんの弟と4人が泊まれる一番広い部屋を用意した。子供ははじめてのオモア。海をみたいといって夜にもかかわらずビーチへ散歩に行った。
今日は夕方一時激しく雨が降ったが、彼らが到着した時間はすっかりあがっていて星もでていたから運がよかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ほおっておいて

マイペースで夕食だけ用意しておけばよいカイレイ君はほおっておいて今日はお隣の工事の手伝い。先月オモアを留守にしたときに増築する床の半分にはセメントを流してあったがもう半分がまだだったので、残りを炎天下で作業した。
ただこの作業の前に知り合いがユカ芋を掘っているからもらいにいくというので、幹線道路からビーチとは反対の山側にしばらくいったところまで取りに行った。訪ねたときはまだ掘っている最中で地上部分の幹をマチェテ(山刀)で切り落とし、残った部分に縄をかけ、太めの木の枝をその縄にとおし、テコの原理で掘り起こすという一連の作業を見せてもらった。そして方法がわかったので少しだけ手伝わせてもらった。
そのユカ芋はそのあとのセメント流しの途中の昼食の際に出されたが、自分で掘った分もあったのでよりおいしく感じた。
しかし今日はこうして手伝いでほぼ一日とられてしまい、ペットボトルロケットの改良に時間をとることはできなかった。明日も手伝いをする予定なのでロケットの改良はできないかもしれないが、かえっていろいろ考えるにはよいと思っている。カイレイ君がでて落ち着いてからゆっくりはじめたほうがいいだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

なかなか難しい。

先週上手くできなかった鍋焼きのパン。イーストをもらったイタリア人のケーキ屋が営業日の今日、店に立ち寄りそのことを話した。
煉りこんで寝かしておいても期待したように膨らまないというとおそらく粉のせいだろうといわれた。
彼らも今使っているパン用の粉では以前のようには大きくならないのだという。そういわれてみれば開業当初のパンより一回り小さいような気がする。てっきり材料の値上がりで値段をおさえるために小麦粉の量を減らしたのかと思っていたがそうではなく、使っているパン用の小麦粉が替わったからだということがわかった。とにかくまたパン作りはするつもりなので今度は少なくともバレアーダ用の小麦粉ではなくパン用の小麦粉を使って作ろうと思う。
一方昨日は600mlのペットボトルで作ったロケットがある程度うまく飛んだので、今日は1.25リットルのペットボトルでロケットを作成。しかし上手く飛ばない。重さのためか、サイズが大きくなった分ガイドも延ばさなければならないのか、充填する空気が足りないのかとにかくまだまだ工夫が必要なようだ。
パンにしろペットボトルロケットにしろなかなか難しい。負け惜しみといわれそうだが、そう簡単にできては退屈してしまうので、こうして取り組むべきものがあるのはありがたいことだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

本格的に

昨日ナノの倉庫で見つけた空気入れだが早速今日借りてきた。そして実験。600mlのペットボトルで作成したロケットに水を入れ、グアテマラで購入した大型洗濯バサミで蓋を押さえ空気を充填。PVCのチューブを切って作ったガイドにペットボトルロケットを固定した状態から洗濯バサミを広げ発射。今まで以上に飛んだ。
近所の子供らを集め何度か試したが、ほとんどが上手く飛んだ。距離にすると10~20mだが水の量や充填する空気の量をもうちょっと増やせばさらに飛ぶだろう。ただボトルのサイズが小さいので飛距離に関しては限界があるように思う。サイトで検索した際に紹介されている標準サイズ1.5リットルのボトルで本格的に試してみたほうがよいだろう。
いちおう空きボトルは集めてあるので、明日は特にやることがなければ1.5リットルボトルロケットを作成し飛ばしてみようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

