FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

道のり(アンティグア~オモア)

早朝4時ステイ先をでたものの、グアテマラシティ行きのバスがまだあまり走っていないので、とぼとぼターミナル方面に歩きながらバスが来るのを待った。いつもならそう歩かなくても捕まるのに、今回はかなりターミナルが近づいたところでようやくバスが来た。乗客もまばらだった。
とにかくこのバスでグアテマラシティに出て、一度乗り換えれば、あとはオモアまで乗り換えはない。以前はこのあとさらに3回の乗り換えを必要としたから、その際の荷物の積み下ろしや接続の待ち時間など考えると大変な違いだ。このバスは早朝6時にグアテマラシティを出発する。
早朝で渋滞のないこの時間にアンティグアからでるバスなら1時間もかからずにグアテマラシティのターミナルに着けるはずなのだが、この時間帯はグアテマラシティのメルカードに野菜などを売りにいく人たちが利用し、途中荷の積み下ろしでかなりの時間がとられるので、結局は昼間とかわらず、所要時間は1時間半くらいになる。それで早朝4時過ぎにアンティグアを出なければならないのだが、この季節にもなると外はまだ真っ暗、そして肌寒い。オモアでは必要のない上着を着込んでアンティグアをでた。グアテマラシティに着くまでに外は白みだし、着いたころはずいぶん明るくなっている。
一日の仕事の準備をする人たちを眺めながら次のバスのターミナルまで5ブロックほど歩く。そして直行便のバスチケットを購入する。このグアテマラシティからカリブ海経由サンペドロスーラ(ホンジュラス)の国際バスルートは開設されて1年も経っていない。去年の今頃は乗り継いでオモアまで帰ったものだ。オモアまでの料金は米ドルに換算してUS$20.00。少々高めなのだが、乗り換えなく移動でき、乗り換えの待ち時間に雨に打たれることもないので許せる範囲だ。6時に出発し、10時少し前に今回アンティグアに来る前に立ち寄ったキリグアを通過する。
途中バスを運行する「Fuente del Norte社」のターミナル2箇所ほどで30分ずつ休憩時間がある。トイレはそのとき済ませるようにしている。ほかに途中で客の乗降や国境での手続きで多少時間をとられる。それでも国境には昼12時前後、オモアには午後1時には着く。国境からオモア間をローカルバスで移動すると途中2箇所幹線から離れた村に寄らなければならないため所要時間が2時間近くかかるが、こうして直行便だと1時間もかからない。道路工事も数日前にここを移動したときよりさらに進んでいて、今年中の完成はもう間違いないだろう。
国境線のところではオフィスの建設工事も進んでいた。グアテマラ、ホンジュラスともだが、今の掘っ立て小屋のようなオフィスから移るのもまもなくだ。完成すれば出入国手続きにかかる時間も短縮されるからさらに移動時間は短くなることは間違いなく、行き来する人も増えれば、もう一本くらい直行便のバスが走るようになるかと期待もしている。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 12:00 | comments(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。