≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_04.gif  | スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | TOP↑

≫ EDIT

鰹のあら煮

昨晩はサバロさんが釣ったカサゴ系統の魚を煮付けにして出して食事をしていたら、サバロさんが「実は鰹のあら煮が大好きなんだ」という。それなら「今度鰹を釣ったらあら煮にしましょう」ということで今日を向かえ、朝弁当を届けに桟橋にいくと、満面の笑顔での出迎え。そう昨日の今日で鰹を釣っていた。しかも今日のは本鰹。普段つりあげているひらそうだは日本ではほとんど市場に出回らず本鰹よりおいしいとはいうものの、やっぱり本鰹。これもオモアでは桟橋から釣れてしまう。本鰹まで桟橋から釣れるとなると、一昨日バラクーダのおかげで逃した魚は大きさからみると今回の本鰹よりずっと大きかったらしいからひょっとしてマグロである可能性もある。
昼前に一時的に激しく雨が降り、風もでてきたとうことで早めに引き上げてきたサバロさんの手には鯵と今朝見た本鰹のほかにもう一匹本鰹が。昼食の準備と平行して早速あら煮作りにかかった。昨日の煮付けの煮汁にさらに水と調味料を加え、今日はいつもより骨の周りに身が多目に残るようにおろしたあらを入れて弱火で似ること1時間。香りのいいあら煮ができあがったが、これは夕食用のなのでそのまま夕方まで寝かしておいた。
そして夕食は鰹の刺身、あら煮、鯵の塩焼きとサラダに潮汁というメニュー。「今日はずいぶん豪華ですね」といわれたが、それほど手間のかかるものは一つもなし。塩焼きだけが炭を扱うのでちょっと面倒といったところか。いずれにせよサバロさんは大喜び。リクエストだった鰹のあら煮は最後の最後まで上手そうに食べつくした。
スポンサーサイト

banner_04.gif  | 旅行 | 21:00 | comments(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。