≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

復活か

午前中はかろうじて降らなかったが、午後になってかなり強く雨が降った。それにしても今日もなにも働きもしないのに昼飯を隣りの家でご馳走になったのだが、実はその前に軽く昼食は済ませてしまっていた。朝庭仕事に没頭して食べなかったのと、最初の昼食のあとも少し庭で作業していたから食べられれたが、こんなことなら早くにいってほしかった。でなければ、もっと早くに昼食を用意してくれたら自分で作らなくてよかったのにと思った。
そして午後、船員学校で勉強しているエルサルバドル人が電話しにきて、かけている最中に激しく雨が降り出した。電話が終わっても雨足が強くて30分以上帰れずにいたが、少し弱まったところで意を決して宿泊先に戻っていった。
さらにそのあとに来たのがアメリカ人のアンソニー。今まで2、3回ここで電話をかけている。すぐ近所で宿をやっていて歩いてもちょっとのところだが、いつも車で来る。今日は雨だからなおさらだ。車だから雨も関係ないのだが、やっぱり電話が終わってちょっと話をしていると宿は息子のほかに従業員をやとってやっているようで、さらにこの親子は以前はロアタン島に住んでいてダイビングのインストラクターのライセンスをもっていることもわかった。今のところダイビングスクールをやってはいないが、機材はもっているというので、そのうち現在HP上で閉鎖中と表示しているオモアでのダイビングの案内を復活するかもしれない。
ところでこの二人宿の収入だけでやっているかというとそうでもない様子。それに今年になってオモアに住むホンジュラス人から彼のもっている山を買ったという。そのホンジュラス人は以前プエルトコルテスに向かう途中から山に入ったところにある温泉を案内してくれたビクトルのことで、ビクトルが彼らに売ったという山も以前連れて行ってもらったことがある。その時もしきりに山を売りたがっていたが興味がないので断った。
それでどうももの好きなアメリカ人だと思ったが、夜訪ねて来いといわれ、雨も降っているし電話の客ももう来ないだろうと暗くなってから訪ねてみると宿泊客もいる中なんだか砂が皿に盛られ、薬品もつかって作業をしている友達がいる。なるほどそういうことかと納得しアンソニーに尋ねると秘密なんだという。秘密ならこんなところで堂々と作業していちゃまずいだろうと思ったが、はたしてビクトルはこのことを知っていて山を売ったのだろうか。今度会ったら聞いてみたいところだが、それがもとでアンソニーともめてもなんだから見なかったことにしておこうと思う。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。