2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

静かな日曜日

この数日、晴天続きで普段なら、昨日、今日とオモアのビーチには大勢のホンジュラス人が休日を過ごしにくるはずなのだが、今週はそれほど多くの人を見ず、静かな日曜日。
考えてみたら今日は選挙の投票日で皆投票のため遠出をしないのだろう。街宣活動もなく、そのための音楽も聞こえてこないから余計静かに感じるのかもしれない。
実は今日は宿泊予約もあったのだが、こちらは当人の体調不良でグアテマラのリビングストンから動けず、回復次第ということになり、明日以降の宿泊ということになった。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

プレゼント

昨晩のパーティーのあとの掃除はきちんと終わっていたが、居間のデコレーションはそのままになっていた。その中には風船を並べたものもあって、ウィリートの兄貴アレクシスほか数人の子供らがそれで遊びたいからと押しかけてきた。
ちらかしたら片付けをするという条件でしばらく遊ばしていたが、そのうちの一人、近所に住むケビンは、今日が12歳の誕生日だという。昼食にはケーキを用意し、家族で祝ったらしいが、特に友達を呼んでパーティーということはしなかったという。そういうことならと手持ちの100円ショップで買ってきた腕時計をあげると喜んで、御礼だといって残していたケーキを持ってきてくれた。
以前にも書いているがこちらでよくだされるケーキはあまり好みではないので、できたら遠慮したいところなのだが、折角の気持ちなので貰って食べた。幸いなことに、昨晩のケーキもそうだったが、このところ比較的まともなケーキにあたっていて、今日もらったももの期待はずれにおいしかった。
それにしてもなにかパーティーがあれば100円ショップで買い集めた品々を渡してきたが、この程度のもので皆たいそう喜んでくれて、ありがたいやらもうしわけないやら、ちょっと複雑な気分だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ウィリートの卒園パーティー

今日も机作りはしたが、午前中でおしまい。午後からは隣家のウィルの一番下の息子ウィリートの卒園パーティーを夜ここでするための準備。以前から計画していたパーティー業はまだいろいろあってはじめていなかったのだが、今日のパーティーに関してはウィルの家では狭いのと、この時期は毎晩のように雨が降るからということで貸すことにしていた。
しかしウィリートの行いがよいのか(!?)、今日はめずらしく晴天。夜になっても久しぶりの星空。これだったら屋外のパーティーでもまったく問題なかった。例によってパーティーは7時から言っていたが始まらず、なんとか8時前にスタートしたときはすっかり腹ペコだった。子供のパーティーだったが、ケーキ以外は甘いものはなし。飴もガムもなかったので、後片付けのときに腹立つようなことはなかった。ただ洗面所の鏡は割られてしまった。高価なものではないので気にはならなかったが、赤ん坊も含めたくさん子供が来ていたので破片の拾い残しがないかだけが気になった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ビデオ編集

VHSからDVDへの変換作業はとりあえずデータをPC内に収めるところまでは済んだのだが、それ以上はまだほおってあるままだった。
いつまでもそのままにしていくわけにもいかないので、机作りからもどってから編集作業をはじめた。
しかしこれが結構大変。使いこなしていればプログラムの設定もそう難しいものではないのだろうが、慣れていない。使い方をサイトでチェックしつつの作業で時間がかかる。動画と音声のズレも直さなければならない箇所があったりしてそう簡単には加工できそうもない。
安請け合いしてちょっと後悔しているところだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ぜんぜん違う

ナノは机の部品やら車の修理品を探して朝からでかけ不在。今日の作業はどうなるかわからず、向かいのビリヤード場で菓子パンをかじっていたら、なにやら拡張工事がはじまった。なにやらビリヤード場の一角で牛肉や鶏肉の炭火焼を販売することにしたようで、その売り場をつくるようだ。
机作りはどうしようかと思ったが、その時点ではやることがなかったので、はじめ様子見をしていた拡張工事の手伝いをはじめた。ただこの工事がたいそう大雑把なのにはびっくりした。というよりこのところ家具職人でもあり、もともとが几帳面な性格のナノの手伝いをしてきたためだろう。
はじめはこんな作業で柱は大丈夫か、屋根は差さえらるのかなどと心配したが、ある程度すすむとそれなりにちゃんとしているから不思議だ。材料の材木の曲がり具合も気にせず、見た目の美しさも無視したその仕事ぶりの違いにはちょっとした感動もあった。当然仕事は早い。ただこれが自分のところだったらちょっと仕事は頼まないだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

休業中?

