2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

撤収

先日夕食を食べにきた考古学者グループだが、今回のクーデター騒ぎで予定を早め、明日オモアを引き上げることになった。メキシコ人二人は家族がテグシガルパにいるので心配なようだが、電話では連絡をとりあっていて首都の様子は確認しているようだ。その話によるとニュースでホンジュラスでは停電になり、ネットも通じないとあったのはどうやらテグシガルパだけの問題のようだ。
おうおうにしてありがちだが、今回もテグシガルパというホンジュラスの一部でおきていることが全体のことのように伝えられてしまっているようだ。
もう一人の日本人学者もJICAからオモアを引き上げてテグシガルパに引き上げるよう連絡があったという。なにもグアテマラ国境までわずか50kmでいつでも脱出できそうなオモアをでて、問題の発生源で、今なお混乱しているテグシガルパに帰ることが果たして一番安全なのか疑問にのこるが、組織というものはそういうものなのだろう。
今や協力隊員派遣先として一、二を争うほど人数の多いホンジュラスだが、このクーデターを機に一気に減らされたり、なくされたりするだろう。そもそもゼネコンや商社などを合法的に助ける隠れ蓑にされているだけの組織だから、この際無駄に税金をつかれないように組織ごと撤収してくれたらほうがいいかとも思う。彼らからの援助は所詮役人の懐を潤すだけで、ホンジュラス一般庶民にはどれほど恩恵があるかあやしいからだ。
一方、すっかり平和なオモアでは次の工事に着工。まずは柱を建てるため、縄張り、くい打ち、そして基礎となる部分に穴を掘った。炎天下でのこの作業はかなりきつく、ナノたちには悪いが、こちらは適当に休み休み手伝った。それでも夕方には必要な5つの穴を掘り終えた。明日はここに鉄筋を組み、セメントを流し込む作業になる。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

見積もり

今回はグロスでの作業依頼ではないので、すべての注文は自分でしなければならない。ただ必要な資材のリストはナノと相談し、サイズや材質などの確認もきちんとしているのでそう難しいこともない。
ただどこで注文するかとなると、できるだけ安くすませたいのでオモアにある資材屋3軒とプエルトコルテスの資材屋1軒とで料金を比較の上きめることにした。
オモアはすべて店に足を運びあらかじめ用意したリストに金額を書き入れておらうことにし、プエルトコルテスについてはナノに電話で問い合わせをしてもらった。
結局オモアの一軒に頼むことにしたが手持ちのレンピーラでは足りないので、明日両替をして手配することにした。
その両替だが、このクーデター騒ぎでレンピーラの価値が下がってくれたらいいのだが、今日現在は普段とかわらなかった。明日注文、支払いを済ませるまでにはたしてレートが動くか、ちょっと期待したい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

休息と思いきや

なんだか世間では騒がしい一日だったようだが、こちらは工事もなく久々にのんびり休息をとるつもりだった。ところがひとつ問題が発生。といってもこの問題は数日前から続いているのだが、居間の屋根の木の梁の部分に鳥が巣をつくりだしたのだ。
たんに草を集めただけなら気にしないのだが、泥などもあって糞もするため、これを見逃すと梁の木が傷むし、糞が落ちてくるのも困る。しょうがないので巣を壊しているわけだが、この鳥が懲りずに何度でも同じ場所に巣を作ろうとする。
これがカラスくらい頭がよければ、学習して二度と同じ場所には巣をつくろうとはしないとおもうのだが、こちらが根負けしそうなくらい何度も何度もやってくる。
明日から始まる工事がすすめば鳥たちも近寄りにくくなるし、完成したあとは鳥たちが入ってこれないように壁と屋根の間の隙間に網をはることもできる。ただ現状では出入りが自由にできるので、もうしばらくはこの巣を排除する作業を続けなければならない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日はトニー

