≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

重いケーブル

今朝、庭を一回りしてみたが卵はなし。当分はこの庭に鶏が卵を産むことはないだろう。
そして今日はここから300、400m離れた小学校脇にある土地にナノが電気を引く手伝いをした。現在土地を囲う壁はおおかたできあがり、出入り口には鉄パイプで作ったスライド式の扉をつけるのだが、溶接するためには電気が必要。この電気がまだこの土地には引かれていない。その隣やさらに奥にある家には電気はきているのだが、ここに電気をひくためには70~80mほど先の送電線からケーブルを引く必要がある。隣近所のものを延長するという方法も考えられるのだが、それらは古い電柱に張られていてしかもそれが緩んで手が届きそうな高さにあり危険。将来のことを考えるとしっかりと高い位置に線があったほうがいいということでナノの場合は許可をとってプライベートで線をひくようだ。
この土地は水道もまだないが、オモアの場合はメーターがなく月々決められた金額を支払えば使い放題。そのため水に関しては隣近所の水道を借りることもできる。そのため建築作業に必要な水のために水道を引く必要がないので、こちらの設置はもう少し先になるようだ。
とにかく今日はまる一日このケーブルの敷設作業。むき出しのアルミ線とナイロンで保護された線。これらが3本が束ねられたもの敷いていくのだが、これが重い。かなりの重量だ。電柱の間隔がそう長くなければ弛みも気にならないのだろうが、結構な間隔があるので弛まないようにするために思い切り引っ張らなければならない。電柱に登って設置する者が1名、地上で引っ張る側が3名それに時々通りがかりで助けれくれる者が1名加わったりしながらの作業だが、日が落ちてしばらくしてようやく作業終了。
アルミ線のを引っ張るため手は真っ黒。しかも日が落ちてからは近くの藪から蚊が集まってくるため引っ張り手の各自が気になって蚊を追い払うため力が分散してしまう。結局今日の時点で電気を開通させるまではできなかったが、とにかく大本となる線の配線はどうにか済んだので明日の午前中には電気を開通できるのではないかと思う。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。