昨日の午後からはプエルト・コルテスに行ったが、帰り道はすでに日が沈んでいた。先日みつけたハングル文字の書かれた看板のあるレストランの前をこの日も通過したので注意してみてみたが、看板には明かりがなく、建物も暗かった。
となるとこのレストラン現在は休業中かもしれない。まだまだこのあたりにはあまり韓国人がいないので商売にはならないのだろうか。
ただ昨日は月曜日だったので、休業日だったのかもしれない。やっぱり一度直接店に入って確認する機会をつくる必要がありそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

頭は使わなくてよかったが、、、

昨日机作りをしたので今日は休みということになり、朝から溜まった汚れた服を洗濯しはじめたら、ナノが「ちょっと手伝ってもらいたいことがあるが、時間はあるか」と訪ねてきた。通りにできた穴を埋めにいくという。スコップを持っていくと、穴を埋めるのは目の前の通りではないというので、それじゃあこれから建築予定の学校近くの土地の前かと自転車で出発すると、どうやらそこでもない。幹線道路からさらに奥にいった家。以前自動車修理工場を閉めるということで手伝った女性の家に向かう通りだった。彼女は現在旦那のいるアメリカに引っ越し、家の管理はナノが任されている。借り手をずっと捜していたのだが、ようやくトゥクトゥクの運転手が借りたいといってきて今晩から入居するのだが、通りに別の家が建築用に積み上げた砂が邪魔だというのでそれを退かし、積み上げられた砂のために雨が排水路を通らず、通りの斜面を削って一部が崩れてしまったので、その穴を埋める作業が必要になっていた。
ちょっと手伝ってくれというので行ってみたら、とんでもない重労働だ。机作りのように頭を使う必要はないが、わずかな時間で終わる作業ではない。結局昼まで3、4時間働かされてしまった。
どうにか半日で作業は済んだのだが、午後はまた買い物に付き合ってくれということでプエルト・コルテスまででかけた。こちらは基本的に座っていればいいだけなのと、道具屋、資材屋を何軒か巡ってこちらもいろいろ情報を得られるので喜んで付いていったが、けっこう時間をとられ、オモアに戻った頃には日が沈んでしまった。やりかけの洗濯はそのあとどうにか終わらせたが、そのほかは何もできなかった一日だった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

そんなに

昨日メンドーサさんに言われてびっくりしたのが電気代。先月の利用料金が5,000レンピーラ(約264米ドル)を越えていたという。そんなに使ったのかとナノと顔を見合わせてしまった。
我が家はいろいろあって毎月補助金内の利用なので支払いはゼロ。この5,000レンピーラという金額はちょっと想像できない。ただ溶接業をやっているところではそれくらいは使っていて毎月支払っているのかと感心してしまった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

確認

机の依頼主メンドーサ氏が久しぶりにオモアにきた。この週末はコスタリカからのお客を招待してオモアで過ごすようだ。昨晩オモアに着いたのでナノと一緒にこれまでの作業状況を説明し、今日は実際に確認してもらった。なかなか出来上がらないことでこれまで機嫌がわるかったのだが、予想以上の出来栄えにとりあえずは機嫌もよくなった様子。
そんな今日も朝から作業をしていたが、途中で様子をみにきて昼食に招待してくれた。ナノはちょっと困った顔をしていたが、ご馳走になると返事をしていた。どうやら奥さんのマルリンがすでに昼食の用意をしていたからどうしようかと思ったようだ。結局マルリンには黙ってナノの家で一度昼食を食べ、その後メンドーサさんのところでさらに食べることになった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