一昨日はディアナの息子セバスチャンの1歳の誕生日だったが、今日はそのセバスチャンのいとこにあたるトニーの4歳の誕生会。トニーの父親、ディアナの兄にあたるマウロはいまだアメリカにいる。それでもここにはおじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、いとこに、ともだちととにかく大勢の知り合いがいるので寂しいということはなさそうだ。
午後にはいり天気が怪しくなってはきたが、食事を済ませ、子供らが楽しみにしていたピニュータをやるまではどうにか降らずにもちこたえてくれた。そのあと例によって甘い甘いケーキを食べる頃にはわずかに降りだしたがそれもたいしたことなく無事誕生会は終わった。
もしひどくなるようだったら、居間を貸すつもりでいたが、補修工事で工具などがあるため、子供たちには危険でなないかとおもっていたので、貸さずにすますことができてよかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

そしてすしとプロピーナ

なんと今日は昼食が二食。ナノのところに食事をとりにいこうとしたら、向かいの娘スサナが食事を運んできた。午前中庭にあるレモンをくれといって隣のアレックスとやってきたので勝手にもっていくようにいったのだが、どうやらそのレモンも今回の食事につかったらしい。
日本と違い、このあたりでは昼食が一日のうちもっともボリュームあるもので、さすがにこの場で二食はとてもじゃないがたべられないので、運んできた分はとっておくことにした。
ただ今夜の場合はこのまま夕食にまわすというわけにもいかない。というのも今晩は現在オモア砦の調査にきている考古学者グループが寿司をたべにくるからだ。
ホンジュラス人、メキシコ人などにまじって一人日本人もいるのだが、彼らが先日訪ねてきた日本食をたべられないかという相談を受け、それならこの週末金曜日の夜ではどうかということになっていた。
補修工事の合間に下準備をし、作業後、彼らの到着をまって目の前でにぎりながらの夕食。久しぶりに調理したのだが、評判はよく、今回のオモア砦での調査が終わった日の夜また別メニューをということになった。
当然夕食代はもらったのだが、おつりをかえそうとするとプロピーナだといってみなおつり分をくれた。出費つづきなのでありがたく頂戴した。
ところで例の残してある昼食は明日の朝食ということになる。ボリュームがあるので少々きついかもしれないが、せっかくの好意でもらったものを無題にはしたくないので、早起きして、補修工事の前に掃除などして身体を動かしておけば問題ないだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

二食

すっかり身体が鈍ってしまっているが、昨日に比べたらいくらかまし。こうして徐々に慣れていくか、その前に疲れ果ててしまうか。一週間後くらいにはわかるだろう。
今日も昼食、夕食とナノのところで食べたが、やっぱり夕食後は早めに退散することにした。
ところが、そのあと隣りのアレクシスがやってきて、なにやら向かいの家で誕生会をやるからこのあと来るようにという。ディアナの長男の1歳の誕生日で、教会からもどったら、簡単な食事とケーキとで祝うのだそうだ。夕食が2回。ナノのところでは昼の残りをアレンジした簡単なものだったのと、作業がおわってシャワーをあびたあとで、早めの時間だったので、2回目の食事は食べられないということはなかったが、あいもかわらず、甘いだけのケーキはすこしきつかった。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブランク

いよいよ今日から補修工事がはじまった。最初は適当に見栄えだけ直してすませようと思っていたが、この仕事を頼んだのがナノだったので、そう簡単には済ませてくれない。
こちらが気にしてないところまで直したほうがいいと手をつける。手間賃はナノと手伝いのランボーと合わせても一日20ドル弱。友達だからということらしいが格安。少し申し訳ないのと、作業中は自分の食事を作る気になれないだろうからと、この手数料に食費を上乗せしてナノの家で用意してもらうことにした。
それにしても日本滞在中にすっかり肉体労働から遠ざかってしまっていたせいか、半年前はなんてことなかった作業がきつい。まめに水分をとり、休憩もとったがどうにも身体がゆうことをきかない。昨日までは曇り空だったが、今日は晴天。疲労に拍車がかかる。
夕食もナノのところで用意してくれたので、疲れすぎてあまり食欲はなかったが、明日の作業のためしっかり食べ、いつもなら子供らの相手をするところが、さすがに今日は明日にそなえるため早々に退散して早めに終身することにした。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

