≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

一大事

昨日の空き缶竹馬を増産しようとおもったのだが、空き缶が集まらない。簡単につぶれてしまう缶ならいくらでも見つかるのだが、竹馬になりそうなものがない。それで家にある建築であまった木切れから利用できそうなものを選んで作ることにした。まずはカンのように円筒形にすることからはじめたが、この作業は電動ジグソーのこぎりをつかったのでそう大変な作業ではなかった。それに円筒の上から横に穴を空けここに紐を通せるようにした。
さっそく向かいの家にもっていくと大喜びで遊びはじめたので、それじゃあこのやり方で増産をと思ったら、引き止められ頼まれごと。なんでも道を横切ったトラックに電話線がひっかかり切られてしまったとかで、直せるかという。みてみると確かに引っ張られてきれた状態。増産作業は中断し、はしごをもってきて直すことになった。難しい作業ではない。切れたケーブルの部分の長さを整えケーブル同士をあわせるだけなんだが、このケーブル2本の硬い銅線が通っているだけなので、切れたケーブルを繋ぎ合わせようとおもっても2本が上手くからまない。テープを巻く前に仮にあわせたときはうまく繋がったのに、テープを巻いたらケーブルが浮いてしまうのか切れてしまう。これではたとえ今上手く繋がるようにできてもあとでこまるだろうと、家に戻りハンダを用意して戻った。これで完璧。電柱から庭をまたぐケーブルの位置も少し高くしてまたトラックにひっかけられないようにした。
そのあと一大事が発覚。その作業が終わり、竹馬の増産作業に入っている最中ふと庭をみると2匹の豚。近所の豚でクリスマスには食べられてしまう運命の2匹だが、それが庭に先日植えたばかりの花の葉やオレンジの葉を食べている。ビックリして飛び出し、追い払った。致命的ではないが、けっこう食べられている。ここでは飼い馬や飼い牛、飼い豚が昼間綱もつけずに放し飼いされていることがままある。雑草ばかりだった頃は彼らが草を食べてくれてありがたかったのだが、今回のように植樹したオレンジの葉がたべられたのではたまったものではない。
クリスマスまではかれらはこのあたりをうろうろするのは間違いないので、なにか対策、というより庭に入れないようにするしかないかもしれない。あまり大げさな仕切りはつくりたくないのだが、せめて豚が乗り越えられないようなものをつくろうと思う。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。