プンタ

ナノの奥さんマルリンはオモアのあるコルテス県ではなく、サンタ・バルバラ県の出身。ただサンタ・バルバラといっても県都ではなく、エルサルバドルやグアテマラ国境に近いほうにある町の出だ。
そしてそこではけっこう頻繁にいろいろお祭りがあるという。オモアではそういった祭りは年に数えるほどしかないのでつまらないともいっている。そのお祭りのひとつを撮影したVHSのビデオテープを借りてきたというので見せてもらった。
前半はパレード後半はステージでの踊りや音楽を撮影したものが収められていた。正直いって前半はおもしろくない。マルリンにとっては知り合いの顔がちらほら映っていたりするからみていて楽しいようだが、こちらにはどうだっていいこと。ただ終わりのほうにはテラのガリフナ人グループによるプンタの踊りと演奏があり、これは興味深かった。
VHSからDVDにコピーできないかというので、とりあえず試してみるといって預かることにした。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

完成はいつ?

ほぼ毎日机作りをしているが、一体完成はいつになるのか。作り始めてからもう1ヶ月半はたっている。天気が悪く作業ができなかった日もあるが、ここまで時間がかかるとは思っていなかった。軽い気持ちで手伝いをかってでたが、このところは飽きたというより疲れ気味だ。
とはいえナノはすっかり最後まで手伝うものだと思っているし、最後にサン・ペドロ・スーラで組み立てる作業には一緒に連れていくつもりでいるようだ。ホンジュラスのラジオ局のスタジオというのも一度みてみるのは悪くないと思っているし、流石にこれ以上はそう時間もかからないだろうからもうしばらく手伝うつもりではいる。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ポヨ・ホンデュレーノ

午前中、ナノは隣りのウィルとサン・ペドロ・スーラに用事があって出かけたため机作りはなし。一緒に行こうと誘われたが、掃除やら草刈りやらをしたかったので断った。
結局帰ってきたのも昼をだいぶ過ぎてからだったので一日休業。その分明日は早めにはじめるということなのだが、果たして予定通りにいくかどうかかなり怪しい。
ところでサン・ペドロ・スーラからプエルト・コルテスに向かう途中でポヨ・ホンデュレーノと呼んでいる鶏肉が売っている。焼いたものと揚げたものとを選べるようだが、丸々一羽単位で買うものらしい。そしてそれが120、130レンピーラ、6ドルほどちょっとで買えるうえ、味も絶品。
タクシー運転手のウィルは時々客をサン・ペドロ・スーラまで送り届けることもあるので、そんなときはこの丸まる一羽の鶏肉を買ってくることがあり、時々ご馳走になることがある。今日はナノが夜になって訪ねてきて招待してくれた。何も作業をしなかった一日だったのでなんだか申し訳ない気もしたが、ありがたく食べさせてもらった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

洗濯

好天が続いたと思ったら雨。洗濯が嫌いなのでついつい溜めてしまうのだが、流石に毎日の作業で汚れた服が溜まってしまったので、今朝は早めに起きてまとめて洗濯。夏の間は洗濯場横の水シャワーを浴びる毎日だったのでそのついでに洗濯もするというパターンだったので、汚れた服をそのままにしておくことがなかったのだが、こう寒くなると気合いを入れないとなかなか取りかかれない。
嫌いではあるが、ひととおり洗濯を終え、干したあとは気分がいい。雨が降っているものの屋根の下で風もそこそこあるので、たいていのものは夕方には乾いていて、一部厚手のものも明日の朝には乾くだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