空気入れ

マイペースのカイレイ君だが、昨日は朝食を用意して声をかけるといりませんといい、今朝はこちらが自分の朝食を済ませた頃に起きてきて朝食ありますかという。流石にこれに応える気にはならなかったので、もし食べるなら前日に伝えてほしいといって断った。
そのあとは持ち歩いているPCでしばらくネットしたあと昼前に昨日同様滝に出かけていった。
夕方近くになってなにやら裏で物音がするので様子をみにいくと、大工のナノが倉庫の片づけをしている。夕食の下ごしらえはしてあったので、調理するまでの時間片づけを手伝ったがなかなか興味深かった。いろいろ道具がそろっていて片付けつつひととおりどんな道具をもっているのかチェック。そしてなにかのときに貸してほしいと断りにくいこの状況ですかさずお願いしておいた。
そんな中のひとつに空気入れがあった。ペットボトルロケットへ空気を充填する際に今は携帯用の空気入れを使っているのだが、これではどうも充分に圧力がかからない。ナノがもっているのは日本でも一般的なもの。しかも圧力計がついているものなのでこれなら安全に充分な圧力がかけられる。他の道具についてはなにかのときに貸してほしいといったが、この圧力計付き空気入れについては早速明日貸してほしいとお願いしておいた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

長期滞在割高

昨日から宿泊しているカイレイ君。どう表現したらいいかわからないがちょっと変わっていて、どうもペースがつかみにくい。そしてなぜかオモアを気に入ってしまった様子。今日は海ではなく、山側の滝まで行き、大いに感動して帰ってきて、明日もまた行くという。
ここに来る前はグアテマラのリビングストンに行っていたのだが、そちらはどうも肌に合わなかったという。まあリビングストンの評価は気に入る人とそうでない人いつでも二つに分かれやすく、気に入らなかった人にとってオモアののんびりした雰囲気は落ち着きたくなる大きな要素なのだろう。
そんなカイレイ君だが着いたときからしばらくいたいと言い出したので、この宿は一週間以上いると「長期滞在割高」があるからとっ釘を刺しておいた。サバロさんのように釣りが目的ならオモアにしばらく滞在するのも悪くはないが、旅の途中で長期滞在するところではない。とりあえずこの二日間の食事に関しては満足してもらっているが、そんなメニューを一週間以上も用意する気力がなくなっている。とはいえ「一週間」という期間を提示してしまったので、少なくともこの間はネタをそろえてオモアでの滞在を満喫してもらおうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

ビールはどこで

今まで宿泊者がビールを飲みたいというとき、最寄りは向かいのビリヤード場だった。それがつい最近ビールの販売をやめてしまった。ビリヤードもそろそろやめたいようだ。3台ある台も売りたいといっている。
しかしそうなるとどこでビールを買ったらよいかが問題になる。もちろんビールを売っているのはそのビリヤード場だけではないのだが、遠いと買いにいくのが面倒になる。食事の準備ができた頃にビールを飲みたいといっても買いにいってくるのに10分とか15分をかけてはいられない。
と心配していたが、それには及ばなかった。すぐ近く、距離にして20mから30m宿から遠くはなったが、ビリヤード場の親戚が飲料水関係の倉庫をはじめていて、そこで小売りもしている。そこまでいけば今までとおりビールは購入できるし、ほかにロン(ラム酒)も売っている。ただはじめて利用するときに今までなら角にあるビリヤード場と簡単に説明できたのだが、これからはちょっと長い説明が必要になる。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

Dormilona

庭にはオジギソウが点在している。点在と書いたが実感としてはもっとたくさん生えている。庭の草むしりをするときの厄介者で、正直他の雑草はそれほど気にならないのだが、オジギソウをみつけるとすぐに取り除きたくなり、実際取り除いている。ただ素手で抜く場合は棘に気をつけなければならないので作業としてはなかなか進まない。
このオジギソウだが、スペイン語では「Dormilona」と呼ぶとことをつい先日知った。聞くとその名のとおりこれを煎じて飲むとぐっすり眠れるのだという。そういわれて調べてみると民間療法としては精神安定に用いられ、煎じて催眠に用いるとある。日本でも別名「ねむりぐさ」というそうだ。ただの雑草ではなく役立つ用途があるのはわかったが、やっぱり庭を歩いているときに棘のある「dormilona」があるのは煩わしい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

