≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

準備

期待していた釣果だったが、今日は残念ながら持ち帰った魚はなし。午前中様子を見にいったときには調子よさそうで、サルディナの群れが何かに追われて飛び跳ねたりしていたので、それに合わせルアーを投げ込むと一発で型のより鯵が釣れた。これで今日の刺身は決まりと思ったら、エラに糸を通し昼まで泳がせておこうとした時サバロさんの手からすべり落ち海へ帰ってしまった。それを目の前で見せられ、もう献立も考えていただけに残念でならなかった。
そのあと帰りみち怪しいアメリカ人アンソニーのところに立ち寄り週末の夕食会の打ち合わせ。ずいぶん前から寿司が食べたいといっていたので、それなら今週末にしようということにしたからだ。ただはたしてこちらの人たちは生魚は食べないはずなので、アンソニーのところに泊まっている宿泊者や従業員からは食べるかどうか確認しておく必要があった。
夕食会の確認はすぐに済んだのだが、そのときPCをちょっと見てくれと頼まれてしまった。そしてチェック。マルチファンクション機能つきのUSBキーボードなんだが使えないという。調べるとドライバが標準のものしかインストールされていない。原因はすぐにわかったが付属のCDもなくサイトからダウンロードすることに。これが結構重くて時間がかかった。待つしかないがその間に食事などもだしてもらったりした。そして話のなかでダイビング講習の話にもなった。
どうやら本人たち、つまりアンソニーと息子のピーターはインストラクターはあまりやりたくないらしい。ただ長らく住んでいたロアタン島からインストラクターを呼ぶことは簡単なようだ。機材もある。でもテキストがないという。しかし日本語のテキストやコースを案内した英語とスペイン語のビデオはラスのもっていたものをコピーしてあるので問題はない。テスト問題と解答用紙も呼び寄せるインストラクターに頼めばいいだろう。これだけ用意できればすぐにでも始められるというので、案内できる料金表を作成してもらうよう頼んでおいた。そうなると残る問題は船。ライセンス取得くらいまでは問題ないが、これはというポイントで潜るには船が必要。船さえあれば、メキシコ、ベリース、グアテマラと続きこのオモアの沖にも連なるリーフにも簡単にいけるし、ベリースのよく知られたポイントもオモアからならそう遠くはないという。
まだ準備が必要で今すぐという訳にはいかないが、オモアでのダイビングスクールが近いうちに再開される可能性は高い。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。