一部始終が

先日宿泊してくれたフシミさん一行はこのオモアのあとはコパンにいる親戚を訪ね、その後グアテマラのティカルを見に行き、ふたたびコパンに戻るというスケジュールだと聞いていた。コパンからは専用車で移動すると聞いていたので、てっきりコパンにある現地旅行会社に車やガイドの依頼をしているものだと思っていた。
ところが実際は車はグアテマラのアンティグアにある旅行会社のひとつに、ガイドもまたアンティグアの別の旅行会社に頼んでいたことがわかった。というのもそのガイドがアンティグアに住む知り合いのアキコさんだったからだ。ここにも来てくれたことのあるアキコさんがたまたまグアテマラでガイドすることになったということ。久しぶりにアキコさんからSkypeを使って連絡をもらい話し出したら、まずはそのことからはじまった。飲みすぎの二日酔いで翌日の朝食も用意できなかった顛末がすべてバレてしまっていた。別に隠すつもりはないし反省もしているが、ここではさわりだけしか書かなかった一部始終が伝わってしまってちょっと恥ずかしい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

読書

このところ好天続きで、作業も順調だったのだが、今日は朝から雨。それも結構激しい。とはいえ、雨が降るときはいつも激しいことが多いので、特に今回だけ特別ということはない。
そしていつもというわけではないが、豪雨とともに停電もつきもの。それが今日は比較的長く朝から夕方までずっと続いた。作業もできず、電話の商売もできず、当然コンピュータも使えないからネットにもつながらない。そんな状態でできることといえば、読書くらい。久しぶりにゆっくり読書に時間を充てた。
最初はハンモックに揺られながらの読書だったか、雨が降り、風邪がふいている日はちょっと肌寒い。結局居間のハンモックから自分の部屋や客室を行ったりきたりしながら読み耽った。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

またまた誕生日

10月からというより9月の終わりから続いている誕生日会。今日また向かいの家では誕生日。昼間はナノの手伝いをしていたが、夕方からはこの誕生会にまたまた招待された。といってもそう大げさなものではないく、親戚プラスアルファといったくらいの人数。
こちらは名前を教えられてもいったい誰なのか、顔と名前が一致しない。女の子で13歳の祝いだということしかわからなかったが、まあこれで今日も夕食は作る必要がないということだけは確か。そして甘い甘いケーキを最後に食べることになることも間違いない。
食事はとり肉と豚肉の炭火焼き。ソースのチレモルがおいしい。飲み物はアルコールはなしで、例によってコカ・コーラ。日中の作業の間や昼食時にもコーラで、もう身体はすっかりコーラ漬けになっている。きっとすでに中毒になっているのではないかと心配ではあるのだが、外でご馳走になる場合はほかの選択肢がないので仕方がない。外に出ない日は炭酸飲料はまったく口にしないのだが、最近は家にこもることがないので、必ず口にする日々なので断らないまでも少し控えるようにしようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

発見!たぶん韓国料理店

机づくりが相変わらず続いているのだが、今日はちょっと早めに作業終了。プエルト・コルテスに買出しにいく用があるらしい。
そして3時前にはすべてを片付け引き上げ、と思ったら一緒にコルテスに行こうと誘われた。プエルト・コルテスにある資材・道具屋にもいくというので、特に買い物はないのだが、いろいろ参考にもなるので付いていくことにした。
そしてその帰り道、プエルト・コルテス郊外にある私立高校とシエナギータというちょっと高級なホテルがある町の間にあるレストランの看板が目に入った。「Comida Oriental(オリエンタル料理)」とあり、その下にはハングルが書かれていた。サン・ペドロ・スーラには何軒か韓国料理店があるのは知っていたが、プエルト・コルテスには中華料理店はあるものの、韓国料理店があるとは今まで知らなかった。看板だけなので、そこで出される料理が韓国料理という確約はない。ただいつか食べに行く機会ができたらとは思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり元の場所へ

寒さ対策で客室に移ったのだが、このところ好天が続き、隙間風もそう気にならなくなったので元の部屋に戻ることにした。
4年以上もここで寝起きをしていたからか、戻ってみるとやっぱりこちらのほうが落ち着く。ちょっとしたものが手近にあるのもいい。
ただ、また寒くなってきたらやっぱり客室に移るかもしれない。昨年の経験でいえば、ダンボールを窓枠にはめるのが有効なのだが、雨が降り続くあいだはつかえない。このダンボールをシートでくるめば雨が降っていても問題ないかもしれないので、次に寒くなったらためしてみようと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

弱くなった?