あっちもこっちも

明日からの工事に必要な資材を注文しにいった。今回は数箇所、それぞれ別の工事をする予定だが、まずは地震の後始末。これまでの工事はマヌエルとロロに頼んでいたが、今回はナノに頼むことにした。マヌエルとロロが役所からの仕事をしているのと、昨年からはナノの仕事をずっと手伝ってきたこともあるからだ。
ナノもあちこちで地震後の作業を頼まれてはいるようだが、それも定期的なものではないようで、今回の依頼も快く受けてくれた。
それと今回は支払い方法も変えた。これまでは資材も労賃も一括にした契約だったが、ナノには日払いということに。ナノの場合人を使うといっても一人あるいは二人だけだからこのほうが効率がいいだろう。とりあえずは補修工事の様子をみて、それ以降の工事はまた一括契約にしてもいいだろう。
オモアをめぐってみるとあっちもこっちも工事をしている。地震の補修もあるが、あらたに建築中の家もみかける。地震の影響だろうか、どの家も以前と比べるとよりしっかり柱を建て、ブロックの間に入れる鉄筋も増やしているようにみえる。建築資材は増えても今回のような地震のことを考えると、追加の建築費はいたいが必要経費だと考えるようになったのだろう。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

被害状況

結局補修工事は水曜日からということになった。今日は状況確認と必要な資材をリストアップしただけ。明日注文して翌水曜日は朝から作業という段取りに。
やる気のおきない状態は今日も同じだが、それでも手続きのため役所にいったり、ビーチの様子もみにいった。役所は平屋ではあるが、増築を重ねたためか、建物の一区画がすっかり崩れていた。これをみると地震がおきたのが深夜でよかったっとつくづく思う。一方ビーチもどちらかというと被害が大きい。砂地に建てられた建物は液状化現象がおきたようで、いくつかのレストランは立て直すしかないようだ。桟橋も同様で、相変わらず釣り人はいるものの、つなぎ目にが2箇所ほど浮いたものと沈んだ状態になっていて、人は渡れるものの、自転車は先までいけない。当分は補修あるいは作り直されることはないだろう。
しかし地震の大きさからするとこれらの被害もまだ小さいような気がする。日本で地震のことをきき、ネットで検索したときは場所はオモアではないが、ODAで日本のゼネコンが作った橋がきれに落ちている写真を見つけ、これはきっと相当ひどいことになっているんじゃないかと思っていたので、そのとき想像していたよりはたいしたことがないように思う。
一方で、日本人の税金で作った橋がいとも簡単に落ちてしまったのはなぜか?なにか手抜きがあったのではないかと思うくらいきれいに落ちた様子からしてこれが昼間だったらどんなに被害者がでたかしれない。改めて日本が援助して作り直すのだろうが、技術大国日本のイメージを壊すようないい加減は橋は今度はつくらないでもらいたい。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

もらいっぱなし

片付けはわずかずつ。もう急がないことにした。補修がはじまり、必要にあわせてものも移動する。やる気がおきないのでこの方法が一番だろう。
そして今日、キッチンの掃除まで終わった。これから食器や調味料などをもとの状態にならべなければならないが、明日からこのキッチンを中心に工事をはじめるので、まだしまっておいたほうが無難だろうと包丁置きをつるし、電子レンジなどの調理器をおくだけにした。自炊するにはさらに道具を出し、食材も買ってくる必要があるが、今のところ食事は近所で世話をやいてくれるのでまったく作る必要がない。あわよくばこのままずっとこんな生活でもよいかとも思ったりするが、今回はパン焼き器や秤、ハンドミキサーなども買ってきているので、そのうち料理もはじめるつもりだが、とにかく今はまだここを出る前の状態に戻すことが先決だ。
明日から補修の予定だが、これも午前中はナノは別の用事があるということなので、すべては午後から、用事が長引けば明日もこの調子でぼおっと過ごすことになるかもしれない。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