店閉め

日曜日だというのに朝から工事のための停電。ネットが使えないので庭仕事でもして過ごそうかと思っていたら、裏の大工からの声がかかり知り合いがやっていた自動車修理工場を閉めるため、片付けの手伝いしてほしいとたのまれた。
修理工場のオーナーは現在オモアにはいない。アメリカに出稼ぎにでている。後片付けはその奥さんが担当していて必要なもの、不要なもの、売るもの、あげるものなど分類していたが一番の作業はそういったものをしまっていた小さなコンテナ。修理工場の土地は借りていたものなのですべて引き上げなければならず、まずはこのコンテナを移動させなければならない。
現在彼女が住んでいる家は人に貸すことになっているそうで、そこにコンテナは置きたくない。そこで別の友人の家の庭に場所を借りる手はずになっていた。
まずはコンテナに入っていたものを全て取り出し、掃除。2人や3人で運べるものではないので、応援の人手を頼み、7人でコンテナをピックアップに積み移動。移動先では6人でコンテナを下ろし今日一番の作業は終了。このあとは取り出した道具類や部品類を何度かにわけて運びふたたびコンテナにしまう作業だったのだが、これがまたひと工夫が必要だった。というのももともとしまってあったものだけを移すのなら簡単なのだが、これにそれまで修理工場のほかの棚などに保管していたものやこれから貸す自宅に置いてあったものまで収めなければならない。道具類は積み上げ、立体パズルのごとくあれやこれやと意見をのべながらどうにか全てを押し込み終わった頃にはすでに日が落ちていた。
その後、小雨が振り出してからも棚や作業用テーブルなどを裏の家の庭に運び最終的には8時近くまで作業が続いた。
ところでこの修理工場のオーナーの奥さん。流暢な英語を話すが、なぜかかたことの日本語もしゃべる。以前テグシガルパに住んでいた頃にJICAと仕事をしていたそうで、そのときから勉強しているのだという。漢字は難しくて読めないが、ひらがな、カタカナは読めるし、見せてもらったノートには小学生低学年くらいの字でひらがなが書かれていた。
JICAは嫌いだといった時点でそれ以上その話はすすまなかったが、このオモアに日本語を勉強しているホンジュラス人がいるとは驚いた。とにかくこの彼女は今日は作業の手間賃をもらった。手間賃目当てで手伝ったわけではないが他にも手伝っった連中がもらっているものを自分だけもらわないというのもおかしいのでありがたく頂戴した。
そして夕食は外食。はじめて幹線道路沿いのコメドールに連れて行ってもらった。ボリュームもあり、おいしい。値段も普段利用している近所のコメドールとかわらない。といって今回はご馳走になったので手間賃は手付かずのまま。月がかわったことだし、ネット代
の足しにしようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

出来栄え

結局昨日つくりはじめたパンの生地は寝かせたまま朝を迎えた。やっぱりあまり膨れていなかったが、もう仕方がないので焼くことにした。鍋の中央に空き缶の底に穴をあけ筒状にしたものにアルミホイルを巻き、そこにオリーブオイルを塗ったものを置き、その周りに8等分した生地を取り巻くように並べ中火で15分。そこで空き缶を取り除きパンをひっくり返してさらにしばらく焼いて出来上がり。「鍋焼きパン」と紹介されていたレシピにしたがって作ってみたが、出来栄えはいまひとつ。あまり膨らまなかったのはイーストの量が少なかったからなのか。最初は手に粘りつく生地もしばらく捏ねていたらくっつかなくなるとあったが、これも粘りつかなくなるまで相当な時間がかかった。
膨らみが足りなかった分歯ごたえのあるパンになった。なんだか「パン・デ・ココ」のような食感。ひょっとしたら「パン・デ・ココ」はこうやってつくっているのではと思った。見た目の出来栄えはいまひとつだったが、味は悪くなかった。ただ作るまでの手間を考えると、頻繁につくろうという気にはなれない。まあ今回は初挑戦だったので、まだいろいろ勉強し、工夫する点もあるので、あと数回は挑戦してみようと思うが、ずっとこの調子なら自家製パンは宿のメニューには加えられないだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。