このオモアに住むようになってはじめに決めたことの一つに、「宿泊客がいないときは酒を飲まない」というのがある。実際には時には一人でも、あるいは近所でご馳走になることもあるのだが、そうはいってもほとんど飲んでいないといえるだろう。
そして昨晩、久しぶりのお客さんということに加え、日本から焼酎を携えてきていたものだから、勧められるがままにストレートで飲んでしまった。これが一杯くらいなら問題なかったのだろうが、その後もストレートで飲み続けたため、気がつけばすっかり酔っていてそのまま就寝。起きたらすでに出発時間。朝食の支度も何もできぬまま二日酔いの状態で見送り。
ほんとに申し訳ないことをしてしまった。気取った宿ではないが最低限のもてなしもできずに送り出すことになってしまったのが残念でならない。それにしても以前はもう少し飲めたと思っていたのだが、加齢によるものか、あまり飲まなくなったため体質が変わってしまったのか、ずいぶん酒が弱くなったように思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

段取りが、、、

ほんとうにめずらしい空路、しかも日本からアメリカのヒューストン経由で直接オモアにやってくるお客。コパンにいる親戚を訪ねにきた親子とその友達ということなのだが、こんな日に限って、いろんなことが立て込んでいて忙しい一日になった。
まずはウィルの家の工事。まあこれは昨日からの継続だし、前もって今日は半日程度しか手伝えないことを伝えておいたからそう問題にはならない。ただ、お客の空港への出迎えをそのウィルに頼み朝早くから行ってもっらったのだが、なんと知らせてもらっていた予定に書かれていた時間がサン・ペドロ・スーラの到着時間ではなく、ヒューストンの出発時間だった。そのため、ウィルには空港で3時間ちょっと待ってもらうことになってしまった。
そしてそのことでオモアへの到着時間も午後2時以降になるとわかり、ちょっとだけ迷惑をかけたウィルの家の工事をもう少し手伝うことにしたのだが、これがいけなかった。予定していた段取りがこれで狂いだした。
お客のフシミさん一行が到着してからもひととおりの案内を終え、オモア砦の見学とビーチを見に出かけている間また手伝いにもどってしまったため夕食の支度が大幅に遅れてしまった。そのうえその間に机の依頼をしているメンドーサがオモアにくるという。これまで作成途中でもいくつか確認したいこともあったのに、時間がとれず訪ねてこれなかったメンドーサがこんな日に限って立ち寄るというので、ナノもウィルの家の工事をすすめつつ、メンドーサが到着したら知らせてくれという。こちらもお客がいるからそう外のことを気にかけてもいられないのだが、結局夕食の支度の合間に何度かメンドーサの到着を確認に行き、そしてナノに知らせた。
その後は夕食の準備だけに集中できるかと思ったが、途中何組か電話をかけにくる客もいて、どうしてこうも暇なときと忙しいときの差が激しいのかと思いしらされた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

ブロック積みも久しぶり

一昨日の草刈りも久しぶりだったが、今日は隣家のウィルの家の増築の手伝い。これも久しぶりだ。土台作りをしてから半年近くたっている。久しぶりといってもこの作業は慣れたもの。体力的には砂を運び、セメントを捏ね、ブロックを積む作業なので家具作りよりは疲れるものの、やたらと神経を使わなくて済むところがいい。
ブロック積みの間はセメントの流し込み作業もないのでそう汚れることもない。こねたセメントのぶんだけブロックを積んでいったがとにかく順調に作業はすすみ、予定より早く今日の作業は終えた。明日も続きをやるのだが、こちらはやっぱり久しぶりに宿泊の予約が入っているので朝方だけしか手伝えない。まあそれでも必要なブロックを準備して、セメントをこねる作業さえ終わればあとは一人でもできないことではないので、まる一日手伝えなくても問題ないだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(1) | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり違う