割引

朝一番でネット会社に行く。部屋の片付け、庭の草刈りもしなければならないが、まずは通信環境を確保することが先。今月も半分が過ぎているのにまるまるひと月分の使用料を支払うのももったいないないと思ったが、残り10日宿のサイトやブログを更新しないままというわけにもいかない。
受付で再接続を依頼すると、ちょうど社長が入ってきて挨拶。日本はどうだったかなど聞かれ、適当にこたえつつ、割引してもらえるかどうか切り出そうとしたら、社長はなにやら奥さんと話をして無効から今月分は半額でよいと言ってくれた。
実は社長の奥さんはナノとは兄弟、裏に住む飲んだくれ運転手のチェトの娘だから、どうやらサービスしてくれたようだ。
おかげで気分よく戻ったのだが、家にもどるとまたまた現実に引き戻されどこから手をつけたものかと思案にくれることに。考えてみれば部屋の片付けのほかにそろそろ洗濯もしなければならない。日本からの移動中洗ったものはわずか、家にも着替えはあるが、これまでたまった分はさすがにこれ以上はほおっておけない。桶に入れ水を満たしてつけるまではしたが、それ以上はやる気がでず、今日のところはそこでおしまい。明日こそ部屋の片付けとともに洗濯もきちんとやろうと思う。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

再始動?

久々の更新。そう例年より日本滞在が長引き、グアテマラでも滞在査証更新手続きが予定より数日延びて、ようやくオモアに戻ってきた。
昨日はキリグアに一泊。朝食はこねずに作れるパンを手に入れるのがむずかしい特別なはちみつとともにいただいた。アンティグアですでにこのはちみつのうわさは聞いていたが、そのうわさ通りのうまさ。希少なものでいつでも購入できるものではないので、今度はちみつ売りがきたら買っておいてもらうことにした。
そしてパン焼き器を転がしながら幹線道路にでて、その後は乗り合いミニバスを乗り継いでホンジュラス国境に。荷物が多いので乗り継いだミニバスのうち1台では通常料金10ケツァルのところを荷物代としてさらに10ケツァルを要求された。財布には10ケツァル札は1枚しかなかったので、仕方がないと50ケツァル札を差し出すと、「細かい札はないのか」と聞かれたので「ない」と答えて渡すと、なぜかおつりとして40ケツァルが戻ってきた。きっと計算を間違えたのだとおもったが、あとで指摘されたら払えばいいかとそのまま黙っていたら最後まで要求されることはなかった。
国境では幸い荷物のチェックを受けることがなかった。見られて困るものはないが、むりやりまとめた荷物は一度荷をほどくとつめなおすのが面倒だとおもっていたので、なにごともなく通過できたのはラッキー。
そして国境から1時間ほどでオモアに。ようやく帰ってきたという思いはあるが、庭の雑草をみてちょっと気がめいる。さらに家に入ってみると、、、
大きな居間はどうやら地震による被害はまったく見当たらない。ただキッチン側では一部床が割れている部分がある。自分の寝室も同様。これらはここを購入した当時からのものなので、床がどのように張られていたかがわからない。相当大きなゆれだったとだれもがいうのだからこの程度のことは起こっても不思議じゃない。そのため玄関扉が若干ゆがんでしまったので、これはすぐにでも修繕が必要だ。
割れた床を埋め、玄関扉を直すのが最初の仕事といいたいところだが、実はそれよるも前にすることが、、、
地震によって部屋に仕舞いこんでおいた品々がどうしたらこんなふうになるのかというような状態でちらばってしまっている。相当こわれたものもあるかと思ったが、幸いなことに皿が数枚割れ、いくつかあるうちの1台の扇風機の脚が折れていただけ。扇風機の脚は以前壊れたものをまだとってあるので、これと取り替えればいいから被害という点では限りなくなかったに等しい。テレビが落ちてきて壊れたとか、壁が崩れたとかいう他の家の被害状況からすると我が家はずいぶん運がよいことになる。
ただし、それは壊れたものに関してで、目の前に広がる散乱した品々をどこから片付けたらよいのやら。これは庭の草刈り以上に気がめいり、しかもすぐにはじなければならない最優先課題だ。

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。