当初の予定では今日は隣家のウィルの家の増築工事を手伝うことになっていたのだが、朝ナノが連絡にきて、マヌエルがきてくれることになったからウィルの家の増築工事は明日にして、今日は机の溶接作業に変更ということになった。
そしてマヌエルの手際。やっぱり違う。溶接士の中でも腕は上のほうなんじゃないかとも思う。今日のナノは普段使っている溶接用のマスクとは別にもうひとつのマスクをもってきて、その技術を盗むつもりでいる。マスクだけじゃない。なぜかビデオももってきていた。ただこちらは作業前の意気込みに反し、実際には記録はしなかった。マヌエルにコツを聞きながらその手際をみておくことのほうがずっと重要だと思ったからだろう。
しかしそのマヌエルでも明日からのサン・ペドロ・スーラの仕事のためにオモアを離れればならないという午後2時までに作業を終わらせることができなかった。そしてナノと話をして、明日の早朝4時にプエルト・コルテスまで車で送っていくという約束でさらに2時間半ほど働いてもらった。
こちらはちょっとしたとばっちりで、その時間まで昼食抜きだったため、いつもより早めに作業が終わったもののすっかり腹ペコだった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

久方ぶりの草刈り

溶接士の二人はどちらもつかまらなかった。仕方なく今日の机作りはたいした作業もなく午前中できりあげた。
そして午後、久々の草刈り。雨が続いたあとによい天気続きのためか雑草たちも元気に成長。それでも根こそぎ抜き取り作業が功を奏したのか雑草の根もそうしつこいものがなく、比較的楽に作業できた。ただそうはいっても広い庭全部の草刈りを終わらせることはできなかった。週明けには宿泊者の予定もあるのでもう少し見栄えよくきれいにしておきたいので明日も引き続き作業にかかれたらと思っている。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

経験不足

これまでも触れてきたが、溶接って難しいようだ。とりあえずの形を整えるための一部だけを溶接することには慣れてきてスムーズにできるようになってきたが、接続部分をすべて溶接する作業になると場所によってはどうしてもうまくいかないとぼやいている。
いずれは溶接すべてを自分の手でやりたいと思っているナノは一部分の溶接で自信をもったのか、今日ははじめのうちはひとりですべての溶接をしてしまうつもりでいたようだ。ところがしばらくしてどうしてもうまくいかないとわかると少々イライラしてきて、やっぱりマヌエルに頼もうといいだし連絡を入れた。ところがそのマヌエルは現在サン・ペドロ・スーラで働いていて週末でないと戻らないという。それじゃあサンティヤゴはどうかと電話したら、こちらもつかまらない。結局のところ不出来のまま今日は作業終了。
ナノはまだまだ経験不足ということなのだろう。明日二人のうちどちらかがつかまればいいのだが、はたしてどうなるか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

お披露目

机の2階部分の作業も随分すすんだ。そこで材料も足りなくなってきたので、塗装もタイヤの修理も終わったピックアップで資材購入にいった。2件訪ねた資材屋では車の荷台が話題に。苦労してようやく完成した荷台にはナノもそうとう思い入れがあるのか、熱心に説明している。そして皆が興味をもってくれることがうれしいようで、ずっと上機嫌だった。
そして帰り道も知り合いを見つければクラクションを鳴らし見せびらかしていた。ただ、個人的にはどうせ仕事に使っていればすぐに汚れたり傷がつくだろうからそんなに喜んでどうする、と思ってしまう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

測量

ここ一ヶ月以上机作りにほとんどの時間を費やし、そろそろ飽きてきたところ。この作業をはじめてから覚えはじめた「SketchUp」も自分なりに納得できる程度まで習得できてしまったことも影響しているかもしれない。
そろそろ次の課題がほしいと思っていたら、今日は作業を早めに切り上げこれから倉庫やアパートを建築する予定の土地の測量に。
ほぼ長方形の土地4面のうち通りに面したところを含めすでに3面は立派な塀が作られ、これから残り1面の塀と倉庫とをつくることになっている。それからさらにアパートをつくる予定なのだが、土地割りの予定をたてるためにある程度正確な広さを知っておく必要がある。すでに「SketchUp」で実際のものと同じイメージの図面が描けることをしったナノからこの先のプランを立てるのに協力してほしいと頼まれた。
こちらとしては願ってもないことなので喜んで受け、寸法確認の協力もさせてもらった。この土地での作業がはじまるのは机作りが終わってからなのでまだしばらく時間がある。それまでにいろいろプランを考えられるので当分は楽しめそうだ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

家具職人

机作りといっても今まではほとんど溶接が中心で、木材をつかったのは天板の部分だけ。このときナノが鉋がけもしたが、本職の家具職人としての腕についてはまだどの程度のものかそれほどはっきりしなかった。
ただ今日は机作りを早めに切り上げ、といっても4時過ぎではあるが、隣家のウィルに頼まれた吊り棚を作ることに。このときの手際をみてようやく家具職人だあると合点することができた。塗装はしなかったが、それでも吊り棚を作り終えるまで3時間ほどかかった。先日も書いたが、本職なだけに細かなところまで気になるらしく、自分ならそれほど気にしないだろうというところまでチェックするものだからこれくらいの時間はかけても仕方がないのだろう。
そして今日はこれだけではおわらなかった。作り終えた吊り棚をウィルの家の壁に取り付ける作業も頼まれていたので、ここまでやり終えた頃には8時をまわっていた。お腹はすっかり空いていたが、このあとに夕食を作る気にはなれないと思っていたら、流石にウィルのところで食事を用意してくれた。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

タイヤ屋

昨日ナノのピックアップは塗装も終わりこれで晴れて気分よく机作りに専念と思ったら、水洗い中にチュブレスタイヤのバルブに触れたら取れてしまった。とりあえず呼びタイヤに変えたが、これもひどい状態。すぐにタイヤ屋にいきたかったのだが、作業もあったので、一日待って今日の午後に幹線道路沿いにあるタイヤ屋に持ち込んだ。
タイヤ屋を訪ねたときはちょうど別の客の仕事をしている最中だった。そのタイヤはチューブタイヤだったが、みると何箇所もパンク修理の痕があった。自転車タイヤ以外のパンクの経験がないので、はたして車のタイヤのパンクの頻度についてはまったく無知なのだが、今回のナノの修理代がタイヤ二つ分で3ドルほどだったから、この程度の安い料金で直してくれるところから想像すると割りと頻繁にパンクするものなのかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

立ち話、長話

昨日とは反対の話し。いつものことなのだが、作業途中に人が様子を見にくるのと厄介だ。ナノはこちらの連中のなかでは比較的集中して仕事をするほうではあるが、それでも立ち話が時に20、30分の長話になることがある。今日がそうだ。その上今回はそのときにナノが管理しているアメリカに行ってしまった友人の家のことが話題になったものだから始末が悪い。この家は場所がちょっと不便なところにあるのだが、冷蔵庫やガスレンジ、テレビなどすべて整った状態なのでできたら月極めで貸したいとおもっている。話し相手が貸してに心当たりがあるようで興味を示したため作業を中断して見せにいくことになってしまった。
そしてピックアップトラックの荷台もあとは塗装をするだけとなっていたので、具合を確かめるために取り付けていくことにした。引き返す際にはこれからアパートを作ろうという別の土地へも案内したものだから、これらで正味30分、いやそれ以上かかっていて、その前の30分とあわせると1時間から1時間半も作業が中断したことになる。
依頼主の機嫌が悪いというのにこんなことをしていていいのかと思ってしまうのは日本人だからか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

≫ EDIT

こだわり

ようやく一段目の天板ができあがった。鉄筋の溶接と違って木材を扱った作業は本職なだけに要領を得ていて動きもきびきびしている。ただ、プロ意識からなのかそこまで気にしなくていいだろうというところまでこだわりがあるようだ。
結果仕上がり具合は全くこちらのほうがいいのだが、かかる時間は素人仕事とそうかわらない。作業途中で「どうだ?」と聞かれれば、「これで充分」と応えるのだが、そのあとも手は休まない。依頼主は作業の遅れで機嫌が悪いようだが、それなら少しは手を抜いてもいいのではと思うのは素人考えだろうか。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2008年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。